« このblogでは | トップページ | 末期症状かもしれない »

2008/03/27

今度は国内政治ネタだ

というわけで、道路特定財源です。ま、政党間の確執とかはとりあえず置いておいて、暫定税率ってどうなのよという視点でちょっと書いてみます。

個人的に、道路特定財源の問題点は、「一旦国に集められて、しかる後に各地に配分されること」だと思っています。この構図が、官僚や政治家にあらぬ利権を生んでいると考えているわけです。だから、個人的には、大阪府議会の決議した「道路特定財源を地方税に」というのが一番良い解決策だと思っています。個人的にはもっと踏み込んで、地方自治体(多分都道府県単位)で税率も自由に変えられたらもっと良いと考えています。道路の整備された地区は税率を下げ、道路の整備されていない地区は税率を維持。これで十分でしょ?と思うわけです。

でも、こういう案はまず間違いなく採用されません。

何故か。まず、利権にたかっているウジ虫が困るので。次に、どさくさに紛れて国庫に入れようとしている集団としては、地方税にされては困るから。彼らは自由に使える金が欲しくて仕方ないのだ。

そもそもだが、受益者負担の原則で考えれば、ガソリンなどにかかっている税金で、道路特定財源に編入されているものは地方税にした方が自然だ。

国会では、廃止だ存続だとか言ってもめてますが、個人的には「どっちも駄目」だと思ってます。与党側は「利権確保」のために必死だし、野党側は「パフォーマンス」として反対を続けているし。おめーら地方のこと考えていねーだろう、と思わずにはいられないのです。

せっかくの国会なんだから、もっと建設的な議論してくれよ、たのむから。

|

« このblogでは | トップページ | 末期症状かもしれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/40646875

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は国内政治ネタだ:

« このblogでは | トップページ | 末期症状かもしれない »