« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

今日は調子が乗らなかった

ま、気合いが入らない日というのがあるよな、うん。

C#のプログラムを書こうとしてパソコンに向かったのだが、なーんにもする気にならなかった。うーん、ちょっと疲れが溜まってたからかなぁ。結局、パソコンの電源をすぐに落として、ほとんど寝ていた。

※ただだらしないだけという気もしないでもない

こんな調子だから、Windows版EBtはだいぶ先の話になりそうです。とっとと作りたいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt lite 0.5.0-3 を公開しました

EBt lite 0.5.0-3 を公開しました。

Version 0.5.0-3(2008/05/31)での修正内容は次の通りです。


  • ファイル読み込み(べた)で文字化けする不具合を修正しました。改行コードが2バイトのものを読み込むとき、文字化けが発生するケースがありました。

0.5.0-2 で直したバグが、別の所にも潜んでいました。ファイル読み込みはこれで一応全部2バイト改行が入っても大丈夫なようになったと思います。…自信ないけど。

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.5.0-3_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.5.0-3_arm.ipk

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/30

ま、いつも仕事では無茶言われるけど

来月(というか来週だな)から新入社員の教育という仕事が増えるのだが、直前の今日になって言われた。

××部の新人も○○日から教えることになっているからよろしく。

…まて。聞いてないぞそんなこと。ま、いいけど。いつものことだ。いつもの(泣)。

しかしなぁ、えーかげんにせんと怒るぞそのうちに。とりあえず、来週出勤したら、話が違うと言うことで部長に文句言おう。こういうときに限って出張でいないんだよな、もう。

…文句を言って改善された試しがないけど(泣)。下っ端はつらいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

夏の賞与支給日決定

車検とかいろいろとすでに出費が決まっているので、焼け石に水かも知れない不安と戦いつつ、でも、無いよりうれしい、あった方がうれしい、というかこれがないと働くモチベーションが10倍ぐらい変わるという賞与の支払日の通知があった。

来月末~♪とりあえず、D4買おうかなぁ~

…まて。まだ喜んではいけない。支給額をみてから考えろ。ただでさえ評価低いんだから。

それに、携帯(私用)+PHS(仕事用)+PHS(ザウルス用)+EMOBILE(ノートPC用)とこんなにいっぱい回線持っていて、更に回線増やすのはどうなの?理性はやめろとさっきから言っている。

うん、お金は大事だ。ちょっと考えよう。

…ちょっと?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/28

昨日

ついうっかり書いた記事を消してしまった。改めて同じことを書く気にもならず…昨日はふて寝しました。

気を取り直して今日。うむ、書くことがない。ない。ない。改めて平凡な自分の生活にあきれる。ま、30代後半の独身男性の日常がそんなに変化に富むわけないので、ま、こんなもんかなぁと思うが。

…ま、毎日書くことが山ほどある刺激的な生活をしていたらそれはそれで大変だが。

というわけで、最近の発見。

電子レンジで作る焼きそば(ま、焼かないけど)が、日清食品の新製品として出ていた。日清焼そばUFO NEXT GENERATION。ま、新製品とか言いつつ出てからだいぶたつけど。で、それをふと思いついて買ってみた。食べてみた。

今までのカップ焼きそばとは違うのだよ、カップ焼きそばとは。

そんな感じ。ちょいと高いが(200円超えるからね)、気が向いたら買ってみよう。なんというか、麺が違う。

こんなことを書いているが、実はうちにカップヌードルRefillが山のように余っている。こっちも食べないとね。賞味期限が過ぎてしまう。

…次はもちょっとまともな記事が書けたらいいなぁ…

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/05/26

ばいばい、アース。読み終わりました。

ばいばい、アースの4巻、読み終わりました。完結。

うん、久しぶりに読み終わったときのすっきり感があるなぁ。広げた風呂敷はきちんとたたんでくれたし。4巻まるまる使ったラストの盛り上がりは圧巻。こりゃあ、名作だ。ま、世界観とか、色々入りにくいところはある。読み始めて、そこで躓いてしまう人も多いかと思う。それが、この小説の一番の弱点かもしれない。でも、そこを乗り越えれば、独特の世界観も何故かしっくりとなじみ、いつの間にか小説の世界に取り込まれてしまっている自分に気がつくと思う。

