« EBtはフレームワークだと考えよう | トップページ | このコマンドを処理するのに必要な記憶領域をサーバーで確保できません。 »

2009/03/05

私のEBtの使い方-仕事編-

私が、EBt を使ってどうやって仕事のデータを管理しているかを簡単に紹介します。

○基本的な考え方
・今日のメモをつくり、それをホームメモにする。(メモの名前は今日の日付がお薦め)
・今日やるべき事は、すべて今日のメモにリンクしている。
・今日のメモにリンクしているメモを見るだけで、今日やるべき事がわかる。

○どうやって実現しているか?
・毎朝、昨日のメモのコピーとして、今日のメモを作る。すると、昨日のメモのリンクをすべて引き継いだ今日のメモが出来上がる。で、このメモをホームメモにする。
・続いてリンクを確認する。既に終わっている仕事があったら、いつ終わったか、どういうことをしたか、等々、必要なことを記入して今日のメモからリンクを外す。昨日のメモとのリンクも邪魔だから消してしまう。他にも、既に終わったり必要のなくなったリンクはどんどん消す。

基本、これだけです。今日のメモを見れば、今日やるべき事がわかる。そうしています。

で、これだけだとメモが混乱するので、もうちょっと整えます。

○仕事ごとのメモを作ろう
・ルートメモ直下に「仕事」というメモを作ります。ついでにこのメモはブックマークにも登録。
・私の場合は、仕事の下に、プロジェクト名のメモを作っています。簡単に言えば、「仕事A」「仕事B」とかそんな感じ。
・現在進行中のプロジェクトのメモを、今日のメモにリンクします。つまり、現在進行中のプロジェクトがすべて今日のメモにリンクしているので、どれだけプロジェクトが並行していても大丈夫です。

★プロジェクト名のメモは、今日のメモから見たときに一目でわかるように「PJT」みたいなラベルをつけておくことをお薦めします。

○ToDo も管理しよう。
・プロジェクト名メモの下に、「ToDo」というメモを作りましょう。
・ToDo項目が発生したら、このメモの下に「日付:ToDo内容」のメモを作ります。
・作成した ToDo メモは、今日のメモにリンクします。つまり、今日のメモを見れば、「ToDo項目」がすべてわかります。
・終わったToDoは、終わった瞬間に消すのではなく、翌日の朝に消します。但し、ToDoメモとのリンクは外しません。こうすることで、「そのプロジェクト内で発生した作業」のすべてが「ToDo」を見ればわかる。で、ToDo項目のメモのリンクを見れば、そのToDo項目が、いつ発生して、いつ完了したかがわかる。

★ToDo項目メモも、今日のメモから一目でわかるように「TODO」みたいなラベルをつけておくことをお薦めします。
★ToDo項目は、メモの名前に優先度/日付とか書いておくと、その順番で sort されるので便利です。
★そのうちに、やらなくても良くなった ToDo が出来ることがありますが、そうなった瞬間にそのToDo項目は終了したと考えるとToDoがあふれなくて良いかと思います。

なお、未着手のToDo項目が100とかある人は、このやり方だと大変なので、新しいやり方を自分で考えないといけないと思います。(というか、ToDoが山ほどあるという状況を変えるのが先決のような気がします)

○予定も管理しよう
・予定メモを作り、更にその下に「2009/02 やること一覧」みたいなメモを作りましょう。予定メモもブックマークにリンク。
・メモ名は、「<やる日/やる時間>:<やる項目>」みたいにしましょう。例えば、「2009/03/05:○○プロジェクト会議参加」とか。
・予定メモを消費したら、「予定メモ」と「やること一覧メモ」のリンクを外し、代わりに「今日のメモ」にリンクしましょう。今日のメモを見れば、その日にやったことも一目でわかるようになります。

これで、予定も管理できます。ToDo と予定はほとんど同じなのですが、この辺は使い分けです。自分にあった分類をしていきましょう。

- - - - -

というわけで、前に書いた記事の言い方で言えば、私のこの使い方が、「私が作った仕事用のEBtのアプリケーション」です。EBt のアプリケーションは、使い方そのものなので、改変も自由です。

