« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

最低のF1日本グランプリ

ま、レース結果はいいや。ハミルトンおめでとう。

そうじゃなくって運営のほう。正直、来年も富士でやるかと思うと、F1に行く気がしない。いくらおもしろいレースが見えたとしても、あんな運営じゃあね…

まぁ、行った人は絶対に文句を言いたくなると言う、ある意味希有なイベントでしたな。トヨタは大金をかけて企業イメージを下げることに成功したわけだ。なかなかできることじゃない。さすがに1兆円も稼ぐ企業は考えることが違うぜ!

あーぁ、最低…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/29

手際が悪すぎるF1日本GP

ま、予想していたんだけどね。

F1の予選が終わって、それからしばらくの間サーキット内をうろうろして帰る予定だった。

しかし…

バス乗り場の列に到着したのが、16;40, バスに乗ることができたのは 20:00。その間3時間以上。小雨が降る中、休憩する場所も座る場所もなく、ただただ並び続けた。でも、まだ私はいい方だ。4時間以上待たされた人もいっぱいいるはずだ。

具体的な数字を言おう。私は今回三島駅との間のシャトルバスを利用したのだが、動員されたバスはたったの30台だったそうだ。バス1台で40人乗れるとして、三島駅との往復に2時間(実際にはもっとかかる)と仮定すると、時間あたりたったの600人しか運べないという計算になる。三島駅の利用者数は、3000人を余裕で超えていたように見えた。控えめに見積もって、3000人としても、全員を三島駅に運ぶためには5時間かかる。

正直、これは大失敗だろう。

来年もシャトルバスでしか行けないんだったら、もう富士でのF1には行かないかもしれない。

最低、最悪のF1予選日だった。

決勝もこんな調子だったら暴動が起きるぞ、本当に。こんな運営しかできない富士スピードウェイと、無理矢理鈴鹿から富士スピードウェイにF1開催地を移動させたトヨタに怒りを覚えずにはいられない。

最悪だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士スピードウェイでのF1日本GPの感想

(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

雑記(となりの801ちゃん)

このblogは、政治、経済、科学といった堅い話題から駄目な話まで幅広い守備範囲がモットーです。

で、今回は駄目な話。

最近、仕事がとみに忙しいのです。毎日VisioでUMLと格闘しつつクラスの設計書を仕上げ、返す刀でいろいろな雑務をこなし、家に帰る途中でラノベを読むという全方向攻撃の毎日を送っています。家に帰ったらインターネットラジオを聴きつつホームページを巡回(最近はニコニコ動画のおかげで所要時間が増えた)。毎日忙しくってたまりません。えぇ、自分が悪いんですけどね orz...

ま、自分がオタクであることを最近は隠していないのですが(諦めた)、会社にいる自称腐りかけ(主張はするべきです)の人とオタク話をしているときに、どう話が転んだのかは覚えていないが、あるマンガを借りることになった。

となりの801ちゃん(1~2巻、以下続刊)

…うわぁ。間違えていきなり2巻から読み始めてしまい、あまりのスピード感について行けなくなりそうになる。まて?と思って表紙を見直し、「あぁ、2巻だから仕方ないか」(どういう納得の仕方だろうか…)と思い1巻から読み直すことに。

読みながら玉砕すること何回か。いや、わたしゃ男だから801の方面はわかりませんが、痛さはわかりますよ、えぇ。わかりますとも、わかってしまいますよ(血の涙)。幸い、年に2回東京で開かれる祭典で買い物をしたことはないし(行ったことがあることは否定しない。初参加がサークル側だったことは人生における最大の反省点だと思う)、同人誌とも縁遠い生活を送っています。だがしかし、だからといって自分がアレゲな人間であることを否定するには弱すぎて…ぁぅぁぅぁぅぁぅ。

ま、東京に住んでたら完全に人間としてアウトだったでしょうね、いや全く。何度か有った人生の転機で東京に行きそうになったこともあったのですが、寸前でストップ。人生真っ逆さまにならないですんだのはありがたい話です。あぁ、でも落ちていくとしてもたぶん満面の笑みで落ちていくんだろうなぁ、自分。

そんなわけで久しぶりにアフィリエイトリンクを張ります。

正直、一般人にはそもそも何が面白いのかもわからないコミックです。それは断言します。ですが、あなたの心を蝕むオタクな一面が有れば、これはきっとあなたの心臓を深くえぐることでしょう。

