« 血の涙を流す | トップページ | SuperGT決勝 »

2008/03/15

SuperGT開幕

鈴鹿に、SuperGT開幕戦を見に行ってきました。残念ながら写真はありません。それは、現地でEOS20Dが壊れたから(号泣)。

めげずに行こう。

今回、予選日だというのに意外とお客さんがいた。確実に去年より人が多い。これはいい傾向だ。去年辺りから鈴鹿サーキットに来るお客さんの数が増えてきている。モータースポーツにも春が来るか??

それはともかく。

今回の SuperGT の主役は GT-R。戻ってきたよ、GT-R が。しかも強い。フロントロー独占どころか3位までGT-Rが占めた。まだレースディスタンスを走っていないから何とも言えないけど、今年のGT-R、いやNISSANはやりそうだ。

一方、車両規定変更により苦戦を強いられているのがNSX。今までは空力を攻めることでアドバンテージを得ていた雰囲気のあるNSXだが、今回の規定変更で完全に勢いをそがれてしまった印象。予選10位以内に4台送り込んだ辺りにNSXの底力を感じるが、上位進出が果たせなかった辺りに、今年のNSXの苦戦を感じずにはいられない。もう空力やセッティングでは挽回できないぐらいの足枷がはめられてしまったように思う。

で、全く存在感を出せなかったのがSC430。別にトヨタが嫌いだからとかそういうことを抜きにしても存在感がなかった。台数としては決してGT-RやNSXに負けていないのに、予選トップ10に入れたのは2台だけ。ウェイトハンディなしの初戦でこれでは、どうしようもない。いつも思うのだが、トヨタはレースが下手だ。盛り上げ方を知らないと言えばいいのか。

GT300についても書こう。

予選トップを獲得したのは紫電。毎年もう少し…という所までくるのに、なかなかトップに立てない。今年こそトップに立てるか?と期待しているのだが。ウェイトハンディを背負ったときの失速がなぁ。難しいですね。

というわけで、なかなか見所のある予選でした。明日はカメラもないことだし(泣)、レース観戦に専念します。

PS. なぜか会場にマッハ号が展示してありました。でも、ステアリングにアルファベットのボタンがなかった。残念!(何をマニアックな…)

|

« 血の涙を流す | トップページ | SuperGT決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/40511359

この記事へのトラックバック一覧です: SuperGT開幕:

« 血の涙を流す | トップページ | SuperGT決勝 »