実は、冲方丁の他の作品はまだ読んでいない。でも、「ばいばい、アース」が書ける人だ。きっと、良い小説を書いているに違いない。また、読まないといけない小説家が一人増えてしまった。

というわけで、気に入った作品の時ぐらいしか書かないアフィリエイトリンクを張っておきます。

お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

うあぁ

EBt lite 0.5.0-2 で、階層ファイル読み込みのバグ(2バイト改行でおかしくなる)を直したのですが、同じバグがべた読み込みにも潜んでいましたっ!

うぉっと。さっき気がついた。あはははは ^^;

とりあえず、もう今日は時間がないので、来週直したのを公開します。

ふぅ、奴(バグ)は手強い…

PS. C# でプログラム組み始めました。Version 0.0.1-1 がいつ頃公開できるかなぁ…ま、数ヶ月先だと思うけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EBt lite 0.5.0-2 を公開しました

EBt lite 0.5.0-2 を公開しました。

Version 0.5.0-2(2008/05/25)での修正内容は次の通りです。

  • ファイル読み込みで文字化けする不具合を修正しました。改行コードが2バイトのものを読み込むとき、文字化けが発生するケースがありました。

簡単に言えば、Windows からファイルを持ってくると、ランダムに文字化けしていました。いわゆるメモリリーク系のバグです。バグはなかなか消えないですね…

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.5.0-2_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.5.0-2_arm.ipk

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/22

ダイエットダイエット

3月の健康診断で衝撃的なことを言われた。

糖尿病のおそれがあります」

ま、ここ1年で7kgほど増量したし、色々身に覚えがある。まずい。まだ30代(こだわる)とはいえ、残る人生、糖尿病とつきあうのは嫌だ。

というわけで、食事制限&運動をはじめていたりする。本格的にはじめたのは4月からで、既に体重は2kg落とした。ま、太った分に比べるとまだまだ足りないんだけどね…

で、ダイエットをしていると身体にも変化が起きるわけで。

●松屋の大盛りが食えなくなった(多分喜んで良いと思う)
●ココイチの300gの完食も辛くなった(多分喜んで良いと思う)
●体脂肪率が30%を切った(多分喜んで良いと思う)
●カロリー不足で毎日ふらふらになっている(正直辛い)

まだ、身体が軽くなった感じはしない。とはいえ、2kgといえば、鉄アレイ1個分である。よく減ったなぁ…と思う。

しかし。

ベスト体重に比べると、まだ鉄アレイ3~4個分重たいわけだ。…先は長い。この夏、夏バテしないように気をつけなければ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

英語キーボードがそんなに良いのか?

雑誌のレビュー記事で、よくこういう趣旨の発言を目にする。

「英語キーボードがラインアップされていることは評価できる。」
更に進んで
「英語キーボードだからよい。」
という記事も見かけたような気がする。

本当にそうだろうか?

たとえば、この記事を見てみよう。

PC Watch 5/21 号「Hothotレビュー 日本HP「HP 2133 Mini-Note PC」 ~5万円台からのWXGA液晶搭載ミニノート

で、該当の部分を引用する。

-- 引用(ここから) --
 また、キーボードが英語キーボードというのも気に入った。これも完全に好みの問題だが、筆者はデスクトップPCもノートPCも、すべて英語キーボードで統一しているため、初めてこのHP 2133を触ったときから何の違和感もなくキーボードを使うことができた。日本語キーボードでなければ違和感があるという人も大勢いると思うので、キーボードの種類を選べるようにすることがベストだとは思うが、英語キーボードが好きな人にはうれしい仕様である。
-- 引用(ここまで)--

ま、レビュー記事は、あくまでもレビューアの主観であるから、英語キーボードを評価することは構わない。しかし、私がレビューした場合は、決してこういう書き方はしない。HP2133は、英語キーボードモデルしかない。英語キーボードしかないということは「購入しない」に足る理由だ。日本語キーボードでなければ違和感が…どころの騒ぎではない。私は英語キーボードを使うことが苦痛で仕方がない。まかり間違っても「うれしい仕様である」なんて言葉は絶対に出ない。

