« EBt の使い方(3)リンクを張ろう | トップページ | 今度はSymbian OSだ »

2007/09/22

民主主義らしくいこう

たまにまじめになるこの blog。今日はこの辺から勝負してみたい。

無許諾の音楽・映画 ネットで入手、自宅でも違法に

ま、早い話が「今無料で流通しているものすべてから金を取ろう」という話だ。もちろん、権利者が権利を主張することは自由だ。好きに主張してくれ。但し、その主張が受け入れられるかどうかは別の問題だ。

で、何が問題か?それは、一部権利者の主張を「法律」として全国民に押しつけようという姿勢だ。ほんの一握りの権利者の主張が「法律」として成立してしまう。これ、民主主義じゃないんじゃないの?国が良い方向に進もうが悪い方向に進もうが、それは「多数の国民の意思」として行われる。それが民主主義じゃなかったっけ?それがこのケースでは「多数の国民の意思」ではなく「少数の権利者の意志」(これは国民の総意ではない)を元に立法化されようとしている。由々しき問題だ。日本は民主主義国家ではなかったのか?間接民主主義だからしょうがないじゃないかと言われるかもしれないが、それは論点のすり替えだ。

他にもある。著作権の有効期間を延長しようという議論だ。これも、「少数の権利者の意志」を元に法を改正しようとする動きだ。権利者が権利を主張することは自由だ。けど、それを立法化するというのは話が別だ。

これらの背景について考えてみる。見えてくるのは、金。見苦しい話だ。もちろん、金は重要だ。資本主義経済、金を持ったものが勝ちだ。だから、金に群がるのもわかる。しかし、それがすべてというのは、人の心が荒んできたと感じずにはいられないのだ。

昔を考えてみる。「本歌取り」というのを習ったことがあると思うが覚えているだろうか。誰かが作った歌の一部を借用し、新しい歌を作るという事を称した言葉だ。昔の人は、心に余裕があったのだろう。むしろ、歌の一部が流用されることを喜んでいたのではないか。そう思う。一方、今の権利者はどうだろう。「本歌取り」をしたら「著作権侵害」として金銭を要求する。これは互いに刺激し合い、切磋琢磨するという方向とは全く逆の動きだ。悲しいことだ。

そもそも現在の権利者の主張、短期的には金銭が入って嬉しいかもしれないが、長期的には自分の首を絞めていることになる。何故か?それは、発展は先人の努力の上に成り立っているからだ。先人がいつまでも上に立ち、新たに挑もうとする者を排除する世界。それが発展するか否か。それは火を見るよりも明らかだろう。短期的には利益を得るかもしれないが、長期的には活力を失い、産業が衰退することになる。新人が育たない世界に未来はない。

そして、元に戻るが、そのような行為を「立法化」して「正当化」する。それがおかしいと思うわけだ。国、そして国民の利益にならないことを立法化しようとする。正直、日本という国を滅ぼしたいのか?と思わずにいられない。

我々に出来ることは何か?それは「意志」を主張することだ。おかしいと思っている人はいっぱいいると思う。そう思う人は出来るだけ主張して欲しい。たとえば私がしているように。今、インターネットは世論を形成する大きな力になっている。不満があれば大いに主張しよう。そして、それが力となり政治を動かすことが出来れば儲けものだ。

というわけで、今までもそうだったしこれからも私はこの blog で主張をしていきたいと思っている。数人でも良いから共感してくれる人がいれば、それでいい。

たまにまじめなことを書くと疲れるなぁ…

|

« EBt の使い方(3)リンクを張ろう | トップページ | 今度はSymbian OSだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/16528336

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義らしくいこう:

« EBt の使い方(3)リンクを張ろう | トップページ | 今度はSymbian OSだ »