« VAIO type P用オリジナルバッグが発売になったなぁ | トップページ | やじうまWatchで紹介された記事を見て Apple らしさを感じる »

2009/03/09

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1巻読んだ

うーん、主人公の妹の桐乃みたいな全部(?)そろっている人間なんかいないだろうなぁ。そういう点では、明らかに小説だなーって感じがする。まぁ、世の中に、探せば文武両道の人間だっているだろうから、オタクな趣味を持つ垢抜けた女子中学生というのもいるのかもしれない。

心当たりはないけど。

しかし、オタクに対する風当たりの強さを逆手にとった小説だな、これ。確かに、オタクの肩身は狭い。というか、オタクというだけで差別される。だからだろうなぁ、この小説が意外と受けたのって。オタクの端くれとしては、オタクというだけで肩身が狭いというのはよーくわかるし。

まぁ、この小説読んでいる時点でオタクなのは8割方確定なのだが。

ま、一つ思うこととして。

妹が腐女子でなくてよかったね。腐女子だったら、ものすごいストーリー展開になったと思うし。

それはそれで読んでみたいけど。

※ラノベは「アニメ・コミック」でも「書籍・雑誌」にも入れにくいので、「ライトノベル」という新しいカテゴリーを作りました。

|

« VAIO type P用オリジナルバッグが発売になったなぁ | トップページ | やじうまWatchで紹介された記事を見て Apple らしさを感じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44295173

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1巻読んだ:

« VAIO type P用オリジナルバッグが発売になったなぁ | トップページ | やじうまWatchで紹介された記事を見て Apple らしさを感じる »