« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

鈴鹿8耐に行ってきました

Img_9092_2


ま、なんにせよヨシムラおめでとう!それにつきる30回記念大会でした。やはり、日本人はスプリントよりも耐久が好きなんだよ、きっと。ヨシムラの勝利がほぼ確定的になって、それから先、やはり色々とこみ上げてくるものがありましたよ、ええ。
ちなみに、写真は序盤で 2'09 を叩き出しながら争っていたヨシムラとホンダ。11号車のHRCは転倒で脱落しましたが、今年の8耐はスプリントか!と思わせる展開を見せていました。

で、そんなことばかりではなくもっとマニアックな話。今回の8耐はパワーと燃費のバランスの戦いであったとも言えるような気がする。勝利したヨシムラは7回ピットイン。一方、2位のホンダHRCは8回のピットイン。ここに決定的な燃費の違いがある。いくら速く走っても、ピットインでタイムを削られてしまうホンダ。ピットイン1回分というのは結構な差だ。まぁ、それを差し引いても今回はヨシムラの方が速かったわけですが。去年に続きワークスが勝利できなかったホンダは来年どうしてくるか、それがちょっと楽しみだったりします。

そーんな感慨にふけりながら、現在撮影した写真の整理中。P-5000が無いと整理する気にもならねー。不用意に8GBのメモリーカードを持ち歩くべきではありませんな。今から1000枚もチェックするかと思うときが遠くなります。

さて、明日からはしばらく発掘した写真を紹介していく blog になります。あぁ、先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

カメラの中に…(泣)

久しぶりに EOS20Dを除いてみたら、ファインダー内にうごめくモノが…

調べた結果、マットとプリズムの隙間にダニが入り込んだ模様。うぅぅぅぅ...orz....

というわけで、まぁ、ローパスフィルターにほこりも付いたことだし、掃除に出すか。うぅぅ。

鈴鹿サーキットでファインダーを覗いたときの衝撃は今も忘れません。うあぁぁ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

EBt lite 0.3.0-4 を公開しました

EBt lite 0.3.0-4 を公開しました。

Version 0.3.0-4(2007/07/25)での修正内容は次の通りです。


  • テキストファイルが壊れているとシステムダウンする問題を修正しました。

バージョンが飛んでいますが、細かいことは気にしないでください。ま、ホームページ見ればわかりますが…

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.3.0-4_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.3.0-4_arm.ipk


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

ぼちぼちとな

というわけで、練習がてらぼちぼちと TurboC++ でプログラムを書いています。とりあえず、1日1メソッドぐらいのペースでコーディング中。遅っ!で、コード中にもっと良いコードの書き方を見つけたりしてやり直し…ま、今は勉強なのでこういう事もよくあると言うことで。

しかし、ライブラリの構築というのが一番やっかいな作業ですな。まぁ、私のプログラミングスタイル自体が結構ボトムアップ指向なので、ある程度プログラムができあがらないと動作確認も出来ないというのが辛い。

ま、焦ってもしょうがないので(急ぐモノでもないし)、焦らず急がずゆっくりと進めていきます。公開できるのはいつの日か…(遠い目をする)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もえたん…

とりあえず、第1話を見た。…ここまで正直に狙っているというのは、なんちゅうか、突き抜けていてかえって好感が持てますな。アレゲな英文の勉強もできるし。あぁ、いんくの声は田村ゆかりですか。もうこういう系統の魔法少女は田村ゆかりで押さえは完璧なのだろうな。どーりで聞き覚えがあると思った。使い魔は小野坂昌也か。これも狙っているなぁ。

しかし、ここで一つ問題がある。ここまで明確に「狙った」アニメを受け入れるかどうかと言うこと。いや、受け入れる=DVDを買うなんだが。例によって放送中からDVDを発売しやがるしよぉ。

で、返す刀で2話を見た。なんだろう、大丈夫だろうか?そこはかとなく不安だ。大砲で目の前にある的を狙おうとしているのになぜか暴発してしまうんじゃないだろうか?そんな感じの不安がある。

良かれ悪しかれしばらく様子を見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

CDの山

いつもなんとかしないといかんよなぁと思っていることがある。CDのMP3化だ。なんで?と思う方はいっぱいいると思うが、なんのことはない。ポータブルCDプレーヤーを持っていないからだ。PCに付いているCDドライブで聴けばいいじゃんという話もあるが、聴いているあいだCD/DVDドライブがつぶされてしまうのであまりやりたくない。あと、PC使うときはCDじゃなくってインターネットラジオを聴いてしまうのでなおさらだ。