まぁ、日本国内にどれだけ英語キーボード信者がいるのかは知らないが、レビューアはもう少し世間を見て記事を書いた方が良いのではないだろうかと思う。少なくとも、私の周りには、「英語キーボードを好んで使う」人はいない。店に並んでいるキーボードを見ても、英語キーボードはほとんど見かけない。この事実をライターの人たちはどう考えているのだろうか。

「キーボードが英語キーボードというのも気に入った」という文章を見て、私は「あーはいはい、また個人の趣味丸出しの記事ですか。なんだかなぁ」と思う。それだけで、他の評価内容も見る気にならなくなる。

価値観の違いと言えばそれまでだが、自分の趣味の主張をするんだったら個人のblogなりホームページなりでやってくれと思う。

まぁ、今回やり玉に挙げたのは、偶然 PC Watch だったので「どうせ無料の記事なんだからそんなに目くじらたてる必要ないんじゃないの?」と言われれば、その通りですと言うしかない。私のこの記事も「自分の趣味を主張しているだけ」だ。ま、目くそ鼻くそを笑うという奴だ。

でもね。

レビュー記事でしょ?読者の共感が得られない記事を書いてて良いの?

私はいかんと思う。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008/05/20

ラベルの使い方

毎回、機能追加するだけで投げっぱなしなので、今回はもちょっとまじめに解説してみようかなと。

○そもそもラベルとはなんだ?
 リンクに意味づけをする機能です。

○だからそれがわからん。この機能が出来て何がうれしいんだ?
 たとえば、ツリー上に表示されるリンクを見てみましょう。確かに、リンクしているのはわかりますがどういう意図でリンクしたかがわかりません。リンクに意味づけを行うことで、リンクの意図を明確にすることが出来ます。

○リンクの意図はわかったが、なぜ双方向リンクなのに片方にしかラベルがつかないんだ?
 リンクの意味はリンクの方向により変わるからです。
 たとえば、5/20に、本(仮に「生徒会の一存」とします)を買ったとします。EBt の作法としては、それぞれがメモになります。だから、この事例では、5/20メモと「生徒会の一存」メモの間にリンクを張る事になります。このリンクについて考えてみましょう。
 5/20 から「生徒会の一存」に向かうリンクは購入した物を意味します。
 「生徒会の一存」から 5/20 に向かうリンクは購入した日を意味します。
 つまり、双方向リンクとはいえど、メモの主体をどこに置くかにより、リンクの意味が変わるわけです。
 だから、片方にしかラベルを付けないような仕様になっています。

○めんどくさくね?
 なので「オプション」にしました。付けたいときだけ付けてください。
 たとえば、リンクが3つだったり4つだったりする場合、わざわざリンクにラベルを付けなくても意味がわかります。でも、リンクが増えてくると、何故このリンクを張ったのかがだんだんわからなくなります。
 さっきの例でいくと、「生徒会の一存」メモには「読破した日」「2巻の生徒会の二心を買った日」もリンクされる可能性があります。どんどん増えていくリンク。これらも、リンクを見ただけでは何故その日にリンクしたかがわかりません。「生徒会の一存」だったら、まだ2冊だから何とかなりますが、「ペリーローダン」だったりすると、無茶苦茶な数のリンクが張られることになり、もう何が何だかわからなくなります。
 従来だと、リンクを減らすためにメモを分割しなければいけませんでした。しかし、メモにラベルを付ければこのような問題が簡単に解決できます。

てなわけで。ま、ぼちぼちと活用していってくださいなと。気負っちゃ駄目ですよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/05/19

EBt lite 0.5.0-1 を公開しました

EBt lite 0.5.0-1 を公開しました。

Version 0.5.0-1(2008/05/18)での修正内容は次の通りです。


  • リンクに意味づけできるようになりました。リンク→ラベル設定以下に配置してあります。

ちょっと前から話題にしていたリンクに方向が…とかリンクに意味が…とかの解決策として、リンクにラベル漬けできる機能を追加しました。リンクにラベルが付くことにより、今までは出来なかったリンクへの意味づけが出来るようになります。
ちなみに、ラベルは「メモAから見たメモBへのリンク」につきます。AからBのリンクにラベルを付けても、BからAのリンクにラベルを付けたことにはなりません。この辺、わかりにくいかもしれないので、適当にラベルを付けたり消したりしながら理解して下さい。

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.5.0-1_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.5.0-1_arm.ipk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/18

EBt ラベル対応できた

テストもほぼ完了。うまくいけば後2~3時間で公開できるかも。

意外と早くできたなぁ。まぁ、予想外のバグで手間取る可能性も否定できないけど ^^;

というわけで、しばし待たれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

WindowsMobile版開発の道は遠い

WindowsMobileのソフト開発環境について調べてみた。

VisualStudio2008 Professional 以上でないといけないらしい。

値段を調べた。…12万円ですか。ちょっとこれは辛い。

なんですかね、この値段設定は。フリーソフトを殺す気でしょうかね、マイクロソフトは。とりあえず、Windows版EBtをC#+.NETに方針転換したから、次はWindowsMobileに。Sourceの流用できそうなので…とか思っていたけど、もう無理。買えません。

というわけで、作る前から敗北宣言。WindowsMobile版は作りません。まぁ、まだ手に入るVisualStudio2005 Standard を使えばいいじゃんという話もあると思いますが、なんか、もう、どうでもよくなってきた。

WindowsMobile端末買って、VS2008Pro買って、開発環境整えて、なんだかんだで20万。…ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まー、基本的に私はバカなので

頭の回線がどこかずれているんだよな、自分。

で、今日の脳味噌のひらめき。

「相撲」と「相模」は似ている。

だからどうした?どうもしないさ。意味なんてどこにもない。ただ、何となくそう思っただけ。

たとえアホなことでももしかしたら何かにつながるかもしれない。そういうわけで、今日もまたくだらない記事が蓄積されていくのでした。

PS. EBt lite コーディング中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

Win版のEBtを

.NET Framework 2.0 で作ったらやっぱり駄目?

VCLは確かに便利だけど古さは否めないし、C++はメモリ管理めんどくさいし、もう.NET + C#で良いやとか思い始めている自分。軟弱だなぁ…

ま、こういう事が悩めるぐらいにまだWin版の制作は進んでいない訳なのですが(汗)。

いかん、最近口だけだ。やっぱり実行を伴わんといかんよな。…がんばろう。ほどほどに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

JASRACネタ2連発

「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事

ま、そもそも理解する気がないからなぁ、JASRACは。大体、スタート地点がおかしいだろ。課金・DRM制限があるのは当然として、その制限をどこまで緩められるかという視点でしか議論してないような雰囲気だからな。で、制限を緩めると言ってもそれがせいぜいダビング10というお寒い状況。このダビング10も「録音録画保証金」と抱き合わせ。

ちょっと引用。

「ダビング10と補償金はそもそも、まったく別の話。ダビング10はコピーワンスへの利用者側の不満から出た制度だ。権利者への適正な対価の支払いを前提としていたことは、メーカーも確認したはずだ。それなのになぜ、ダビング10と補償金を合わせて主張するのか分からない」

この発現矛盾しているよね。「ダビング10と保証金はそもそも全く別の話」とか言いつつ「権利者への適正な対価の支払いを前提としていた」って。思いっきり抱き合わせじゃんか。JASRACや文化庁、利権屋は金を取ることしか考えていないのがよくわかる発言だな。

メーカー側が反対しているのは、理由は色々あるが、最終的に過度な保護が消費者離れを招くことを危惧しているからなのではないかと思っている。保証金のおかげで値段は上がるしその見返りが「たかが」ダビング10だとしたら、どうなるだろうか。既に、テレビ離れが始まっているし(視聴率の低下で如実にわかるよね)、録画してまで見たい番組も減っているし(わたしゃ深夜アニメとF1ぐらいしか録画していない)、しかも、録画したデータはバイト単価がHDDよりも高いBru-rayにしか記録できないときたもんだ。そりゃ、TVや録画機器を売っている側は反対するよな。だって、良いこと無いんだから。最近の消費者は賢い。消費者がホイホイお金を落としてくれないことはメーカーの方が十分に知っているしね。

