« とりあえずEBtWinで新しく実装する機能案 | トップページ | 大須大道町人祭'08 »

2008/10/10

富士スピードウェイの馬鹿さ加減

ま、F1開催記念というわけで、これを書いています。

いろいろ記事はあるけど、代表的な記事としてこれを選びました。

「どなたが失禁を?」F1日本GP訴訟 第二回口頭弁論傍聴記

この記事についてとやかく言う気はない。問題は富士スピードウェイは、客にクレームをつけられたら徹底的に争いますという姿勢を示したことだ。

さて。これをディズニーランドと置き換えて考えてみよう。

ディズニーランドに来たお客さんが、交通トラブルで帰れなかった。あるいは、帰るのに時間がかかってしまったとする。ディズニーランドはどうするか?考えてみよう。

帰れないお客さんのために、とりあえずできることをするよね?クレーム対応とか、情報を伝えるとか、いろいろやることをやるはずだ。で、ディズニーランドは、たぶん、お客さんが不快に感じないよう、全力をかけるよね?

一方、富士スピードウェイ。

帰れないお客さんを放置。で、クレームをつけられたら、裁判で争うというわけだ。

もし、ディズニーランドがこういうことをやったらどうなる?二度と行かないよね?

富士スピードウェイはそういうことをやっているわけだ。サービス業としては、馬鹿としか言いようがない。

たとえば、ミシュランタイヤが原因でF1のアメリカグランプリがたった6台だけのレースになったことがある。このとき、ミシュランタイヤはどうしたか?クレームをつけられる前に「その年にF1見に行った人に、来年のチケットを無料配布」ということをやったよね。

簡単な話なんだけど、それぐらいのお金を払ってでも企業イメージを守らないといけない。イメージが悪くなったとき、それを取り戻すことがどれぐらい大変かわかっているんだよね。ディズニーランドにせよ、ミシュランにせよ。

で、富士スピードウェイは、文句を言ってきたお客さんに対して、「俺は悪くない」と言って争っているわけですよ。

この訴訟で勝つことで、富士スピードウェイはどんな得をするんでしょうね。

個人的には、訴訟で勝っても負けても、富士スピードウェイのイメージは悪くなりますよ。間違いない。口頭弁論で、富士スピードウェイの徹底抗戦の姿勢を出させただけでも、今回の訴訟は成功なんですよ。富士スピードウェイは「お客さんの方向を向いていないんですよ」ということを示せた。もう、訴訟に勝とうが負けようが、富士スピードウェイの本性を暴くことができたんだから、提訴した側の目的はほとんど達成できたようなもんなんです。

企業イメージというのは大事なんですよね。たとえば、同じ製品を二つ並べたら、ブランドイメージがいい方を買うでしょ?そういうこと。

F1という特別な付加価値があるからこそ、まだ何とかなっているわけですよ。日本で2回、富士と鈴鹿でF1をやるとします。あなたならどちらに行きますか?

富士スピードウェイが馬鹿なのは、こういうサービス業なら簡単にわかる理論がわからないこと。

もっと簡単な話をしよう。

レストランに行って料理がくるのが遅いとクレームをつけたら、「うちの店では料理が早く出ることは保証していない。文句があるなら裁判で決着をつけよう」と言われたとする。

そういう店に、あなたは行きたいですか?たとえ、三つ星レストランでも行きたくないですよね。

私ですか?もう二度と行きませんよ。当然でしょ?

|

« とりあえずEBtWinで新しく実装する機能案 | トップページ | 大須大道町人祭'08 »

コメント

駅から歩いて20分!
小田急渋沢駅にある無料バスの停留所は遠いよ

投稿: | 2008/10/10 21:48

ご苦労様です。(それ以外に言いようがない)

私は、F1見ないで、大須大道町人祭を見に行きます。

投稿: おかだ | 2008/10/10 22:04

30数年前の大事故覚えてるか?ハセガワ

投稿: 尚 | 2008/10/10 23:35

ハセガワ?

投稿: おかだ | 2008/10/11 00:33

今年の富士に来なかった奴は負け組

投稿: | 2008/10/12 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/42746356

この記事へのトラックバック一覧です: 富士スピードウェイの馬鹿さ加減:

« とりあえずEBtWinで新しく実装する機能案 | トップページ | 大須大道町人祭'08 »