で、久しぶりにCDのMP3化をやっている。とりあえず今日取り込んだのが10枚。これを変換して、更にID3タグをつけるのかと思うとちょっと嫌になる。

なんというか、こういう作業って無駄だなと思う。とはいえ、CDというメディアが廃れるとは思わない。SuperCD, DVD-Audio。CDの次の世代の規格が軒並み壊滅状態と言うことを考えるとCDの天下はまだまだ続くと思う。ということは、CDを買って、MP3変換という地道な作業を続けることになるわけだ。

もちろん、色々便利なツールがある。たとえば、iTunes とか SonicStage とかを使えば、CDDB から楽曲情報を取り込んで自動的にタグを設定してくれる。が、それらのソフトはどれもお仕着せで個人的にはかゆいところに手が届かないから嫌だ。

なんだろうなぁ、と思う。積み上がっている100枚ぐらいのCDを見ると、何となく暗澹とした気分になるんだよなぁ。CD買うペースにMP3化するペースが追いついていないのは、買いすぎる私がいけないんだろうか。ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

最近の悲しかったこと

コンプエースの表紙テレカが応募者全員サービスから抽選になったこと。もう入手不可かぁ…

しかし、雑誌のアンケートとかで「一番気に入ったコマは何ページの何コマ目?」とかいう質問があるのだが、枠からはみ出す絵ばっかりでページ番号が印刷されていないページだらけ、ページ番号を探そうとしたら20ページぐらい前から順番に数えないといけないという現状はどう考えているんだろうか?てな感じで、最近は読者プレゼントの応募をあまりしていないのであった。

ふぅ。時間が欲しいぜ。

※今日の記事も単なる独り言で意味はありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

全然酷道じゃないじゃん(R418)

インターネットでのリサーチによるとかなりの酷道という噂だった R418。走ってきました。ちなみに、走行区間は下伊那郡阿南町(道の駅、信州新野千石平)~平谷~恵那市上矢作町。

全然酷道じゃない。なんというか、国道とは思えない道幅の区間こそあれ、普通に整備された道でした。残念。やはり、酷道好きな人間は、トンネルでバイパスされて使われなくなった旧道を走るしか無いのかぁ~

今回、売木峠をバイパスする売木トンネルを通ったが、やはりここは旧道を走ってきつい峠道を満喫するべきであったか。

変に偏った事書いてますけど、変な嗜好の人間の戯れ言なのであまり気にしないでください。ほっとけば治ります。いつものことです。

あと500km走ったらオイル交換だ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

今更ながら「夜明け前より瑠璃色な」

足かけ数ヶ月、ようやくクリアしました。夜明け前より瑠璃色な(PC,当然18禁版なのはひ・み・つ)。

ゲームをやるのが遅い?いや、基本的に全部の台詞をちゃんと読んでいるからプレーに時間がかかるのと、他にやることが山ほどあるのでプレーが遅くってしょーがないというだけの話だな。気がつけば、コミックは最終回を迎え、物議を醸したアニメも終了。なんていうか、取り残されてますか、私。

まぁいい。

ストーリー的に考えればかなり良い方。これよりもつまらない小説なんかごろごろしている。ぶっちゃけ、「H無くした方が良いストーリーになるんでねーの?」という気もした。まぁ、H無くしたら途端に売れなくなると思うので仕方がないのだが…。

良かったとはいえ、色々進行上理不尽な展開をする箇所もちらほら。そこでそういうこと言う奴はいねーよとか思わず突っ込みたくなったりもする。ストーリーを進行させるために無茶したな?まぁ、それも仕方がないだろう。そういう細かいところは目をつむっておくべきなのだろう、うん。

まぁ、個人的にはタイトルの「夜明け前より瑠璃色な」の意味が最後の最後でわかるというありがちではあるがそれなりに凝った演出が気に入った。正直、複線張ってもほったらかしにする話とか、なんというか投げやりな話が多くなってきている中、それなりにストーリーができあがっているのは良いことだ。問題は、「そのストーリーを見るためには全員攻略してからでなければ駄目」という妙な縛りだろうか。まぁ、確かに最後に取っておきたいというのはわからんでもないが、おかげでプレー時間が長くなること長くなること。ま、最後のシナリオやるためには全員攻略しておかないと背景がわからないとか色々あるのでしょうがないかもしれないが。

あと、ゲームといっても選択肢が影響することはほとんどない。いわゆるビジュアルノベルですね。ま、理不尽な選択肢と戦いながら、バットエンドを何度も繰り返した果てでなければエンディングが見られないというのは勘弁して欲しいので、選択肢が少ないのは良かった。ま、選択肢でストーリーが分かれていくのを楽しむというゲームもあるといえばあるのだが、この作品にはそれは似合わないだろう。

というわけで、一応全年齢向けの PS2 版のリンクを張っておく。何故かまだ amazon で限定版を売っていた。みんな PC版で満足しちゃったのかなぁ…

声が付いてなくても良いんだったら、素直に小説買った方が良いかもしれない。ま、その辺はお好みでどうぞ。ゲームなんて安い買い物じゃないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

敵はWin32APIにあり

欲しい機能がどこにあるのかわからん、どうなっとるんだ?Win32APIは。VCLじゃあ所詮GUIしかいじれないので、かゆいところに手の届くプログラムを書こうとするとWin32を直接呼び出さねばならんのだが、さすがに参考文献なしでは太刀打ちが出来ない…

というわけで、明日大須まで参考文献を漁りに行こうと思う。こういう出費がバカにならないんだよな。ま、好きでやっていることだからあまりとやかくは言いませんが。なんというか、文献にまみれるという生活を地で送ることになるんだよな、こういう事を繰り返していると。あと、応用の利かない英語力も身につく。英語のインストールマニュアルとかは読めるんだけど、普通の英文が読めやしねー。なんだろうね、もう。

なんというか、こういう作業はめんどくさくていかんですな。多分、調べたいことが簡単にわかるマニュアルってのが作れたら商売になると思うんだけどな、本当に。ま、そういうことをやるのも EBt の役目ではあるのだが。うきぃ。

ちなみに、開発機(LibrettoL5)では遅くてヘルプシステムが使い物になりませぬ。うぅ、やはり Crusoe には荷が重すぎるか。どこか開発で使えるバッテリーの長持ちするノートPCを出してくれぇ。1280x600 以上あれば文句言わないから。というか、横1280は死守。こんな事言ってるからいつまでたっても L5 なんだよな、自分。あうぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷道418号

いつも気になっている国道がある。国道418号線。いつも「通行止め」の表示があってチャレンジを諦めている道。いつか通ってやろうと思っている道。

ふと思いついてインターネットで調べてみた。想像した以上の酷道だった。路肩が崩壊して既に走れないという情報もある。どうなのだろう。

あぁ、こういう情報を見ると「セロー買っておくべきだった」とか思う。いや、いわゆる酷道マニアでは無いのだが、走っている途中で「ここどこだよ、おい」と思う道は結構好きだ。そんな道を好んで走るから道に迷うという話もあるわけだが…

そしておもう。3連休にわざわざやってくる台風のことを。台風のバカぁ。

※今日の記事にはオチも何もありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

みつけてしまった

あー、ちなみに私は今の EBt で稼ごうとは思っていないし、移植、クローンの作成などを規制するつもりも全くありません。みなさん、自由にやってください。

以上をふまえて…

google で2つのキーワード「EBt」「mac」で検索をかけてみてください。そしてそこで見つかるページを開いてみてください。そこに怪しげなスクリーンショットが。

いやはや、こうやって増殖していく姿を見ると、作者冥利に尽きますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

あぁ、書き忘れていた

EBt lite にインクワープロ的な機能を実装すると昔書いたのですが、あれ、頓挫しています。

理由は簡単で、Qt のマルチスレッドライブラリが Zaurus の Qt/E で使えないからです orz...

マルチスレッド前提の設計してたから、使えない時点でアウト。うむぅ。ま、たまにはそういうこともあるよ、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりごと

分散EBt を作る前に、ちょっと練習でプログラムを組もうと思っています。ま、私が作ると言うことで、どんなプログラムになるかは推して知るべし。(ちょっと意味深)

でも、期待しちゃ駄目ですよ。TurboC++でそれなりの規模のプログラム作るのは初めてなんで。

公言すると本当に作らないといけなくなるので、途中で挫折することも考えあえてぼかして書きました。色々実験的な要素も入れて作るので、もしかしたら雰囲気変わるかもしれないし。

何度も書きますが期待しちゃ駄目ですよ。いや、誰も期待してないと思うんですが、一応、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アホなユーザーインターフェース

こういうアホなインターフェースを実装してはいけないなと思ったので自戒の念を含めてここに書く。自分が作るときはこういうものは作らないようにしないとな。

1)何かある度にポップアップが表示され、消えるまでしばらく画面が隠される。仕方がないので消そうとするが、消す「×」ボタンを押し損ねると何かやたらと内部処理をしたあげくに無駄なウィンドウが表示される。(そうだよ、Windows の右下で表示されてうざいポップアップのことだよ)

2)ユーザーが知らないうちにシステムを再起動する。(そうだよ、Windows Update のことだよ)

3)インストールしたら再起動が必須なのに、インストール前にそれを通知しないこと。(こういうソフトが多くて正直困る。)

4)定期的にアップデートをチェックするが、通信方法が設定できないため、定期的にエラーが発生してうざい。(Logicool の SetPoint だよ)

5)定期的にアップデートのチェックをするが、それがいつ行われるかわからない。キャンセルすると、次のアップデートのチェックがいつ呼び出されるのかわからない。(だよな、iTunes)

6)自動アップデートの機能があるくせに、アップデートのチェックをすると Web ページが開いて手動でアップデートをさせる(同じ機能ぐらい統合しろよ、iTunes)

さしあたってこれぐらいだろうか。一番困るのは Windows Update だな。自動アップデートにしておかないと Norton が怒るくせに、自動アップデートに設定するといつ再起動がかかるかわからない怖い PC になってしまう。昔、1週間ぐらいかかる計算をさせていたことがあるんだけど、その途中で Windows Update が勝手に起動、勝手に Update、勝手に再起動という動作をしてくれて計算がパーになったことがある(怒)。それ以来、Windows Update は手動にしているのだが、今度は起動する度に Norton にシステムに問題があると怒られるように。そうだよ、システムに問題があるよ。Windows にな。もう勘弁してくれよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/05

今が一番大変なアイデア出しの段階

現在、分散EBt(名前は決まっていないので色々変わります)のアイデア出しをしています。ま、TurboC++でGUIが簡単にできることがわかったので、これから先はサーバーが分散した環境での EBt の動作を色々と検討します。ごてごて機能をつけようかと思って検討を続けていたのですが、やはり EBt の初心に戻ってシンプルに行こうかと現在悩み中。ぶっちゃけ、スタンドアローンで良いんだったら簡単にできてしまうのですが、それじゃ単純に Windows に移植しただけになっちゃうからなー。マルチウィンドウで複数のメモを同時に表示させながら色々と操作するとかそんなんで良いんだったらあっさり出来ちゃうんだよなぁ。さすが VCL は強力だ。あ、でもスタンドアローンでしか動かないEBtを作るつもりはないので期待しちゃ駄目ですよ。

で、ただいま Zaurus の EBt にアイデア蓄積中。思考が発散してしまうので、時々初心に戻って昔のメモを見直したり色々。あと活用しているのがページ単位で切り離せるメモ帳(紙です)。とにかく思いついたアイデアをメモ帳に書き出し(すぐに書かないと忘れる)、EBt に転記したものから順番にメモ帳から切り離す。転記するのが大変だけど、紙のメモ帳ですぐに発散しそうなアイデアをまとめる自信がないんです。それに、そもそもこういうのをまとめる作業こそ EBt の本領ですしね。

ここまで書いて読み返してみる。…さすがに頭の中まとまってないだけあって文章もまとまってませんね。

要約します。

●分散EBt の設計中です。
●紙のメモと EBt を組み合わせてアイデア出ししてます。

これだけか。ま、こんなモンですね。

α版とか年内に出来ればいいなーぐらいに思っています。出来るかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

がっかりだよ…ギャラクシーエンジェる~ん

ようやく見終わりました。ギャラクシーエンジェる~ん。

え、打ち切りですか?って感じの終わり方だった。今までのギャラクシーエンジェルは何とかそれなりの体裁を保って終わっていたのに、今回はどうなのよ。ひどいんじゃないの?ちょっと。こりゃ無いぜセニョリータって感じでもう…。そういえば、こいこい7の最終回に「今回で放送が終了します」というテロップがわざわざ出るというのを見たのだが、今回も同じだったよ。テレビ局も困ったんだろうなー。どう考えても終わりそうじゃないのに終わるって言うのは。

終わり駄目ならすべて駄目。というわけで、ギャラクシーエンジェる~んの個人的評価は2点(10点満点)です。ちなみに、2点のうち1点はオープニング。1点は前半ののりの良さです。後半はもう駄目。13話パワーが保たないあたり、昔に比べて質が落ちましたね、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

他人には絶対見せられない amazon のおすすめ

amazon で商品を探しながら色々と徘徊すること、きっと皆さんやったことがあると思う。で、そこでの徘徊履歴が amazon に蓄積され、「あなたへのおすすめ」に反映される。

んで、今日「あなたへのおすすめ」に表示された商品。どきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付き

これが勧められるようなことをしたのか俺は orz...

本当によく思うのだが、一度反省した方が良いと思う。こんなのがおすすめに出てくるなんて完全に駄目人間じゃんか…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »