« ROWAのバッテリーはやっぱりいまいち | トップページ | 仕事なんか嫌いだ »

2008/12/08

漠然としたお話

前置き。今日もポメラでこの記事の下書きを書いています。何というか、PCを使う上でどうにも埋まらなかった隙間を埋めてくれるので、非常に助かっています。PCとポメラ、どっちを使うというわけではなく、ケースバイケースで使いやすい方を使うというのが、今のところの私のスタイル。PCが起動しているときはPCつかうけど、そうじゃないときはポメラの方が便利だな。

それはともかく。

今回はちょっと抽象的な話。

自分のやりたいこと、それについて考えることがある。たとえば、EBtなんかは、自分のやりたかったことを具現化したものだ。でも、やりたいことはそれだけじゃない。他にもやりたいことはいっぱいある。たとえば、EBtを作った理由は、自分の頭の中を整理したいから。自分の中では目標を達成するために必要だから作ったわけで、EBtを作ることは本当は自分のやりたいことではない。

では、自分が本当にやりたいことは何だ?多分、自分の中にある、いろいろなアイデアを何とかして形に残すことだと思う。自分の頭の中にあるアイデアを、少しでも何らかの形で外に吐き出したい。多分、それがやりたいこと。

なんで自分の中から吐き出したいのか?それは多分、もう、自分の頭の中にあるアイデアが、自分の手では実現不可能なのがわかってきたからだと思う。普通に生きていれば仕事をしないといけない。いろいろなしがらみもある。自分が自由に使える時間なんてものは、そんなに多くない。で、少ない時間と格闘しているうちに、多分、砂時計の砂はすべて下に落ちてしまうだろう。それで終わり。アイデアも夢も全部終わり。時間は長いようで短い。

ここで論理の飛躍があるのだが、だからこそ、EBtを早いところネットワークアプリケーションに昇華させて、知識やアイデアを、個人の頭の中から解放したい。自分だけではなく、世の中に散らばっているアイデアなどの知を、何とかして集めてまとめていきたい。

もちろん、この世の中には、すでにウィキペディアというものがある。ウィキペディアは知の集合体だ。でも、あれは私の思い描いている知識の表現手段ではない。知識はもっと乱雑で、それでいてつながっていて、そしてなにより、自由だ。知は個人に属するものであり、それは誰にも制限することはできない。自由なように見えて管理されているウィキペディアは、自由な知識の表現手段にはならない。そう思う。

自由な知識の表現手段、それがEBtの目指す最終的な目的地だと思う。そして、それができあがったら、私は自分の残りの時間をかけて、本来の目的である、自分では実現できなかったアイデアなどを形として残すということをやりたい。私が明日死ぬのか100年先に死ぬのか、そんなことはわからない。だが、100年先まで生きたとしても、自分がやりたいことは、きっとできない。昔は漠然とそう思っていたが、今はそれを確信している。

世の中には、知があふれている。だが、多くの知は、ほとんど知られることもなく、生まれ、そして消えていく。

同じことを考えている人がいるから考えるのをやめるとか考えてはいけない。同じことを考えている人がいるのであれば、その人の知と自分の知を関連づければいい。もしかしたら、その知に至る過程が違うかもしれない。バックボーンが違えば、同じ知であっても違う意味を持つかもしれない。

消えていく知。それはあまりにも惜しい。だから、形として残したい。

たったそれだけのことなのに、そのための手段がない。悲しいことだ。

何とかしたい。それが多分、私がEBtを作っている原動力。ただ、目標は遠く、手が届かないように見える。私の力だけでは足りないかもしれない。所詮、個人ができることは限られている。

これも果たせぬ夢になるのだろうか。

|

« ROWAのバッテリーはやっぱりいまいち | トップページ | 仕事なんか嫌いだ »

コメント

時間に関しては、絶望的なものを感じてしまいますよね。
わたしも分野は違えど同じことを思います。
それでも、EBtで、必死に頭の中から掻き出し(書き出し)てますが。

投稿: corrupt_4 | 2008/12/09 19:33

永遠の命が欲しいとは思いませんが、限りある生きている時間を有効に使いたいですよね。

投稿: おかだ | 2008/12/09 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/43362705

この記事へのトラックバック一覧です: 漠然としたお話:

« ROWAのバッテリーはやっぱりいまいち | トップページ | 仕事なんか嫌いだ »