« 金に困っている人のいじめ方 | トップページ | ポメラの熱は冷めてきたかな »

2008/11/23

CENTURY の USB モニターを買った。

CENTURYの4.3インチUSB サブモニター PLUS ONE(LCD-4300U) を買った。とりあえず、作業しながら動画を見る用として買った訳だが。

残念なことがいくつか。

QuickTime で全画面モードにすると、CENTURY のサブモニターに出したくても、メインモニターに出てしまう。多分、1番のモニターに出る仕様なんだろうし、動画見ながらの作業も出来るから問題ないんだけど、何となく残念。

2008.11.24 追記
設定をいじればサブモニターに全画面で表示できました。わかりにくい…

あと、マルチモニタというよりはATOKの問題点なんだろうが、ATOKの選択候補が、何故かメインモニターに表示されてしまう。ま、結局マルチモニタ環境というのは、まだまだこれからなんだろう。ATOK2007での問題なので、もしかしたら、ATOK2008では直っているかもしれない。ま、この辺は気になるといえば気になるのだが、些細な問題なので、まあいいとしよう。

色々問題はあるが、なんにせよ、マルチモニタ環境は便利だ。いままで、全画面を占拠する処理をしていたらそのPCでの作業は中断するしかなかったのだが、これだったら中断せずに作業を続けることが出来る。

ま、一応余っているXGAモニターも無い訳じゃないんですけどね。でかいので、今使っているモニターと併用するのは辛いのですよ。ま、ニッチな商品だとは思いますが、画面の狭さで困っているなら、きっと便利に使えますよ、これ。

|

« 金に困っている人のいじめ方 | トップページ | ポメラの熱は冷めてきたかな »

コメント

はじめまして。
マルチモニター環境でATOK 2007を使ったことがありますが、おっしゃるような症状はありませんでした。USBでなくミニD-Sub15による接続だからかもしれませんが。

ATOK 2008 for Windowsは無償試用版がありますので直っているかの確認はできます。
http://www.justsystems.com/jp/products/atok/download.html
30日間試せて、そのあとは製品版にするか、月300円から使える定額版にするか、それとも導入を取りやめるか決められます。

もっとも、そろそろATOKの2009年版発表があってもいい時期だったりします。

ここ数年、ATOKのパッケージ版とダウンロード版は毎年バージョンアップしています。
年内に次期製品の発表があり、翌年2月上旬に発売されてきました。
このペースなら2008年内にATOK 2009発表、2009年2月上旬発売と予想できます。

新バージョンのATOKが発売された場合、定額版は契約期間内なら無償でJUSTオンラインアップデート利用の更新が可能だそうです。
(提供時期は未定)
http://www.justsystems.com/jp/products/atok_teigaku/feature1.html

投稿: まあく | 2008/11/24 10:00

もしかしたらディスプレイドライバの問題かもしれませんね。

とりあえず、JustSuite 2009が出たら買おうかなーと思っています。(ただいま JustSuite2007使用中)

ATOK だけに妥協するかもしれませんが ^^;

投稿: おかだ | 2008/11/24 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/43203352

この記事へのトラックバック一覧です: CENTURY の USB モニターを買った。:

« 金に困っている人のいじめ方 | トップページ | ポメラの熱は冷めてきたかな »