こんな感じで、自分にとって使いやすい EBt のアプリケーションを作っていきましょう。EBt を使うのではなく、EBt を使って「何かをする」ことを主題として考えると、多分良いと思いますよ。

|

« EBtはフレームワークだと考えよう | トップページ | このコマンドを処理するのに必要な記憶領域をサーバーで確保できません。 »

コメント

こんにちは。

ザウルス(SL-C760)を使っていた頃からEBtを使わさせていただいていました。その後、windows mobileを使い始めてから他のメモソフトに乗り換えたんですけど、ここに来てまたまたEBtに戻ってきました。Vaio type Pの主な使い道は EBt for Windows でいろんなメモをとることです。
日付のメモで見ると、2004年から使っていることになります。ブログ主さんのように使いこなすまでには到底及びませんが、それでもリンクを張りながらやっていくと不思議にすっきりとまとまっていく感じがします。メモの数も結構たまってきました。

勝手にダウンロードして使居続けていて、一度お礼を言いたかったので・・・・
どうぞこれからもコツコツで結構ですので、よろしくお願いします。
すばらしいソフトをありがとうございます。

投稿: kyonkyon | 2009/03/07 18:53

最近開発が止まってますけど、また気合いがたまったら開発再開します。Zaurusと同じぐらいの機能がそろうのにはまだだいぶかかりそうですが、気が向きましたらおつきあい下さいませ。

投稿: おかだ | 2009/03/07 23:46

最近EBtWinの存在を知り、その面白さに引かれて使い始めた者です。

一つ質問させてください。
現在のWin版は、リンクを切ることは出来ないのでしょうか?
あれこれ切る動作を試してみたのですが、切れなくって。まだ未実装の機能なのかな、と。

#indexファイルを直接いじれば、切る事はできそうだけど(^^;;

投稿: gun | 2009/03/30 18:30

ツリーにフォーカスを合わせて、親とのリンクを外したいメモを選択して DEL キーを押しましょう。

親とのリンクが削除されてツリーからメモが消えます。

うーん、やはりマニュアルがないと辛いかな?

一応、昔書いたマニュアルはここ。だいぶ機能が追加されているので陳腐化著しい。

http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/2008/09/ebtwin-20080825.html

マニュアルぐらい書けよな、自分。(いや、書きたいんだけど気合いが…)

投稿: おかだ | 2009/03/30 21:44

有り難う御座います。
DELキーは聞くと納得ですが、なぜか思いつけなかったです(汗)

ファイル構造はシンプルなようなので。
meadowやxxyzyなどのエディタからのマクロ登録や。
FireFoxのアドインから、Webクリップしたものを登録とか。

そんなことが出来そうですが。
もしかしてすでに誰かやっているのかな。

Ebtは面白いオモチャのようなアプリ(褒め言葉)なので、何か支援ツールが作れないかと思ってます。

投稿: gun | 2009/03/31 10:28

EBtに対する私の基本スタンスは、来るものは拒まず、去る者は追わず。

関連ツール作成でも、iPhoneに移植でも、好きにやって構いませんよ。Windows 版の EBt が10種類ぐらいあっても全然問題なし。

ま、そんな感じなので、どんどん好きにやって下さいませ。

投稿: おかだ | 2009/04/01 00:00

まねして数ヶ月使ってみました。

仕事に使うと定型作業とかあるので、マクロ機能とかあったら面白いですね。

投稿: JJ | 2009/07/07 19:02

マクロはきついっす。

難しいと言うよりも、ひたすらに手間がかかるのですよ。時間が有り余っていたら作らんでも無いのですが。

投稿: おかだ | 2009/07/07 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44254129

この記事へのトラックバック一覧です: 私のEBtの使い方-仕事編-:

« EBtはフレームワークだと考えよう | トップページ | このコマンドを処理するのに必要な記憶領域をサーバーで確保できません。 »