そーいえば、知的財産推進計画2006」の見直しに関する意見募集の結果について(PDF)で、反対意見続出だったけど、華麗にスルーされましたね。パブリックコメントはいわゆる公聴会みたいなものなんだろうね。意見は聞いたぞと。アクションは起こさないけど。みたいな。


「いったいどこが問題なのか」――JASRAC加藤理事長、公取委の立ち入りに「不満」

まぁ、不満だろうなぁ。いつまでも吸えると思っていたおいしい汁が吸えなくなる可能性があるんだから。

「いったいどこが問題なのか」。ま、JASRACの人たちは世間でどれだけJASRACが問題視されているか全く理解していないんだろうね。あるいは理解する気がないのか。だから「いったいどこが問題なのか」などという発言が出るのだろう。

問題ありありだって気づいていないのはおまえらだけだよ。

JASRACは、文化を守っていない。文化に寄生している。そのことをまず認識しろ。その次に、各所で指摘されている問題を是正しろ。たとえば著作権所有者が自分の作詞した歌詞を引用しても「利用料を聴取する」とかおかしいだろ?(気になる人は「大槻ケンヂ」「JASRAC」で検索してみよう)。徴収した利用料の分配がどのように行われているかも明らかにするべきだ(恣意的に分配されていると想像)。あと、JASRACの傘下に入らないと実質メジャーデビューできない現状も考えろ。

個人的には、JASRAC, B-CASが、公正取引委員会が立ち入り調査するべき2大営利組織だと思っている。

ま、所詮公正取引委員会もお役所なのであまり期待は出来ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/13

Zaurus生産終了らしいですが

EBt lite の開発は継続しますのでご安心を。

というか、Zaurusに変わるデバイスが見つからない。困ったもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/10

ふと何かが頭に思い浮かぶことがある

今日、雨の鈴鹿サーキットでフォーミュラニッポンの予選を待っていたとき、ふと頭の中のニューロンが妙なつながり方をしたらしい。

もしかして、どこかで聞いたことがあるのかもしれない。あるいは語呂が良いから適当につなげてしまっただけかもしれない。ま、ひらめきには理由なんかいらない。

というわけで、今日のネタ。

コスメティック戦隊ヴィスコンティ

うん、今日も良い感じで脳みそ腐ってるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

現在の開発状況

EBt 関連の開発状況

EBt lite:リンクにラベルを付ける機能の検討開始。ぼちぼちコードをいじろうかと思っている状況。

Win版:TurboC++で雛形作ったところで停止中。そろそろテストコードの中身を良い感じで忘れているので、作業再開の時に苦労しそう。VCL+WIN32で作ろうと思い立ったことは誤りだったかもしれない ^^; VCLも便利だが、いまいちかゆいところに手が届かないのが何とも。

WEBt:Java AppletのGUIは作った。サーバー側(Servlet)の実装で調べることが多くて止まっている。時間が欲しい。

ちなみに、圧倒的に EBt lite の開発優先順位が高いので、リンクにラベルを付ける機能を実装したEBt liteのリリースが一番先になる予定。ま、時間がないのでなかなか手を付けられないんですけどね…

個人的には、WEBtをテスト版で良いからとっとと動かしたいと思っているんですが、時間がね、時間がね、時間がね、ぁぅぁぅ。

- - -

ま、こんな感じでぼちぼち開発は続けています。固めて1ヶ月とか休みが取れれば開発は劇的に進むと思いますが、そんなことはあり得ないので開発スピードは遅くて遅くて仕方ありません。それに休みをすべてEBtに割くことも出来ませんしね。

個人的には、仕事でシステム設計したりするのはおもしろくも何ともないので、EBt でそのストレスを発散したいところなのですが。休まないと体力が持たない。前は家に帰ってから寝るまでEBtのコードいじってたのに。体力無くなったなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

時々思うのだが

EBt 使いにくいですよね。わかりにくいですよね。

そういえば、EBt の使い方の記事を書くとか言っていながら棚上げになっているし。

作者としては、使ってもらう努力もしないといかんのですかねぇ。

今のスタンス「わかる人だけわかってくれればいい」はやめた方が良いのかなぁ。

でもなぁ、余力ないしなぁ。

※今日の記事は単なる独り言です。深い意味は全くありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/06

