« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

EBt lite 0.4.1-1 を公開しました

EBt lite 0.4.1-1 を公開しました。

Version 0.4.1-1(2007/12/31)での修正内容は次の通りです。


  • 同期機能を実装しました。1台のマスターEBtに対して、複数のスレーブEBtが作成できます。マスターとスレーブ間での同期が可能です。
  • エキスポート機能を実装しました。現在実行中のEBtのサブセットの作成が出来ます。
  • インポート機能を実装しました。これに伴い、ルートメモ直下にインポートメモが追加になりました。インポートしたメモは、インポートメモ以下にリンク構造を保ったままでインポートされます。
  • 全メモ検索機能を追加しました。検索結果を新規メモとして作成する機能と、検索結果を現在のメモに追加する機能の2種類があります。
  • 新規機能の作成に伴い、メニュー階層を一部修正しました。
  • SL-A300に正式対応しました。

久々のでかいバージョンアップです。同期機能&インポート&エクスポート機能を実装しました。んで、余力で全メモ検索。昔のバージョンのアーカイブ持っている人はサイズを比べてみると違いがわかると思います。またsourceが増えてしまった。こんな調子だから、いつまでたってもPC版の開発が出来ない…

で、今回追加した機能はわかりにくいので解説を少々。

●EBt lite の同期機能について

 Version 0.4.1-1 より同期機能をサポートしました。この同期機能では、1台のZaurusをマスターEBt、複数台のZaurusをスレーブEBtとして使用することを前提としています。同期はマスターとスレーブの間でのみ行えます。スレーブ間での同期は出来ないので注意してください。

 スレーブEBtを作成するとき(メニューのファイル→同期→同期先作成)に、スレーブの識別文字を入力する必要があります。これは任意の1文字になります。複数のスレーブで同じ文字を指定すると同期に失敗する可能性があります(まず無いのですが)。

 また、スレーブEBtの作成はかなり時間がかかります。なので、同期中にZaurusの電源が切れてしまう可能性があります。スレーブを作成するときは、ACアダプタに接続し、電源が切れない設定にしてから実行するようにしてください。

 一度スレーブを作成してしまえば、2回目以降の同期(メニューのファイル→同期→同期)は数分で終わります。(それでも数分…) 


●EBt lite のエキスポート機能について

 Version 0.4.1-1 よりエキスポート機能を実装しました。エキスポート機能は、CFやSDにEBtデータのサブセットを作る機能です。サブセットを作るとき、一度に作るのは難しいので、何回かに分けてエキスポートすることも可能です。

 で、EBtのエキスポート機能のミソなのですが、複数回に分けてエキスポートしてもリンクが保たれます。1回目のエキスポートでメモAを作り、2回目のエキスポートでメモBを作ったとします。で、エキスポート元のEBtでAとBがリンクされていた場合、エキスポート先のEBtデータでもAとBの間にリンクが張られます。複数回に分けてエキスポートする場合でも、リンク切れの心配は不要です。

 なお、かなり時間がかかります。実行中に電源が切れないよう注意してください。


●EBt lite のインポート機能について

 Version 0.4.1-1 よりインポート機能を実装しました。インポート機能は、CFやSDにあるEBtデータを取り込む機能です。取り込んだメモは、ルートメモ直下のインポートメモに、インポートした日付のメモ(YYYY/MM/DD
hh:mm:ss import)を作成して、そこにインポート元のルートメモがリンクする形でインポートします。これもインポート元のメモの数によってはやたらと時間がかかりますので注意してください。

ふぅ。疲れたぁ…

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.4.1-1_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.4.1-1_arm.ipk


| | コメント (8) | トラックバック (0)

ただいま最終確認中

EBt lite 0.4.1-1 ただいま最終確認中。何とか年内に公開できそうです。SL-A300 でも問題なく動作中。

問題は、私の使っているSL-C3000のバッテリーが死にかけと言うこと orz...
あと、開発用PC(LibrettoL5)の大容量バッテリーも死にかけorz...

