« 人間というのは情報の固まりだよなぁ | トップページ | 今更だが »

2008/01/21

天元突破グレンラガンをみながらふと思ったこと

最近、再放送している天元突破グレンラガンを撮りだめて見ている。まだ6話ぐらいまでしか来ていないんだけど、面白い。これは良い。なんでこれのDVDを買おうと思わなかったんだろう、と反省してしまうぐらいに。

で。

DVDを買うという行為について考えてみた。最近思うのは、DVD買うのやめようかな~ということ。何故か?たとえばグレンラガン。初回版を買い損なってしまうと、いいかもう買わなくって、と思ってしまう。いい話なのに

何故だろう。まず、場所をとる。気がついたら、家にあるDVDの量が尋常ではなくなり、今のペースでDVDを買うのは現実的ではないことに気がついてしまった。次に、次から次へと新しいアニメが出来ており、いくらいい作品でも何度も見ている余裕がない。今のご時世、一番足りないのは時間である。社会人になって財力は出来たが時間が無くなっているのだ。実際、買ったはいいが見ていないDVDが山のようにある。

で、思うこと。既に、DVDを買う動機はコレクション以外の何もなくなっている。あれだ、切手集めたりとか、それと同じ感じ。で、こういう動機しかないから、ある時、突然集めるのに飽きてしまう可能性がある。

もしかしたら、いつかある日、見たくなるかもしれない。そういう思いがDVDを買わせていると言うこともあると思う。しかし、いつかある日がこない可能性の方が高く、いつかある日に買ったDVDのメディアが読み込み可能かというとそれも定かではない。(メディアの寿命とか考えると、ね。VHSのテープがどういう扱いになっているかとか考えると、それがいつDVDに起きるとも限らないわけだ)

すると本当に単なるコレクションになってしまう。それに、せっせと買ったDVDがある日BOXとして再販されるケースも結構あるし、それを考えると焦って買う必要もないかなーと思ってしまう。

で、別にこれ、DVDだろうがBru-ray だろうが同じ訳だ。手元に置いておく必然性が無くなる状況があれば、私は買うのをやめてしまうと思う。

個人的には、昔の作品でも今の作品でも、どれでもいつでも借りて見ることが出来るライブラリ(もちろん有料でも構わない)があればと思う。過去の作品が無くならないことが保証されていればなお良い。そういうサービスがあれば、私は喜んで金を払う。

ま、そういうサービスをはじめるとDVDが売れなくなるからやらないだろうけど。でも、今の売り方がいつまでも出来ると思ったら大間違いだと思う。無料ですむニコニコ動画に金を払う人たちがいることを忘れてはいけない。彼らは、本当に見たい物にだったら金を払うのだ。

|

« 人間というのは情報の固まりだよなぁ | トップページ | 今更だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/17770516

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガンをみながらふと思ったこと:

« 人間というのは情報の固まりだよなぁ | トップページ | 今更だが »