駄目だと思っているあなた、そんなあなたにお勧めの2冊です。
(宣伝してるけど回し者じゃないよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/22

今度はSymbian OSだ

どんどん広がる EBt の世界。今度はSymbian OSだ。

で、私は動いている姿を見たことがないので紹介するだけしかできないのですが、気になる人はこのページをアクセスしてみてください。

すずき(lum)さんのページ

ここで公開されている Emaki というアプリケーションです。

ちなみに、紹介文によると「Zaurus 上のアプリケーションである、EBt, EBt lite のコンセプトを Symbian OS S60 3rd で走る Python へ移植したものです。」とのこと。

というわけで簡単な紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

民主主義らしくいこう

たまにまじめになるこの blog。今日はこの辺から勝負してみたい。

無許諾の音楽・映画 ネットで入手、自宅でも違法に

ま、早い話が「今無料で流通しているものすべてから金を取ろう」という話だ。もちろん、権利者が権利を主張することは自由だ。好きに主張してくれ。但し、その主張が受け入れられるかどうかは別の問題だ。

で、何が問題か?それは、一部権利者の主張を「法律」として全国民に押しつけようという姿勢だ。ほんの一握りの権利者の主張が「法律」として成立してしまう。これ、民主主義じゃないんじゃないの?国が良い方向に進もうが悪い方向に進もうが、それは「多数の国民の意思」として行われる。それが民主主義じゃなかったっけ?それがこのケースでは「多数の国民の意思」ではなく「少数の権利者の意志」(これは国民の総意ではない)を元に立法化されようとしている。由々しき問題だ。日本は民主主義国家ではなかったのか?間接民主主義だからしょうがないじゃないかと言われるかもしれないが、それは論点のすり替えだ。

他にもある。著作権の有効期間を延長しようという議論だ。これも、「少数の権利者の意志」を元に法を改正しようとする動きだ。権利者が権利を主張することは自由だ。けど、それを立法化するというのは話が別だ。

これらの背景について考えてみる。見えてくるのは、金。見苦しい話だ。もちろん、金は重要だ。資本主義経済、金を持ったものが勝ちだ。だから、金に群がるのもわかる。しかし、それがすべてというのは、人の心が荒んできたと感じずにはいられないのだ。

昔を考えてみる。「本歌取り」というのを習ったことがあると思うが覚えているだろうか。誰かが作った歌の一部を借用し、新しい歌を作るという事を称した言葉だ。昔の人は、心に余裕があったのだろう。むしろ、歌の一部が流用されることを喜んでいたのではないか。そう思う。一方、今の権利者はどうだろう。「本歌取り」をしたら「著作権侵害」として金銭を要求する。これは互いに刺激し合い、切磋琢磨するという方向とは全く逆の動きだ。悲しいことだ。

そもそも現在の権利者の主張、短期的には金銭が入って嬉しいかもしれないが、長期的には自分の首を絞めていることになる。何故か?それは、発展は先人の努力の上に成り立っているからだ。先人がいつまでも上に立ち、新たに挑もうとする者を排除する世界。それが発展するか否か。それは火を見るよりも明らかだろう。短期的には利益を得るかもしれないが、長期的には活力を失い、産業が衰退することになる。新人が育たない世界に未来はない。

そして、元に戻るが、そのような行為を「立法化」して「正当化」する。それがおかしいと思うわけだ。国、そして国民の利益にならないことを立法化しようとする。正直、日本という国を滅ぼしたいのか?と思わずにいられない。

我々に出来ることは何か?それは「意志」を主張することだ。おかしいと思っている人はいっぱいいると思う。そう思う人は出来るだけ主張して欲しい。たとえば私がしているように。今、インターネットは世論を形成する大きな力になっている。不満があれば大いに主張しよう。そして、それが力となり政治を動かすことが出来れば儲けものだ。

というわけで、今までもそうだったしこれからも私はこの blog で主張をしていきたいと思っている。数人でも良いから共感してくれる人がいれば、それでいい。

たまにまじめなことを書くと疲れるなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

EBt の使い方(3)リンクを張ろう

ちょっと間が空いてしまいましたが、EBt の使い方、その(3)です。今回はリンクの張り方の基本的なところを書いていきます。

さて、前回までの操作で、未分類メモにリンクしたたくさんのメモができているかと思います。とりあえず、そのうちにいくつか分類可能なメモが見つけられたらラッキー。今回はそのメモのリンクを色々といじります。