両方とも予備のバッテリーは確保しているとはいえ…

年末はよく物が壊れます。何故でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/30

USB出力機能がついたバッテリーいくつか

気がついたら、手元にUSB出力可能なバッテリーがいくつかそろってきたので簡単に比べてみたいと思う。(そんなことせずにEBt lite のコーディングしろよという話がありますが…)

1)PocketMOBA SV

昔からある定番のモバイルバッテリーのシリーズ。SVは、出力を5V単一に絞ることでシンプルにした製品。付属ケーブルの先を変えることにより、携帯電話、NintendoDS などいろいろな種類の機器への給電に対応する。使用しているのはリチウムイオンバッテリー。

2)eneloop mobile booster / KBC-L2S

まだ使い捨てですか?でおなじみ eneloop シリーズのUSBバッテリー。KBC-L2S は、他の製品とは違い、なんとUSB出力が2系統あることが特徴。他にも、3.7V/5000mAh と他の追従を許さない大容量のバッテリーを積んでいる。但し、充電時間が7時間もかかるのが難点。使用しているのはリチウムイオンバッテリー。

3)Panasonic USBモバイル電源 ポケパワー

汎用USB電源だが、付属品として、携帯電話の充電用コネクタがセットになっているのが特徴。但し、コネクタの単体発売は行っていないので、買うときは要注意。バッテリーとして、ニッケル水素単3充電池2本を利用している。

4)eneloop mobile booster / KBC-E1S

これも eneloop シリーズ。汎用USB電源。これといった特徴もないが、そつのない印象。バッテリーとして、ニッケル水素単3充電池(eneloop)2本を利用している。

で、特徴ごとにまとめてみた。

○充電のしやすさ(入力系統の豊富さ)
1位:eneloop mobile booster / KBC-L2S
   USB miniA と 5V汎用の2系統から充電可能(ケーブル、ACアダプタ付属)
   ※但し、充電時間がACアダプタで7時間、USBだと14時間というのが難点。
2位:PocketMOBA SV
   eneloop mobile booster / KBC-E1S
   ※同率2位にしました。
   どちらも、USB miniA から充電できます。充電用USBケーブルももちろん付属。
3位:Panasonic BQ-600
   専用充電器が必要。

○利用方法の豊富さ
1位:PocketMOBA SV
   買ってきた段階で5V汎用、USB miniA と2種類のコネクタが付属している。
   別売で DS用、携帯電話用と色々な使い方が出来る。
2位:eneloop mobile booster / KBC-L2S
   2系統ある出力が特徴。複数機器に同時に給電できるのは他にない利点。
3位:Panasonic BQ-600
   標準で携帯電話充電用のアダプタが付属している。
   (でも、他では使えない特殊形状のコネクタというのがマイナス)
4位:eneloop mobile booster / KBC-E1S
   USB出力のみ。シンプルイズベスト。

○容量
1位:eneloop mobile booster KBC-L2S
   3.7V/5000mAh , USBの5Vに変換しても 5V/2000mAh相当の容量を確保。
2位:PocketMOBA SV
   3.7V/3600mAh。今まではダントツの1位だったのだが、KBC-L2Sのおかげで首位から転落。
3位:sneloop mobile booster KBC-E1S
   Panasonic BQ-600
   どちらもニッケル水素乾電池を利用している。なので、電源は 2.4V/2000mAh。
   さすがにリチウムイオンバッテリーに比べると容量不足は否めない。

○その他、使ってみてわかる欠点
・eneloop mobile booster KBC-L2S
 とにかく充電時間が長い。
 出力が 5V/500mA と USBの規定までしか確保できないので、電流を喰うようなものへの給電は不利?
・eneloop mobile booster KBC-E1S
 実はサイズが KBC-L2S とほとんど同じ。意外とかさばる。
 これも 5V/500mA しか出せないので、電気を食うものへの給電は苦手。
・PocketMOBA SV
 実は一番欠点が少ないのかもしれない。バッテリー残量チェック機能も一番。
 KBC-L2S に容量で抜かされたのが惜しいところか。
 これだけ唯一 5V/1A の出力が可能。
・Panasonic BQ-600
 USBに何かを差し込んでいると給電を開始するらしく、うっかりケーブル挿しっぱなしにしたらバッテリーが空になることがしばしば。
 ここで紹介した製品の中で、唯一バッテリー残量チェック機能がない。
 これも 5V/500mA が限界。電源食いの機器への給電はしんどい。


というわけで。以上をふまえたお勧め。

1位:eneloop mobile booster KBC-L2S
2位:PocketMOBA SV
3位:eneloop mobile booster KBC-E1S
4位:Panasonic BQ-600

色々付属品の違いはあるけど、全部USBポートを持っているので給電先はぶっちゃけなんとでもなります。すると、まず充電のために専用の充電器を持ち歩かないといけない BQ-600 は一番最初に脱落。次に気になるのは大きさと電源容量だが、そうなると KBC-E1S はサイズの割に容量が少ないので脱落。残り2つは甲乙付けがたいが、バッテリー容量で決めました。

というわけで、持ち運びUSBバッテリーを捜している方は参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

ラノベを読んでリフレッシュ

ばいばい、アースの4巻を入手するまでに時間が空いたので、手元にあるラノベを消費中。

読んでいるのはこれ。「護くんに女神の祝福を!」アフィリエイトリンクなので、嫌な人はさわらないように注意しましょう。

ただいま4巻を読んでいる最中です。

いや、軽いですな。すごく軽い。なんと言っても2~3ページ読み飛ばしても気がつかないぐらいに軽い。しかも、読んだあとに余韻も何もない。するっとさらっと読めますな。まぁ、護くんに女神の祝福を!は話がゆるいとは聞いてはいたのですがここまでとは。

自分はなんというか、両極端に走る傾向があるなーと最近思っています。ま、ライトな小説もヘビーな小説もどっちも好きな雑食人間とはいえ、こうも傾向の違う小説を読むとどうも頭が軽く混乱します。ま、でもライトな小説も良いですよ。読んでて疲れない。単純に楽しめます。作者の創造した世界を頭の中で自分なりに構築し、解釈し、それを楽しむのも確かに楽しいですが、頭真っ白にして読める小説もそれはそれでオツ。

というわけで、頭が疲れている人にはもしかしたらぴったりかもしれない。そんなライトノベルのお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

無事にimport機能も実装終了

ふぅ。宣言したとおり、今日は EBt のインポート機能の実装をしていました。クリスマス?なにそれ?orz..

で、つい先ほど(00:30)、正常に動作することを確認。デバッグが終了いたしました!これでインポートとエクスポート両方完成!あとは小技機能を少々実装すれば終わり!うまくいけば年末には公開できそうです。

というわけで、公開まで、もうしばしお待ちくださいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/12/24

クリスマスイブはプログラミング

きよしこのよるを頭に思い浮かべてください

いつも年の瀬 街は光り
クリスマス祝えと 圧力を掛ける
ゆるしたもう
夢破れ

さて、年賀状の準備も出来たし、明日は心おきなくEBt の開発が出来るな。うん。夕方コンビニに行けば、余りのケーキが安く買えそうだし、それを食べながらデバッグしよう。それが良い。頭使うときは糖分が必要になるしな。ケーキなんか、何かイベント無いと食えないし。そういえば、前にケーキ食べたのいつだろう。もう思い出せないや…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

とらのあなにて

蒼樹うめ先生のQUOカードげっとぉ!

…それだけです。ポイント溜めておいて良かったぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近ニコニコ動画を見ていて思うこと

なーんか、同じネタかぶってるよなー。というか、一つ突き出たネタがあると、それをみんなで突っつきあって、それが盛り上がっているように見える。本当に盛り上がっているのかどうかわからないけど。

で、そんな状態なので、ランキングの上位にあっても、「またこのネタか」と思い、最後まで見ない(見たくならない)動画が増えてきた。というか、ランキングの上位とかもあまりあてにならないなぁ…と。すごいのはすごいけど。

どうなんでしょうね。前は色々な方向のネタがあって面白かったんだけどなぁ。最近のニコニコ動画は食傷気味。ま、新しいものを作るのは大変なので、あるネタをみんなでつつきあってどんどん上り詰めていくのも悪くはないと思うのですが。それだと、そのネタが面白いと思わなかった人は置いていかれるよなぁ。

たぶん、ランキング以外の尺度が必要なのですよね、ニコニコ動画には。タグが新しい尺度に近いと言えば近いけど、どのタグを見ればいいのか全くわからない。動画が面白いかつまらないか、それは人それぞれ。

でも、YouTubeに比べればまだニコニコの方が面白い動画に到達できる率が高い。正直、YouTubeではどうやって動画を調べればいいのかわからない。それこそ、自分でキーワードを調べてこないといかんので。ま、それが逆にニコニコみたいに一つのネタに集中すると言うことを防いでいるような気もしますけどね。

そーいえばサーチエンジンもそうなのですが、「自分がしたいこと」を決めていないと使い物になりませんね。ま、そのためのサーチエンジンなのですが、「このジャンルのお勧め」みたいなサーチエンジンがあっても良いと思う。ニュースヘッドラインみたいな感じなのが自分用にカスタマイズできたらいいんだけど。結構、「なんとなく」インターネットをうろついている人は多いと思う。そういう人向けのサービス、出来たらたぶん人気が出ると思うんだけどなぁ。

情報の洪水の中、流されないための何かを考えていかなければいけないですね、インターネットは。それを考えると、google みたいなサーチエンジンはもはや「枯れて」しまっている。確かにgoogleは便利だ。けど、それはユーザーが能動的に「なにかをしたい」ときに便利なだけだ。「なんとなく」使っているときに便利なものだとは思わない。何か良いのを作れば、google の次を狙えそうな気がする。

でも、良いアイデアがないんだよなぁ。何となくヒントは頭の中にいくつかあるんだけど形ができあがらない。もう少しなんだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

ぼちぼちとな

EBt lite のエキスポート機能の実装完了。ふ、他愛もない。(1日かかりましたが)

次はインポート機能だ。今度の週末に実装が終わると良いなぁ。ま、今度は3連休なのでうまくいけば終わると思う。ついでだから、他にも小技機能をいくつか実装したいなぁ。となると、やはり公開は年末・年始のタイミングか。もしかしてまた今年も年越しデバッグ???