がっくり

スーパーアグリF1撤退かぁ。

なんちゅうか、非常に残念。ま、日本チームがホンダ・トヨタ・スーパーアグリと3つもあるとスポンサーも分散してしまって駄目なんだろうなぁ。

しかし、新興チームが撤退を余儀なくされるという今のF1の状況は非常にまずいですよ。このおかげで、F1参入が非常にやりにくくなった。少なくとも、バックに自動車メーカーを付けるだけでは駄目。相当な資金的裏付けが必要と言うことが改めて明らかになったわけだ。

で、今の自動車メーカーは再編が進んでいて、新しくF1に参戦しようというメーカー(グループ)は少ない。というか、大抵の大手グループが参戦しているから、新たに参戦する自動車メーカーがあるかというと…

あと参戦できそうなのはGM, フォード, VW ぐらいだろう。でも、どのメーカーもF1に出るという話は聞かない。撤退したプジョーとか、もう戻ってこないだろうし。それに、新興国はそもそもF1に参戦する動機がない。韓国(現代)に打診もしていたようだが、現代はWRCもきついぐらいだったので、F1はとてもじゃないが無理だろう。

F1に参戦している自動車メーカーがいつまでも参戦を続けるという保証はどこにもない。いつの間にかプライベートチームが減り、メーカーチームばかりになっているのも気になる。メーカーはある日必ず撤退する。永遠のプライベーターの友だと思っていたフォードもとうの昔に撤退してしまった。メーカーはサポート以上のことをしてはいかんと思う。

いつの日か、メーカーが撤退したときに、それを埋めるプライベートチームがないとしたら。F1の危機はすでに始まっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

EBt リンクの意味づけ・今日の時点でのアイデア

先日、リンクに方向が云々という記事を書いて、コメントもいくつかもらって、自分でも色々とアイデアをこねくり回してみた。

で、私の基本的な姿勢として次のものがある。

1)リンクに方向は付けたくない(双方向リンクは死守)
2)意味を固定したくない。たとえば、「方向」を付けることは、「方向」以外の意味が付けられなくなるのでNG
3)手間を増やしたくない。

んで、こんなのすべて満たせる訳ねーじゃんと思いつつあーだこーだと考えていたのだが、それなりに固まってきた。(仕事中にこんな事を考えている不届きものです、ハイ。)

アイデア:リンクにコメントを付けられるようにする。

たとえば、次の関係(系図を想像しよう)

AはBの父親
AはCの夫
AとDは兄弟

これをBから見るとこうなる。

BはAの子
BはCの子
BはDの甥(姪でも良いけど)

簡単に言えば、メモの主体によってリンクの意味が変わるケース。

双方向リンクは実は2つの単方向リンクで構成されている。で、それぞれのリンクにコメントが付けられるようにしようと考えている。

現在のEBtだと、下みたいなリンクが表示されて、リンクの意味がよくわからない。

A+-B
 +-C
 +-D

B+-A
 +-C
 +-D

リンクに意味が付けられるようになると、今のツリーがこんな感じに出来る。(意味を付けなければ従来と同じ表示)

A+-子:B
 +-妻:C
 +-弟:D

B+-父親:A
 +-母親:C
 +-伯父:D

ツリーの起点によって、A-Bのリンクの意味が変わっている辺りに注目。

とりあえず、今の時点でのアイデアはこんな感じ。意地でもリンクに親子関係は付けない(双方向リンクをする)方針は堅持。リンクに意味が付けられるので、今までもやもやしていた問題も解決。

ま、もうちょっと煮詰めた方が良いような気もしないでもないのだが、今日の時点での私の頭の中はこんな感じ。

基本スタンスは、「意味を付けたいときだけ意味が付けられれば十分でしょ」。すべてのリンクに意味があるとは思わないし、そんなのやってられない。でも、リンクに意味を付けたいケースはある。だから、必要なリンクにだけ意味を付けられるようにする。

一晩寝たら別のアイデアが浮かぶかもしれないので、もしかしたら盛大にこの案が没になるかもしれない。ま、そんときはそんときだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »