« 今日はお休み | トップページ | いつの間にか »

2008/07/29

EBt を Todo として使う

たまには使い方を書かないとね。というわけで、今回は EBt を Todo として使う方法を簡単に書きます。が、これはあくまでも一例。他にも色々やり方はありますので、まねるなり、改良するなり、皆さんのやりやすいように使って下さい。

●用意するもの
 Todo をリンクするメモ(仮にメモのタイトル名をTodoとしておこう)
 毎日のメモ(日記的なもの)

●基本的な使い方
 まず、Todo メモを、ブックマークに登録(リンク)しておきます。こうすれば、Todo に簡単に飛べる。
 (ブックマークメモで、Todo のラベルに "0" とか設定しておくとなお便利だが、これはお好みに任せます)

 で、Todo 項目が発生したら、Todo メモに飛んで、次のメモを作成します。
 タイトル:<発生した日付> <Todo 内容の概略>
 内容:<Todo内容の詳細>

 作ったら、Todo メモに戻って、Todoの優先順位に従いラベルをつけます。
 私は、最優先の項目には "0" のラベルを、優先度が下がるに従い数値を増やし、重要でないものには"9"のラベルをつけています。何故ラベルをつけるか?それは、ラベルをつければその順番で sort されるからです。
 ここでミソなのは、メモのタイトルに重要度をつけないこと。なぜならば、メモの重要度は、あくまでもTodoメモから見た情報でしかなく、他のメモから見たら、意味不明の数字でしかないからです。だから、重要度はラベルでつけます。

 んで、Todo を実行したら、その日のメモ(私の場合、これがホームメモになっています)にリンクを張り、Todoメモとのリンクを外します。なお、「終わったTodo」というメモは作っていません。何故?それは収拾が付かなくなるから。その日のメモに、その日に実行したTodoがリンクしていれば十分でしょ?という判断です。

- - - - - - -

基本、これだけです。で、毎日、暇を見つけては Todo を眺めて、あぁ、アレをやらなくちゃ、とか、頭の中をリフレッシュさせます。コツは、やらなきゃと思いついたところで、とにかくTodoの項目を作っていくこと。こういうのは、別にEBtに限った話ではないですが、構えてやったってうまくいきません。Todoに記入する前に「これをTodoに書くべきか?」と悩んではいけません。悩むぐらいだったら、優先度"9"ぐらいでTodoに書けばいいのです。で、半年ぐらいたってもTodoから消えていなかったら、それは「やらなくても問題ないTodo」なので、そのとき消せばいいのです。悩んじゃ駄目。

というわけで、今日は Todo のワンポイントの紹介でした。

|

« 今日はお休み | トップページ | いつの間にか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/42006186

この記事へのトラックバック一覧です: EBt を Todo として使う:

« 今日はお休み | トップページ | いつの間にか »