他にも、3連休はクリスマスイブがあるじゃないかって話も確かにある。でも、そんなの俺には関係ない!クリスマスイブに寒い部屋でデバッグをする。エンジニアの鏡ではないか!(嫌な鏡だなぁ)

春よ来い、早く来い、心くじけるクリスマス~

…さて、寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

EBt のエキスポート機能の方針がほぼ決まった

というわけで、EBt に実装するエキスポート機能の実装方針がほぼ決まりました。例によって私が実装するので取っつきにくい機能になるかもしれない。

簡単に言うと、エキスポート機能は、EBt のデータのサブセットを作る機能として実装します。エキスポートしたデータは、EBtのデータとして独立します。

更に

エキスポートしたデータに重ねて更にエキスポートできるようにします。

ま、重ねてエキスポートするときに同じメモがあったらリンクするとか出来ると更においしいのですが、そこまではちょっと無理 ^^; (やるかもしれないが)。ま、でも、重ねてエキスポートできればそれだけでも十分良いよね。

ここまで読むとむむ?と思う人がでるかもしれない。実は、エキスポート機能は、インポート機能とほとんど同じなのですよ。インポート機能は、カレントのEBtデータにデータを取り込む機能。エキスポート機能は、カレント以外のEBtデータにデータを取り込む(書き出す)機能。やることはほとんど同じ。

ま、同期機能といい、インポート/エキスポート機能といい、突っ走っているような気がしますが、ついてこれる人だけついてきてくれればいいです。この辺も、EBt の今後の機能追加の礎となる機能群。私の野望は、EBt を一つの端末に閉じたものではなく、もっと開いたものにすること。自分で作ったEBt のデータを公開できるようにすれば面白いし、最終的にはインターネット上にEBtのデータリンクが散らばることを目指しています。

と、わかるようなわからないような文章を書きつつ今日のメモは終わるのでした。EBtはまだまだ終わりませんぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

Qt/E のバグのおかげで

1日つぶれましたよ。ファイルI/Oが腐るのは致命的…

結局、ファイルI/Oをstdcライブラリに変更したら普通に動いた。ま、そんなもんだわな。メモリリーク系のバグだと思うが。

で、4000メモもあると、初回の同期にやたらと時間がかかります…ぶっちゃけ1時間以上。ま、2回目以降の同期は速いのでいいのですが、これはあきらめるしかないか。

で、早速 SL-A300用SDメモリーカードに同期データを作って、EBt データキャリア化完了。ま、キーボードがないと辛いのは事実だけど、ポケットに入るのがいい。

次はインポートとエキスポートだ。まだまだやることは多い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

EBt lite 0.4.0-1 できた

実は昨日半分徹夜で一気にコードを仕上げたので(仕事はどうした?)。今日デバッグも順調に進み、無事にEBt lite 0.4.0-1 ができあがりました。だがしかし、公開についてはちょっとばかし躊躇中。いや、公開しても良いんだけど、このあと引き続いて機能追加(インポート&エクスポート、全メモ検索)する予定なので、それが出来てから公開した方がめんどくさく無くって良いかなーと。

それはともかく

ぶっちゃけ、Zaurus 2台以上持っている人っています?で、2台のZaurusでEBtデータの同期をとりたい人っています?います?いたら EBt lite 0.4.0-1 公開します。いなければ、引き続き開発を続けて、インポート&エクスポートとかを実装した EBt lite 0.4.1-1(?)ぐらいが出来てから公開します。

おっと忘れていた。このバージョンからなにげに SL-A300正式対応しました。今の時点で普通にSL-A300でEBt lite動いてます。

いや、個人的には、SL-A300をEBt データキャリア化計画が実行できるのですごく便利なバージョンアップなのですが、そういう人は希ですよね、実際。

PS. 全力でプログラムを組むと、数日間、頭が何も考えられない状態になります。なので、今週末は次のバージョンアップの構想を練りつつ(ほとんど出来ているけど)、撮りだめたアニメを消費したいと思います。毎回こんな勢いでエネルギー使っていると寿命縮めそうですけど、SEなんてみんなそんなもんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/12/04

1日10分10行

こつこつと…

もちょっとペース上げたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »