« かのこんを見た | トップページ | 今年はF1を走る琢磨の姿は見られないらしい »

2009/02/07

VAIO type P 本格使用初日

というわけで、昨日の夜は半分徹夜して環境のセットアップに明け暮れ、今日から本格的に使い始めました、VAIO type P。

処理速度優先で使えばそこそこ動画とかも大丈夫。VLC Media Player 使って試した感じだと、800x450サイズのmpeg4のデータの再生がぎりぎり何とかできたかなって感じ。それよりも小さい解像度の動画だったらたぶん何とかなると思う。PowerDVD 入れれば動画再生支援使えるらしいのだが、体験版からコーデック抜いてくるのは何となくモラル的にいかんような気がするし、かといって買うと高いので試していません。

で、問題は省電力モード。バッテリーは保ちます。Lバッテリーを使っているのですが、無線LANとBluetoothマウスを使ってネットうろうろしたりメモ書いたりmail読み書きするぐらいだったら余裕で半日ぐらい持ちます。しかも、いたわり充電(80%で充電ストップ)で。のこり60%で3.5時間使えるとか言っているので、こういう使い方だとバッテリー10%で35分ぐらいか。いたわり充電だとバッテリー80%から5%まで使うことになるので、ざっくり4.5時間ぐらい。途中で使わない時間にスリープとか多用すればもっと持つだろう。ま、申し分ないかな。

長時間外をうろつくときは、予備バッテリーを持って行くか、ACアダプタ持って行けば全然問題ない感じ。ACアダプタも意外と小さく、持ち運ぶのは全然問題なさそう。Lバッテリー2個持ち歩けば、無線LANつけっぱなしでも都合9時間使えるという計算。十分でしょ。

まぁ、この小さいボディで移動中に動画を楽しもうと企んでいる人は、ちょっと考えた方がいいかもしれないけど。これは、あくまでもモバイル用途で文章入力とか、mailとか、Webサイトうろつくとか、それぐらいしかできないと考えておいた方がいいだろう。文章入力ではポメラにはかなわないけど、そのかわりこっちはフルセットのPCだ。私はJUST Suite入れているんだけど、表計算とか、ワープロとか、PCと同じ環境が動くというのはそれだけで価値がある。たとえ遅くても。

欲しい人はもうすでに注文するなり手に入れていると思うが、これから買おうと思っている人は参考にしてください。

長時間使いたい場合は、スピードを度外視すること。
動画再生したい場合は、バッテリー切れを覚悟すること。

ま、割り切ればいいPCですよ。それは間違いない。この文章も type P で書いているんだけど、ポメラみたいに一度に変換できる文字数が少なくてストレスがたまることもないし(なにせATOKが動くからね)、画面は広いから、EBtのウィンドウいくつか並べて作業とかも平気でできる。しかも、SSDにすれば、作業の区切りがついたところで、液晶閉じていきなり持ち運んでもOK。ポメラの身軽さには勝てないが、この身軽さもなかなか捨てたもんじゃないですよ。

ただ…

電車の中で立って使うとかそういうことはできないですね。まぁ、このキーボード積んでいるからしょうがないのですが。せっかく画面回転機能があるので、縦画面表示にしてメール確認を電車でできたらラッキーとか思っていたのですが、それはちょっと無理。座れればカバンから出して使うのも不自然じゃないんですけどね。

あ、一つだけ要望。
画面回転させたら、ポインタの方向も合わせて回転させてください。縦画面で使っているときにポインタの移動が画面と90度ずれるのはかなりつらいです。今後のアップデートで直ったらうれしいのですが。

なにはともあれ。

使いでのあるPCであることは間違いありません。出先での文章入力とか、資料作成とか、そういうことやる人にはぴったりのパソコンだと思いますよ。私は気に入りました。

また明日もレビュー書きたいと思います。


|

« かのこんを見た | トップページ | 今年はF1を走る琢磨の姿は見られないらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/43986752

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type P 本格使用初日:

« かのこんを見た | トップページ | 今年はF1を走る琢磨の姿は見られないらしい »