« 今日のポメラ | トップページ | 太秦映画村にはもうちょっと新しい方向を開拓していただきたい »

2008/11/15

今日のポメラ

ポメラの利点は何だろうかと考えてみた。たとえば、パソコン。これを使うときは、必ず文書のウィンドウを開かないといけない。更に言えば、文書のウィンドウをあけるために、フォルダを辿らなければならない。いきなりメモ帳をあければいいのだが、作業を中断しようとするときは必ずファイルに保存しないといけない。

ファイルなんてもの、書いてから決めればいい。ま、EBtだとファイルそのものが隠れているから好きに出来ますが、それと同じ感覚がポメラを使っているとあるのですよ。

作業中に電源切れるんですよね、ポメラは。で、次に電源を入れたら即使える。その間で、ファイルを決めるというめんどくさい作業をしなくていい。本当にファイルに保存する瞬間まで先延ばしすることが出来る。

じつは、これがとてもいい。

ま、運用によってはファイルを固定してそれを使い続けるというのもありだ。でも、そんな工夫をそもそもしなくてもいい。これは利点だと思う。

カーソル位置が先頭に戻っちゃうあたりはいまいちですけど。これは仕方がないと思ってあきらめるしかないかな。

なんと言うかな、パソコンにありがちな、文章を書くための儀式がいらないというのが利点なんですよ、たぶん。電源を入れたら、問答無用で編集モード。単機能だからこそ出来る技。これは、魅力だと思うんだけどな。

あと、素朴に便利なのが、PCと違って、いつでもどこでも使えると言うこと。あと、入力がしやすいこと。PCは入力単体で考えると確かに便利。しかし、入力開始まで時間がかかる。正直、鬱陶しい。Zaurusは、電源Onはほぼ一瞬だ。だがしかし、小さいキーボードでの文章入力は骨が折れる。手軽に文章書き殴るには、最適なんですよね、ポメラは。

ただし、どういう使い方においても、ポメラ単体で完結することがないと言うのが弱点と言えば弱点。必ず、ほかのシステムにデータを取り込まないといけない。でも、これは言い出すと切りがない世界なので、あえて切り捨てたキングジムはすごいと思う。下手にファイラをつけたりしたら、芋蔓式に機能を増やさないといけなくなるからね。

EBtも、シンプルイズベストでいきたかったのにいつの間にか機能てんこ盛りに。ポメラを見習わないとな。

|

« 今日のポメラ | トップページ | 太秦映画村にはもうちょっと新しい方向を開拓していただきたい »

コメント

こんにちは。ちょこちょことポメラ使用記を拝見させていただいています。
 
ポメラのいいところに直接リンクしないかもしれませんが、ザウルスでメモろうと思ったらいきなり再起動。
あと1分…なんて表示されても今すぐメモを取りたい自分としては…いくらEBt liteで気楽にメモができると思っても、プラットフォームが不安定だと。。
こういった安定面はどうなのでしょう?
※たまたま昨晩こんな事件があったので(苦笑)
※昔のザウルスの自由帳がとても好きでした。。。

投稿: ずずぴぃ | 2008/11/15 12:48

今のところまだ再起動になったことはないですね。最初に電池を入れて起動するときが、ある意味再起動と同じなんだろうと思いますが、それも数秒だったような気がします。1分とかそんな時間はかかっていなかったはず。

一応リセットスイッチはついていますが、使うときあるのかな…

Zaurus は、定期的に再起動しないといけなかったのですが、今のところポメラは大丈夫ですね。将来的にも大丈夫かどうかはわかりませんが…

投稿: おかだ | 2008/11/15 13:37

がんばってください!

投稿: こんにちは | 2008/12/10 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/43119854

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のポメラ:

« 今日のポメラ | トップページ | 太秦映画村にはもうちょっと新しい方向を開拓していただきたい »