で、普通だったら関連するメモを分類していくわけですが、せっかくリンクをいう概念を導入しているんですから、ちょっと違う視点でリンクをふくらませていきましょう。

ここからちょっと頭を使います。というわけで、順を追って手順を書いていきます。

1)未分類メモの中にある似たようなことを書いているメモにアタリを付けます。二つであろうが三つであろうがいくつでもかまいません。

2)そのうち一番関連する二つのメモにリンクを張りましょう。どちらか片方のメモを表示した状態にして、次のメニューを実行します。「リンク」→「~から」→「リンク(ホームから)」を実行しましょう。すると、ダイアログウィンドウが開きます。

3)ダイアログウィンドウにホームメモ(未分類メモになっているはず)にリンクしているメモの一覧、そのとき選択状態になっているメモの内容とそのメモにリンクしているメモの一覧が表示されます。よくわからないと思うので、矢印キー(↑とか↓)を押してください。選択状態のメモの内容が右側に小さく表示されるのがわかると思います。

4)ダイアログウィンドウの動作がわかったら、2)で選んだもう片方のメモを矢印で選択しましょう。選択したら、「OK」ボタンを押します。

5)ダイアログが消えると、ツリーが再描画されるので注目してみましょう。2)で選んだメモにリンクしているメモとして4)で選んだメモが新しく追加されているはずです。これで、二つのメモの間にリンクが張られました。

6)似たようなメモがあれば、同じ手順でどんどんリンクしていってください。

さて、ここで問題。リンクを張ってなんの利点があるの?そう思う人が多いはずです。というわけで、簡単な利点を書いてみましょう。

利点その1)関連するメモを探さなくても直接たどることができる。ツリーで分類している場合は、ツリーをたどって目的のメモを探さないといけないのですが、直接リンクすることで探す手間が省けます。

利点その2)リンクは相互に張られる。というわけで、関連するメモをリンクする作業を繰り返すことで関連するメモが自動的に近い位置に配置されます。

EBt では、メモを探す行為は、関連するメモを渡り歩くことになります。ツリーをたどることとは微妙に感覚が変わるので要注意です。もちろん、メモの構成をツリーにしてしまえばツリーと同じ感覚でたどれます。

というわけで、今回はここまで。とりあえずリンクを増やして、関連するメモが簡単にたどれるようになる感覚を理解しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/09/14

EBt 今日のメモとリンク数

久しぶりに EBt のメモ数を数えましたよ。
結果。

メモの数:4009
リンクの数:36779

おー、とうとう4000メモ突破!長い道のりだった。次の目標は5000メモ。さすがに年内にあと1000メモは作れないと思うので、5000メモ達成は来年かぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

EBt lite 小さなバグを見つけました

EBt lite 0.3.1-1 を使っていて、ほんの小さなバグを見つけました。

小さすぎて直さなくても良いような気がするんだけど、とりあえず修正版を作ったので近々公開します。

ちなみにこんなバグ

・リンクが一つしかないメモで、リンクのクリップボードへの移動が出来てしまう。結果、リンクの無いメモができあがってしまう。こういうケースは全部ブロックしていたんだけど、クリップボードの時はすっかりやるのを忘れていたようで…

ま、まずこれで困ることはないと思いますので、今ある EBt lite を安心して使っていてくださいな。

今日はこの辺で!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トラックバックスパムの嵐

毎度のことですが、EBt を公開したことを通知した記事はアクセスが多いらしく大量のトラックバックスパムが届く。今日もついさっき10個ほど削除したところ。

なんというか、気分が萎えますな、こういうのは。

というわけで、EBt の使い方の第3回はもうちょっと待ってください。急がず焦らず10回ぐらいは続けようと思ってますので。

PS. それに加えて体調も悪いときたもんだ。夏バテからの復活はまだまだ先になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

EBt のひとりごと~だからBTRONじゃないって~

何せ名前自体がBTRONもどきみたいなものだから紛らわしいことこの上ないのですが、基本的に EBt と BTRON は無関係です。もちろん、アイデアは BTRON より拝借している部分があるので近いって言えば近いのですが、別にデータ互換があるわけでも無し。BTRON とは全く別のものだと思っていただいた方が混乱が無くて良いのです。

で、BTRON が悪いという気はありません。あれはアレで良かった。が、残念ながら万人に向いたソフトではなかったとおもいます。これは EBt でも言える話なのですが、何せBTRONは敷居が高いのです。使ってみればわかると思いますが、電房具といえるレベルではなかったと思う。しかも、BTRON を特徴付けている実身/仮身モデル。これを理解しなければ実質使えないというのはあまりにもハードルが高すぎでした。もちろん、これは理解して活用できる人にはすごく便利な概念です。ですが、残念ながら私には活用できなかった。何が悪かったんだろう。これが具体的に言えるのであれば私はきっともっとえらい人になっていたでしょう。でも、私はそんなに頭が良くないので、BTRONのこれが悪いと言うことは具体的に言えません。でも、使っていてなじめなかった。それは間違いのない事実です。

で、自分で理解できるレベルに落として、BTRON の概念を拝借したシステムを作った。それが EBt です。それでも EBt が難しいと言われるのは、単純に私の力不足です。

しかしなんで BTRON 使うのやめたのかなぁ。超漢字(BTRONの商品名です)も4まではバージョンアップを追いかけ続けてきたけど、5からは追いかけるのをやめてしまった。一番の違いは4の頃までは EBt が無かったけど、5が出た頃には EBt ができあがっていたので、あえて超漢字を使う必要が無くなったからかな。いつの間にか TRONWARE 買うのもやめたし、超漢字をインストールしたノートPCは、もう壊れて起動しなくなった。ノートPCが壊れたのは痛かったけど、超漢字が使えなくなることはそんなに痛くなかった。何でかな。もう超漢字に見切りを付けていたからかもしれない。

突然ですが、前の記事で書いた双方向リンクと単方向リンクの補足。html でも BTRON でも双方向リンクはつくれると思う方がいるかもしれませんが、どちらもユーザーがメンテナンスしてあげないと双方向リンクを維持することは出来ません。それが EBt との大きな違い。EBt は双方向リンクの維持をシステムが行っている。だから、ユーザーはリンクが双方向か単方向か気にしないで使うことが出来る。html や BTRON は、ユーザーが双方向リンクを気にしないといけない。双方向リンクの維持は意外と手間がかかり、ほんのちょっとのことでリンク関係が崩れてしまう。まぁ、双方向リンクが必要だと思わない人にとってはどうでもいい話だと思いますけどね。

なんか話が発散してきたから適当にまとめます。

EBt を使うとき、なにかにつけて BTRON を思い出す方がいるかと思いますが、それはやめた方が良いです。メモとリンクの関係が実身と仮身に似ているように見えるかもしれませんが、それはどちらにとっても不要な先入観を植え付けるだけであまりお勧めは出来ません。ずっと前のエントリにも書きましたが、全くの別物と思ってください。

追記)この辺の話をし始めると宗教論争みたいになってしまうので、BTRONに関係する記事はよっぽど思うことがない限りもう書きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

EBt の使い方(2)リンクを知ろう

わかっている人はわかっている。わからない人にはさっぱりわからない。でも、EBt を使う上で一番重要なもの。それがリンクです。

リンクについてのうんちくを語ると長くなるし入門には向かないので書きません(書きたいけど)。

というわけで、リンクの話です。

メモを作ったとき、なんか画面の左側のツリーが訳のわからない動きをするなーと思いませんでしたか?何表示しとんねん、訳わからん。そう思う人の方が多いはず。だって、左側に表示されているのは、ツリーではなくリンク情報というなじみの薄い概念だから。わからなくって当然です。

で、それをいきなり理解しようとするのは無理なので、ここは順を追って何となく理解した気持ちになりましょう。

では、前回作った「未分類」メモをツリーで選択してみましょう。前回の操作をしていれば Ctrl+H を押せば未分類メモが自動的に表示されます。

ツリーの一番上に「未分類」が表示されていますね?これが現在注目しているメモです。2行目以降にメモがいくつか表示されています。黙っていると「ルートメモ」「最近のメモ」があるはずです。他にも、前回作ったメモがいくつか表示されているかもしれません。これらツリーの下位にあるメモ、これが「未分類」メモにリンクしているメモの一覧です。

リンクしているの意味がわからん。そういう場合は、視覚的に考えましょう。リンクは、2つのメモがひもか何かでつながっているイメージです。

なんだかわからんけどメモが散乱している状況を想像しましょう。で、散乱しているメモの中に「未分類」メモがある。このメモは「ホームメモ」に設定されているためとても見つけやすい。で、そのメモをつかんで引っ張り上げたら、ひもでつながっているメモがずるずるとつながってたどれるようになる。そうやってたどれるメモが「未分類」メモに「リンク」されたメモです。

