« 聖火 | トップページ | もう聖火リレーなんかやめちゃえば? »

2008/04/10

とある魔術の禁書目録を読んでいて

最近カテゴリーを設定するのがめんどくさいので、どんな話題であろうとも「日記・コラム・つぶやき」です。

それはともかく。

なんとなく、とらのあなでPUSHされていたので読んでいるのだが…毎回、しっくり来ないんだよなぁ、終わり方が。とりあえず、6巻まで読み終わったんだけど、どれもラスト1/10ぐらいで主人公がメインの戦闘があって、戦闘が終わるとほとんど後処理もしないまま物語が終了してしまう。完全にパターンされていて、飽きてきたということもさておき。

終わり方がいつも唐突すぎるんだよ。

話をちゃんと終わらせていないような気がするんだな。いや、確かに終わっている。終わっているが、個人的にはぶつ切りといった印象。次の巻に何か引っ張るわけでもなく、ストーリーが突然終了する。なんというか、ゲームのバットエンドに似た感じがする。なんというかなぁ、すっきりしない感というかなんというか。

あれだけ材料があれば、違う話も書けると思うんだけどなぁ。というか、6巻まで読んだ感想として「この調子で書いているといつか破綻するな」と思ってしまった。

こういう印象を持った小説は他にもあった。「涼宮ハルヒの憂鬱」がそれ。ハルヒは刊行がストップしていて次の巻がいつ出るかわからない。ハルヒの辛いところは「書けば書くほど作者の首を絞める」ストーリー構成。ランダムに時間軸を埋めていくため、書けば書くほど書くことが無くなる。時間を簡単に進められない設定だから、そう遠くないうちに書けなくなる。この壁を越えるのは大変だと思う。

で、とある…も問題を抱えていると思う。今のまま進めていくと「主人公が強くなりすぎて物語が成立しなくなる」ような気がするのだ。既に、6巻の時点で主人公はスーパーマンだ。いや、普通の人じゃんと思うかもしれないが、幻想殺し以外に「人並み外れた身体能力」がある。1巻から常人離れしていたのだが、6巻でも身体能力の異常っぷりは健在だ。しかも、キャラがどんどん増えるので、そっちの収拾も付かなくなりそうな気配が。ま、でも続いているから何とかなっているのかな。無理矢理続けてつまらなくなっていなければいいのだが。

ま、惰性で読み続けるような気はしますが、あんまり積極的にお勧めは出来ないですね。というわけで、アフィリエイトリンクも無し。1巻読んで違和感を感じたら、多分2巻目以降は読まない方がいいと思います。6巻まで読んだが化けなかった。もちろん、面白いと思う人はいっぱいいて、支持も集めているんだから、面白いと思える人には面白いんだろうけど…。

うん、久しぶりに辛口コメントだ。たまにはこういうことも書くと言うことで。

|

« 聖火 | トップページ | もう聖火リレーなんかやめちゃえば? »

コメント

とある…は私も読みましたが、最新巻はなんか読みづらいなぁと感じています。
他の巻はそこそこ面白かったのですけど。

投稿: jojo3 | 2008/04/10 14:32

素材は良いんですけどね。

なんか、設定に酔っているだけなんじゃあないかという気がしてきた。読みにくいのはいかんですよね…

投稿: おかだ | 2008/04/10 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/40832322

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録を読んでいて:

« 聖火 | トップページ | もう聖火リレーなんかやめちゃえば? »