« 騙されてはいけない | トップページ | WILLCOMのLPIA/Win端末 »

2008/02/23

隣国のことを悪く言うつもりはないが

まぁ、とりあえずこれを読んでくれ。

北京市、五輪食品安全を保障できる 食材・薬持参禁止

簡単に言えば、「各国選手団はオリンピックに自前の食材を持ち込むな by 中国」。記事を発信しているのは News CHINA。誤報とかそういうことは考えなくてもいいだろう。もう公式声明と思ってよさそう。

で、どうなのよ、これ。毒入り食品を輸出しておいて「日本の陰謀」と平気でのたまう国の食品を信用しろと言われてもなぁ。信用できないでしょ、普通。

なんというか、どこかずれているんですよね、あの国。こりゃぁ、オリンピックが無事に開催できればそれだけでめっけものですね。

ところで。

オリンピック終了後、同じ施設を用いてパラリンピックが開催されるのは皆さんご存じだと思いますが、個人的にはこっちの方が心配。どうも、あの国はパラリンピックのことをすっかり忘れているような気がする。

オリンピックの精神がいまいち理解できていないっぽいあの国で、パラリンピックが無事に開催できるのか?問題なく開催されることを切に願います、私は。

オリンピックは4年に1度しかないんだよ?それどころか中国でオリンピックが出来るのはもしかしたら今世紀最後かもしれないんだよ?もっと成功させるようにがんばろうよ…

|

« 騙されてはいけない | トップページ | WILLCOMのLPIA/Win端末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/40225585

この記事へのトラックバック一覧です: 隣国のことを悪く言うつもりはないが:

» 毒ギョーザが五輪大会に影響 [ついついクリックしてしまった。]
いくら中国が、食の安全を訴えても、一度失った信用を取り返すのは、なかなか難しいようだ。中国製品に含まれるステロイドなどの添加物が、ドーピング検査で陽性反応を示してしまったら、どうしようもない。アメリカは、五輪開幕の2か月前に食料を中国へ輸送する手配をしたとのこと。通常、五輪開催中は、選手村に許可なく食料を持ち込めないことになっているらしいが、どのようにするのか。他の国にも波及することになるのだろうか?... [続きを読む]

受信: 2008/02/23 19:20

« 騙されてはいけない | トップページ | WILLCOMのLPIA/Win端末 »