« 今日の鈴鹿100kmは大雨で中止 | トップページ | HP 2133 Mini-Note PC が日本語キーボードに »

2008/08/24

SuperGT 鈴鹿1000km 行ってきました

耐久の夏。鈴鹿の夏。

鈴鹿サーキットの夏の名物といえば、バイクの国内耐久の最高峰鈴鹿8耐と、SuperGT の夏の大一番鈴鹿1000kmだと思う。いや、私が勝手に言っているだけなんですけどね。

んで、その鈴鹿1000kmに行ってきました。なにせ、普通のSuperGTのレースと違い、鈴鹿1000kmは獲得できるポイントが倍。各チーム気合いが入ります。だがしかし、昨日の大雨でほとんど走行できず(スーパーラップも中止になったからね)、半ばぶっつけ本番のレースとなった今日の鈴鹿1000km。こうなると、素性の良いマシンが速くなる…と思う。

で、今年のGT500、素性が良いマシンといえば日産 GT-R。帰ってきたGT-R。やっぱり速い。トップ6の中に4台もGT-Rがいるというぐらいに速い。優勝ももちろんGT-R。速すぎるGT-Rを遅くするためにシーズン半ばでハンデがきつくなったのですが、そんなもの無視して絶好調に速いです。

意外とがんばっていたのがNSX。これもGT-Rと真っ向勝負するとちょっと不利だけどがんばっていた。やっぱり、NSXも去年のチャンピオンマシン。侮れない。

で、私がアンチトヨタということを抜きにしても、やっぱりぱっとしないのがSC430。ま、もとよりトヨタの車は直線で速いがコーナーで遅いので、鈴鹿は苦手。だから、セットアップする時間がろくになかった今回、車の特徴がもろに出て、一番駄目でした。ま、駄目といってもトップ6に1台入っているので、全く駄目というわけではないけど。なんだろうね、あの会社は。トヨタがSC430をどういう方向に持っていこうとしているのかが全くわからん。富士で速けりゃそれでいいんか?

あと、GT500の車をじっくり見た感想。去年、GT500に出ている車で、空力の攻め具合が一番目立たなかったのがZ。NSXとSC430はそれに比べてかなりえげつなく攻めているように見えた。で、今年。GT-R は、見た目でわかるぐらいに空力面も攻めている。これで、空力的には、HONDA, NISSAN, TOYOTA がようやく横並びになったのではないかと思う。(ま、個々の善し悪しは別として)

GT300は、優勝が Z とこれまた NISSAN 大活躍。個人的には、インプレッサがんばれ!だったんだけど、今ひとつ調子が出ませんでした。エンジンの音もなんかおかしかったしね。去年の覇者紫電は駄目だったなぁ。一時はクラストップを走っていたのに。

余談。

今回予選不通過で決勝に出られなかったマシンで、初音ミクの痛車がいたそうです。ピエール北川さんが「いたしゃ」と言っていたので、てっきり「FIATとかの車持ってきたのかな」とか思ったのですが、イタ車(イタリア車)ではなく痛車でした。ま、基本的にはスポンサーが付けば、痛車であろうとなんであろうと全然構わないのですが、一般の人には抵抗があるみたいですね。

などなど。

ま、今回も満喫してきました。ポッカブースでレース終了後にやる備後大会で、Tシャツと帽子もゲットできたし。終わりよければすべてよしという今回の鈴鹿1000kmでした。

|

« 今日の鈴鹿100kmは大雨で中止 | トップページ | HP 2133 Mini-Note PC が日本語キーボードに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/42263296

この記事へのトラックバック一覧です: SuperGT 鈴鹿1000km 行ってきました:

« 今日の鈴鹿100kmは大雨で中止 | トップページ | HP 2133 Mini-Note PC が日本語キーボードに »