« あなたでも出来る光速を越える方法 | トップページ | クルトガが凄い! »

2008/03/29

前の記事にあった間違いの修正

というわけで、いただいたコメントをみて「しまった」と思いました。いや、単純なミスをしている。というわけで、簡単に誤りを指摘して修正していきたい。

誤りその1)光速は常に一定であるというルールを忘れている。

光速の60%で移動する物体から発せられる光の速度が遅くなったり速くったりすることはない。(車の中でボールを投げるのとは訳が違う)

誤りその2)観測者を固定していなかった。

正反対の方向に高速の60%で移動する物体があるというのは、真ん中にいる観測者からみた情報でしかない。移動する物体からみた場合は、もう一つの物体が光速の120%で移動するようには見えない。もう一つの物体の移動速度はあくまでも光速以下。つじつまが合わなくなりそうだが、それは時間がゆっくり進むことで解決される。

観測者ごとに時間の進む早さが違うというのも忘れていましたよ、ええ。

というわけで、光速の60%で互いに離れていく物体は…

1)中間点にいる観測者からは、確かに両方光速の60%で移動しているように見えますが
2)移動する物体からもう一つの物体をみると、もう一つの物体の移動速度は光速の120%にはなりません。(計算式はいただいたコメントを参照してください)

ま、何にせよ、情報(この場合は移動速度)は光速を越えられないということです。

というか、この思考実験、昔にやったことあるのに忘れていましたよ。私もまだまだですなぁ。

|

« あなたでも出来る光速を越える方法 | トップページ | クルトガが凄い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/40678753

この記事へのトラックバック一覧です: 前の記事にあった間違いの修正:

« あなたでも出来る光速を越える方法 | トップページ | クルトガが凄い! »