視覚的イメージではそんな感じ。

では元に戻りましょう。

カーソルキーでツリーをたどってみてください。とりあえず上下。すると、反転しているメモの内容が逐一画面の右側に表示されます。左右ボタンはリンクの概念がわかるまでは封印しておきましょう。基本、こんな感じで起点となるメモ(今回は「未分類」メモですね)と、それにリンクしているメモを眺めます。

眺めているだけでは物足りない。今回はリンクを理解するのが目的でしたよね。というわけで、「未分類」メモにリンクしている「ルートメモ」にカーソルを合わせて、Enter もしくは OK キーを押してみてください。

ツリーの表示が変わりましたね?Enter もしくは OK を押すと、そのときに見ていたメモを起点として、それにリンクしたメモが表示されるようになります。今回、ルートメモを選んだので、ルートメモと、それにリンクしている(ひもで結ばれている)メモが表示されるようになります。

さて、ここで注目すべき点があります。ルートメモにリンクしているメモの中に「未分類」メモがありますね?では、ちょっと記憶を元に戻してみましょう。「未分類」メモにリンクしているメモの中に「ルートメモ」がありましたよね?忘れた場合はもう一回同じ操作を繰り返してみましょう。

これが意味すること。「未分類」メモは「ルートメモ」にリンクしている。「ルートメモ」は「未分類」メモにリンクしている。つまり、「お互いに」関連づけられているわけです。視覚的なイメージで説明したとおり、「ルートメモ」をたどれば「未分類」メモが出てくる。逆もまたしかり。これが EBt のリンク構造です。ちょっと難しく言うと「双方向リンク」と言います。ちなみに、Webページのリンク、BTRONの仮身、これらは「単方向リンク」です。

「双方向リンク」と「単方向リンク」の違いは何か?それは簡単です。単方向リンクでは、「ルートメモ」から「未分類」メモにリンクを張っても、「未分類」メモから「ルートメモ」にリンクを張ったことになりません。一方、EBt の双方向リンクは、「ルートメモ」から「未分類」メモにリンクを張ると、自動的に「未分類」メモから「ルートメモ」にリンクが張られます。これが大きな違いです。

EBt は、あえて「双方向リンク」を選びました。その理由を説明すると長くなるので簡単に言えば、「ひもでつながっているメモは、どっちからでもたどれないと不自然でしょ?」という感じでしょうか。

こんな感じで、いろいろなメモを選んで Enter とか OK とか押してみましょう。ツリーはめまぐるしく変わりますが、基本は簡単。メモとメモのリンクが表示されているだけです。ツリーと思うから訳がわからなくなるのです。

今回はこれで終わり。しばらくはリンクをうろうろして何となく理解した気持ちになりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

EBt lite 0.3.1-1 を公開しました

EBt lite 0.3.1-1 を公開しました。

Version 0.3.1-1(2007/09/07)での修正内容は次の通りです。


  • ツリー画面でメモをCut&Copy&Pasteできるようになりました。
  • ショートカットキーを初期化する機能を作成しました。

9/7 公開と予告していましたが、まさか日付が変わったら即座に公開とは思わなかったでしょ?

今回のバージョンアップの恩恵を受けるためには、ショートカットキー定義ファイルを書き換える必要があります。自分用にカスタマイズしている人は、Cut&Copy&Paste のキー定義を追加してください。カスタマイズしていない人は、メニューのオプション→ショートカットキー初期化を実行してください。ツリー画面でショートカットキーが使えるようになります。

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.3.1-1_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.3.1-1_arm.ipk


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/06

EBt の使い方(1)メモを作ってみよう

EBt lite 0.3.1-1(バージョン番号ちょっとだけ変わりました)は 9/7 公開の予定です。一応準備は万端。しばしお待ちを。

で、そんなことをやる一方で、初心に帰って EBt の使い方を解説していこうかなーと思います。

てな訳で第1回。「EBt でメモを作ってみよう」というテーマで書いてみようと思います。

- - -

メモを作ってみよう

EBt、使いたくてもなんに使えばいいのかよくわからない人がいっぱいいると思います。しゃちほこばって構えるとメモなんて全然書けなくなってしまうので、気楽に構える、これが重要です。すると、いっぱいメモすることが見えてきます。来週やることの予定、持っている本、知人の電話番号、日記、などなど。長い間保存しておいた方が良いものから1週間で賞味期限が切れるものまで。それらの面倒をみるのが EBt の役目です。

EBt は、基本的には「どんなメモでも良いからどんどん溜め込んでいく」ことで、力を発揮します。たとえば来週やること。やってしまえば賞味期限切れのように思ってしまいますが、それをあえて蓄積していく。蓄積したメモはそのままだとやがて埋まってしまいます。

それを防ぐ仕組みが EBt のリンク機能です。関連項目をどんどんリンクしていくことで、情報が埋没することを防ぎ、あとから活用できるようになります。最初はよくわからないと思いますが、メモが溜まってくると、ある日突然、リンクしたメモが役に立つようになります。それまでの助走期間が長いこと、これが EBt の敷居が高い原因の一つだと思いますが、それは我慢してください。

リンク機能は使い始めは余り重要ではないのでこれぐらいにします。

さて、メモを書こうと思いました。じゃあどうしましょう。入門者におすすめなのが「未分類」メモを作り、そこにメモを溜め込んでいくことです。じゃあ、その手順について説明しましょう。

1)Ctrl+R もしくはメニューの「移動」→「ルートに移動」を実行して、ルートメモを表示してください。
2)Ctrl+N もしくはメニューの「ファイル」→「新規(子)」を実行してください。すると、メモを作成した日付のタイトルをもつからのメモができあがります。
3)メモのタイトルを「未分類」にします。メモ本文は何を書いても構いませんがとりあえず空白のままで良いでしょう。
4)メニューの「リンク」→「このメモをホームにする」を実行してください。すると、「未分類」メモが「ホームメモ」になります。ホームメモって何?と思うでしょうが、今は気にしないでください。

これで準備完了です。あとは、何か思いついたら次の手順で無造作にメモを溜め込んでください。

手順1)Ctrl-H もしくはメニューの「移動」→「ホームに移動」でホームメモに設定してある「未分類」メモを表示する。その後、Ctrl-N もしくはメニューの「ファイル」→「新規(子)」でメモを作る。
手順2)メニューの「ファイル」→「新規(ホームに)」でメモを作る。

一見、手順2の方が簡単に見えますが、手順1はCtrl-H, Ctrl-N と順番に入力するだけなので簡単さは良い勝負です。どちらでも良いのでわかりやすい方法でどうぞ。

新しいメモを作ったら、メモしたいことを本文に書きましょう。タイトルは、入力してもしなくてもどちらでも良いです。あとからいくらでも変えることが出来ますから焦ることはありません。

こんな事を続けていると、「未分類」メモにリンクしたメモが大量にできあがります。さて、これからどうしようか、という話になるのですが、それは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/04

EBt lite のキー設定ファイルを削除するのはめんどくさい

使っていて気がついた。

EBt lite のショートカットキー設定ファイルを削除する方法は、実はターミナルを開くかファイラを入れるしかない。Zaurus の標準機能では削除できない。ま、たいていの人はそれぐらい入れているとは思いますが、意外と入れていない人もいそうな気がする。

いけませんねこれは。というわけで、ショートカットキー設定ファイルが削除できるメニューを急遽新設しました。削除すると、次回起動時に EBt lite が勝手にキー設定ファイルを初期化するので、これで知らない人もショートカットキー設定ファイルが更新できます。これで大丈夫。

あとは、英語版の動作を確認して、公開用の source を作って…うぅ、先は長い。でもまぁ、今週末の公開は間違いなくできると思うのでご安心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

EBt lite 0.3.1-0 できた

あっさりと実装できてしまった。現在、私のザウルスでテスト中。ツリー中心に Cut&Copy&Paste 出来るようになったので、メモの整理がだいぶ効率化されました。

とはいえ、今回バージョンアップするだけではなく、キー設定ファイルを書き換えないといけないところがちょっと問題と言えば問題。わからない人は、キー設定ファイルを削除すれば良いんだけど、めんどくさい作業が発生することに変わりはない。うーん、これはちょっと設計に失敗したかなぁ。

ともあれ、今度の週末ぐらいには公開しますので、新バージョンが欲しい方はもう少しお待ちくださいませ。毎回英語版と source を公開することにしたんで公開の手間がかかるんですよ、これが。日本語版だけで良ければ明日にでも公開できるのですが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »