« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

TurboC++をダウンロードした!

というわけで、今回はやる気十分!さっそく Borland から TurboC++ をダウンロードしてきました。いや、Delphi でも良いんだけど、やっぱり慣れ親しんでいる C++ の方が良いかなーと思って。昔、趣味だから Delphi でとか言っていた舌の根も乾かないうちにこれですよ、困ったモンですね私は。

んで、なーんで TurboC++ なの? VisualC++でいーじゃんという皆さんもいっぱいいると思います。が、正直、「仕事でVC++(というかVisualStudio)使っていてうんざりしている」のと、Delphi で VCL の便利さにはまったことがあるので、やっぱり Borland でしょ!と思ったわけですよ。

問題は開発機。例によって Libretto L5 を開発機にしようと思っているのですが、空きが 2GB ぐらいしかない。うあぁ。インストールしたら空き容量が1GB ぐらいになりそうだ。どうしよう。意味もなくGoogleEarth とかインストールしてるから削除するしかないか。うーん、まぁ開発専用機にしないといけないからここは涙をのむか。

そういえば、Century から CFをストライピングで3つ重ねて 2.5inchHDD(IDE)にするアダプター発売したなぁ。HDD入れ替えて完全SSD化しようかな~。でも、CPUがCrusoe だから速くしてもしょうがないんだよなぁ…

LibrettoL5 に代わるノートPCが出てないのが一番の問題だな。キーボードで選ぶとでかくなるし、サイズで選ぶと駄目駄目なPCになる。バッテリーで選ぶとやっぱりサイズがでかくなる。ベストバランスがL5。こいつに大容量バッテリーつければ5時間ぐらいは余裕で使える。これ重要。個人的な意見だけど。だって、ファミレスに籠もってコーディングとかするでしょ?(私だけ?)、だとコンセント使えないのでバッテリー駆動時間が重要になるのですよ。でも問題はCPU。メモリ増やしても泣けるほど遅い。CMSが間に入っているからしょうがないんだけど悲しいなぁ。

などなど、愚痴とも何ともつかないことを書きつつ今日の blog は終わるのであった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/27

いろいろと

何となく色々と書きます。エントリーばらばらにするのもナンだったので。

●EBt lite
しばし積極的なアップデートはやめようかと思っています。でも、開発中止というわけではありません。むかしこの blog でも書いたことのある EBt サーバー化計画の方を本格的に始めるので、そちらに注力しようと思っている訳です。で、多分それは Zaurus では動きません。規模が大きく、常時ネット接続を前提としたソフトになるので。ま、α版が出来たら公開すると思うので、そのときは使ってやってくださいませ。EBt の世界、Zaurus で閉じるのはもったいないので。

●EBt lite もう少し
EBt lite は GPL ライセンスのソフトなので、source は希望者がいたら公開するスタンスでいたのですが、全く希望者があらわれませんでした ^^; 。まぁ、それはそれで良いかとか思いますが、開発が一区切りつくので、近日中にホームページに公開しようかと思っています。ニーズがあるのかどうかは不明ですが。

●滅多に書かない仕事のこと
なんとなく、この blog を読んでいると、「こいつ、仕事がうまくいっていないんだろうなー」と思う方も多いのではないかと思うのですが、全くもってその通りです。今日も上司との間でトラブル…正直、今の仕事を続けるのは辛いですね。でも、色々と事情があるので辞めるわけにもいかず(病気とかね…)。とはいえ、多分、どこかで今の会社と決別するときがくるんだろうな。問題はタイミングか。

●減量中
夕食を今までの半分に減らすというかなり荒療治なダイエットを始めました。今体重が70kg弱と正直肥満気味なので、それを60kgまで減らすのが当面の目標。夏で食欲が落ちた隙に乗じてダイエットが成功しないかなー。

●もうすぐ10万ヒット
この blog を始めたときには想像もつかなかったペースでカウンターが進んでいます。うへー、マジですか?という感じ。明日には10万越えそう。皆様、いつもありがとうございます。

●blog に書き忘れましたが
バイクの世界に復活することにしました。買ったバイクは HONDA の VTR250。まだ納車時期すら未定ですが…。しかし、しぶとく V-Twin エンジンにこだわる私は、ある意味偏執狂といえよう。だって、シングルはパンチ力ないし、直4はなめらかすぎて嫌なんだもーん。エンジンの鼓動感とかパワーの出方とか考えると2気筒に落ち着くんだよなー。あー、マニアックなこと書いている。ま、マニアは自分の世界に浸かるのが好きなので、放置していただいて一向に構いません。

●何はともあれ
こんごともお見知りおきを。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/25

EBt lite マルチスレッド化顛末

いや、コードはほとんど書いたんですよ。で、コンパイルしたら何故か動かない。コパイルエラーとか調べて解決したのだが、どうしても解決できない問題が。

libqt-mt をリンクしろと言いますか。該当するライブラリがないんですけど orz...

もしかして、Zaurus についている Qt/E はマルチスレッド対応していませんか?そうですか?そうですよね、きっと。なんというか、すさまじく悲しい気分になって今日は寝ます。

PS. QThread とか QSemaphore とか使う方法について、何か情報があったら教えてください。ぁぅぁぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/23

失敗するかもしれないけど

なーんとなく EBt lite 0.3.0-2 で入れたキャッシュのスピードがいまいちだったので、「やっぱり先読みするしかないか」と思っていたりします。

で、今 Qt のライブラリを調べていたのですが、まぁ、やって出来ないではない感じ。実装しようかな~。でも、メモリの効率が悪くなるんだよな~。どっちが良いんだろう。

悩むなら、実装しよう、ホトトギス。

明日あたりがんばってみるかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

これがいわゆるオークション詐欺?

オークション詐欺と思われる mail が届いていた。
-----------------------------------------------------------------------
はじめまして、ヤフーオークションで、 <ひ・み・つ> を出品していた <ひ・み・つ> と申します。 実は第一落札者の方とご購入いただけることを前提に連絡を何度かとらせていただいていたのですが、第一落札者様ご自身の都合で落札件をキャンセルしてほしいということになってしまいました。 ただ悪い評価がつくのを気になさっておりまして、第一落札者様のほうからのご提案で他の落札者の方と入札金額の差額分とオークションシステム使用料は第一落札者様が出来る限り、ご負担いただけるとのご提案を頂きました。 第一落札者様の都合でのキャンセルなのですが、私自身メールや電話で話させていただいた中でその方自体は悪気があったとは考えられませんでした。 きちんと誠意ある態度での対応をしていただいてますし、ましてや差額分などのご負担もいただけるとのことですので他の入札者の方と連絡を取りお取引を進めさせて頂こうと思い、にこちらのヤフーメールのアドレスにメールを送らせて頂きました、もしメールをご覧になられ、購入をお考えでありましたら、ご連絡いただけませんでしょうか。 他の入札者のかたにも連絡させていただいておりますので今回は連絡が先にとれた方・金額に関係なく迅速に対応して頂ける方にお譲りしたいと思っております。 商品の金額は先ほども書かせていただいておりますように差額分は第一落札者が負担するするとの事ですので、入札金額の <ひ・み・つ> 円 でお譲りしたいと思います。 ですが、迅速に対応頂けるようでしたら金額は応相談にて決定したいと思います。出来る限りご希望に添える金額になれるよう努力致しますので、前向きに考えて下されば幸いです。 尚突然のキャンセルだったためこちらも急ぎですので取引方法はご入金を確認後の翌日の発送という形を取らせて頂きますのでご理解頂けるかたのみお返事をお待ちしております。 確実で迅速なスムーズなお取引をさせていただけたらと思います。  突然のメールで困惑されたかもしれませんが、ご検討のほどいただきましてお返事いただけたらと思います。 それでは御検討の上良いお返事をお待ちしております。

また当方仕事用のアドレスですので返信は

<ひ・み・つ>
上記に御願いします。
またヤフーメールとの相性が悪く迷惑メールフォルダーに届く場合もございますので24時間以内に当方から返信がなければ再度メールでのご連絡を御願いします。受信ボックス以外に迷惑メールフォルダーに届いている場合もございます。
------------------------------------------------
まぁ、こういううさんくさいのは相手にしないようにしているんだけど(しかも、google で調べたら同じ文面でいっぱい送られてきていることもわかった)、ついうっかり返信でも使用ものならだまされてしまうおそれもあるので注意しましょう。

あー、危ない危ない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/22

EBt lite 0.3.0-2 を公開しました

EBt lite 0.3.0-1 を公開しました。

Version 0.3.0-2(2007/06/21)での修正内容は次の通りです。


  • キャッシュの対応漏れを修正しました。

一部対応漏れがありましたので修正。これで大丈夫なはず!

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.3.0-2_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.3.0-2_arm.ipk


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/06/21

ちょいまち

キャッシュの対応が甘かった。一部 Title キャッシュが無効になってる場所があったので急いで修正中。日付が変わる頃に 0.3.0-2 をリリースするのでもうちょっと待ってて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt lite 0.3.0-1 を公開しました

EBt lite 0.3.0-1 を公開しました。

Version 0.3.0-1(2007/06/21)での修正内容は次の通りです。


  • キャッシュを少々改良しました。前よりも少し速くなった筈です。劇的な効果は見られませんでしたが…

キャッシュを改良しました。今までは、ファイル単位でのキャッシュしかありませんでしたが、今回の改良でメモタイトル専用のキャッシュを追加しました。キャッシュの浪費が少なくなり、メモリの利用効率が向上しているはずです。ま、私のみたいにリンクが数百あるメモがある場合は、Qtの遅さがすべてを相殺してしまい、あまり効果がありませんけど…

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.3.0-1_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.3.0-1_arm.ipk


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/20

会社から帰るときに思いついた

なんとなく、らき☆すたのもってけ!セーラー服を聴いていたらこんなのを思いついた。タイトルは決めてないので、やっつけ!PG職でも、なんでも良いです。

------------
転職3回 もう駄目ってことかい、ちょ?
派遣でPG そりゃ不利って事ない?ぷん!
がんばっちゃう でもやっちゃう
そうすりゃもうすぐリリースよ
汗、汗、納品を過ぎれば私はフリー

バグが出る 直してる 直らない
あれ!リーダー帰ってるんるん
仕様書のバージョンが 上がってる
いいかげんにしなさい!
やめてったあいつは 壊れてた
だっていわゆる普通の ノイローゼ
おどろいた? わたしだけ?
ぽんこつ やりにげ 仕返し だだだだだ~

(仕様書、仕様書はどこですか?仕様書がないと私…)

どんどん キーボード
Let's get 目一杯
じゃんじゃん サビ残
You got 深夜勤
はーい 残念感
ぜんぜん 凶悪性

バグあって 再出荷 呆然
同時に 2つだ 支援なし

もっていけ 結局 おいしいのは 元請けだけ
最下層 だからです 畜生

締め切り前 なのに うごいてない どうしよう
バグ付きで 出してやる そりゃいい

納品3回 それ駄目って言うんじゃ?やん!
がんばって!はりきって!
再納品納品 ループ
------------

さーて、EBt lite のコーディングでも続けるか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

EBt lite 高速化に関するアイデアその2

やっぱり非互換はいかんよなぁ。というわけで、非互換以外で EBt を高速化するアイデアをちょいと考えてみました。ま、結論的には、タイトル専用のキャッシュを作るしかないでしょ?ということで、そっち方向で検討してみようと思います。ちなみに、手書きメモの方は全く進んでいないので、キャッシュ関連の実装に浮気しても全く問題はない。ま、実装していないこと自体どうなのよ?という話もありますがそれは訊かないでください。

まぁ、メモを網羅的にアクセスすることは検索の時ぐらいで、普段の使用では参照するメモは局所的になっている筈という前提があるわけですが。常時1000以上のメモをランダムにアクセスするなんてすごい人はいませんよね?ね?ね?

さて、久しぶりに(おい)、EBt lite の source をいじるかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/06/18

おたくの娘さん

久しぶりにレビューです。今日読み終わったのが、この本。「おたくの娘さん」。現在2巻まで発売中。ドラゴンエイジで連載をしているらしい。しかも人気があまりないらしい。ま、このマンガが絶大な人気を誇るようになっては世も末だと思うが…

というわけで、久しぶりにアフィリエイトリンクを張ってみました。楽天やめて amazon に変更。何で amazon ?多分、詐欺を平気でやる店を登録させておきながら、何も責任を感じているそぶりを見せないところが嫌だからかな。気になる人は google で、「楽天市場」と「秋葉原OG商会」あたりをキーワードに検索してみよう。「楽天市場」「詐欺」でもいいよ。

あー、話がずれた。話を戻そう。タイトルからわかるとおり、おたくが主人公だ。私も自分がおたくであることを認めるし、正直自分の部屋をおたくでない人に見られたらと思うとぞっとする。で、そんな状態で、突然子持ちになってしまったらどうなるか?親としておたくというのは受け入れられるのか?等々、おたくの生き方に一石を投じる作品になっている。

嘘です。そんな重たい作品ではありません。手放しでお勧めとかそういうことは全くありません。でも、おたくとして、突然娘が押しかけてくると言うあり得ないシチュエーションを楽しませてもらった。そうだよなー、娘におたくグッズは見せられないよなー。抱き枕とかフィギュアとか。そりゃ娘にだって懇願するよ。でも、フィギュアにも抱き枕にも手を出していない、同人作家でもない私はまだこいつに比べればセーフか。

※部屋を占拠する山のようなアニメDVDがある時点でアウトだと思うが

というわけでお勧め度。自分がおたくだと思ったら反省するために読んでみましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

ペプシ冷たいキュウリ

暑~とか思いながらコンビニに入った。やっぱりポカリスエットかな~とか思いながら適当に商品棚を見ていたら見つけた。話を聞いたときに、「ペプシ勇気あるなー」と思った商品が。

これ。ペプシアイスキューカンバー。

1

ま、昔から珍しい飲み物を見つけたら必ず飲むようにしていた私。当然購入してみたわけだが…あー、何とも微妙な商品ですな、これは。まずくはない。でもなんだろう。もう一度飲みたいともなかなか思わないんだよなー。

なんにせよ、こういう商品は一期一会。見たときに買って飲まないと二度と飲めなくなります。そもそもこれ自体期間限定らしいし。

というわけで、皆さん、なくなる前に是非飲みましょう。この商品、先は短いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

EBt 高速化

動きがもっさりしているのが気になる EBt ですが、実はこのもっさりをある程度解消するアイデアがあったりします。あるにはあるのですが、但し、「非互換」になります。

さて、どうしたものか。

非互換にしてでも高速性を追求するべきか。あー、それと、この高速化をすると「セーブが遅くなる」という弊害もあるんですよね…。

非互換問題も、新フォーマットへの一方通行のデータ変換でしたら EBt の動いている裏でこっそりと出来るんだけど。たま~に Ruby 版とか使いたくなる人には困った話ですよねー。

非互換だしなーとか思うとなかなか実装に踏み切れないのでした。要望が多ければ実装することにやぶさかではないのですが、Ruby 版から保ってきた互換性を崩すのはなかなか踏み切れないんだよなぁ。

うーん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/13

正義の味方の孤独

何となく思いついたので書いてみました。感想などありましたらお気軽にコメントどうぞ。


 僕が彼を最初に見かけたのは、学校帰りに通る河川敷でのことだった。やたらといい体格の人が、やたらとしょぼくれた後ろ姿で釣り糸を垂れているのを不思議に思った。平日の昼間から何をやっているんだろうこの人は。そんなことを思ったような気がする。
 そのうちに、彼が毎日同じ位置で同じように釣り糸を垂れているのに気がついた。毎日、抜け殻のようになって釣り糸を垂れる姿。いったい彼はどういう人なのだろう。そんな疑問がわいた。別に貧しい格好をしているわけではない。むしろ、河川敷で釣り糸を垂れるにしては良すぎる格好というのが気になった。だから、学校帰りについその人に声をかけてしまった。
「こんにちは。」
 彼は数秒間かけてゆっくりと僕の方を向いた。自分に声をかけてくる人がいるとは思っていなかったのだろうか。驚いたような顔をしていた。
「毎日ここで釣りをしているんですね。」
 彼に警戒されただろうか。そんなことを考えながら僕は言葉を続けた。
「君は?」
 彼はかなりやつれていた。別に栄養が不足しているとかそういう感じではなく、生気が感じられない、そう見えた。 
「この近くの高校に通っています。毎日、帰りがけにここを通るので。」
 僕に投げかけられた疑問の答えとしては間違っているかもしれないなと思った。
「高校生か。君には夢があるか?」
「夢ですか?」
 突然の問いにどう答えて良いのかわからなかった。
「具体的な夢はちょっと。」
「そうか。でも、夢を持たない方が良いかもしれないな。」
 彼の声はとても寂しそうだった。
「あなたは何か夢があるんですか?」
 失礼かもしれない。でも、彼の言葉が気になってしまい、ついつい訊いてしまった。
「私の夢か。今はもうなくなってしまったな。」
 彼は釣り竿を上げた。針の先にはエサがついたままだ。隣に置いてあるバケツは空。どうやら1匹も釣れていないらしい。
 エサがついていることを確認した彼は、また釣り竿を川に垂らした。
「君、正義の味方をどう思う?」
 突然だった。僕はこの質問にどう答えて良いかわからなかった。
「私は、正義の味方だった。」
 いきなりの台詞。彼は何を言っているのだろうか。
「悪の組織と戦っていた。命をかけて。」
 この人はどこかおかしいんじゃないのか?僕は少し話しかけたことを後悔した。
「あぁ、そうだな。正義の味方は一般人には知られていないんだったな。」
 彼は小さく笑った。何に対して笑ったんだろうか。
「よくわからないだろうけど、悪の組織と戦う正義の味方がいた。それが私だったんだ。」
 彼はぽつりぽつりと話し始めた。
「日々悪の組織の繰り出す怪人と戦い、傷だらけになりながら暮らしていた。苦しかった。でも、充実していた。命の危険と隣り合わせの生活だったが、自分が戦うことで正義が守られる。命の危険に対する見返りとしてはそれだけで十分だった。」
 幸い時間がある。僕はもう少し彼の話を聞こうと思った。
「でも、今は充実しているようには見えませんね。」
「あぁ。悪の組織が壊滅したからな。」
 よくわからなかった。悪の組織が壊滅したことは良いことだと思う。でも、彼はそうとは思っていないようだった。
「悪の組織が壊滅したら、正義の味方はどうなると思う?」
「よくわかりません。」
 彼の発した問いに、僕は答えられなかった。
「そうか。わからないか。」
 彼は大きなため息をついた。
「失業するんだ。」
「失業?」
 正義の味方とはつながらないその言葉に、僕はオウム返しするので精一杯だった。
「あぁ。失業だ。正義の味方は悪の組織に対抗するためにある。悪の組織がある間は、予算も下りる。でも、悪の組織がなくなったら、予算を正当化する理由がなくなる。」
 いきなり泥臭い話になってきた。
「その結果が、リストラだ。もう、正義の味方はいらないから、再就職先を探せといわれた。」
 僕は呆然と彼の話を聞くことしかできなかった。
「でも、正義の味方しか取り柄のない私にどんな仕事が出来る?私も色々と探した。でも、不景気の世の中、正義の味方をしていましたといううさんくさい男を雇ってくれるところなんかどこにもない。私はなんのために戦ってきたんだろうね。」
 かける言葉が見あたらなかった。
「正義の味方をしているとき、私には恋人がいたんだ。彼女は秘密基地のオペレーターをしていた。職場恋愛だな。悪の組織がいた間、彼女とはうまくいっていたんだ。悪の組織を壊滅させたとき、彼女はとても喜んでくれた。おめでとう、よく頑張ったわね…ってね。でも、それから彼女との関係はどんどん悪くなっていった。悪の組織がなくなり、退屈になった日々。そして、私だけではなく、彼女もリストラの対象になったんだ。」
 正義の味方とはとても思えない話の展開に、僕はなすすべもなかった。
「『あなたから正義の味方を取ったら何も残らないのね。』これが彼女の別れの言葉だった。いつまでたっても就職先の決まらない私に愛想を尽かしたんだろうな。悲しかったけど、心のどこかでしょうがないと思っていた。自分が抜け殻になっていることがわかっていたんだろうね、きっと。そして、彼女は田舎に帰っていった。風の噂で聞いたところによると、田舎でお見合いをしたそうだ。申し分のない相手だったそうだ。来年、挙式をするらしい。」
 元正義の味方は肩を落とした。
「所詮、光と影は対になるもの。影がなくなれば光の意味もなくなる。そして、私は光ることを忘れてしまった。壊れた電球みたいなもんだ。」
 彼は釣り竿をたたみ始めた。手元に残っていたエサを川に投げ、すっくと立ち上がった。
「つまらない話をしたね。」
「い、いえ。」
 つまらないというかとんでもない話だった。
「正義の味方の話は秘密だ。守秘義務というのがあってね。下手に話したら命が危ない。だから、君は単なる失業者の愚痴を聞いた、そう思っていてくれ。」
 彼はバケツに釣り具を無造作に放り込み、歩き出した。
「君は私のようになるなよ。まだ若い。」
 僕はそんな彼の後ろ姿を黙って見送った。彼はこれからどんな暮らしをするのだろうか。興味はあったが怖くて訊くことが出来なかった。

 その日以来、河川敷で釣りをする彼の姿は見えなくなった。就職先が見つかったのだろうか。それとも、守秘義務とかいうものを破って追われる身になったのだろうか。
 彼も、また、悪の組織の犠牲者だったんだろう。僕は、彼の幸せを祈らずにはいられなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のEBtメモ数とか

ひさーしぶりにEBt の話。

毎日順調にメモ数が増えている EBt ですが、今日の時点でこれだけのデータサイズになっていました。

メモ数:3667
リンク数:33730

増えたなぁ。既に手放せなくなっています。いろいろなデータ、メモ、日記等全部 EBt に放り込んでいます。ToDoの管理もEBt。次の目標は5000メモです。今のペースだとあと1年ぐらいかかるかなー。EBt のデータ蓄積を始めたのが 2004/10/30。1日3メモぐらいのペースかぁ。多いのか少ないのかよくわからないが、まぁ、こんなもんだろう。

でも、冷静に考えたら 3667ページにわたるメモって紙に換算したらすごいことになりますよね。このメモを紙で管理していたらと考えると…無理ですな。完璧に管理しきれなくなってしまいますね。

さて、このリンクによるメモの管理方法が、あとどれぐらい耐えるのか。それが当面の興味ですね。5000ぐらいまでは多分大丈夫という感触は持っています。5けたの大台に乗ったあたりで一度見直してみるかな。1万でも問題なく使えていれば多分当面困ることはないと思うんだけど。

しかし、こんな勢いでメモ蓄積している人、他にいるかなぁ?いたらコメントください。気が向いたときで構わないんで。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007/06/06

よくやったApple, 文化庁は謙虚に受け止めろ

つい先日 JASRAC について文句を書いたところなのだが、こんなニュースがあった。

アップル、文化庁を激しく非難--「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」

ま、Apple のいっていることは至極全うであり、ここまでいわれるということは、逆に今までJASRAC/文化庁がどれだけむちゃくちゃなことを言ってきたかということでもある。

一応政府の公式ページにAppleのくだんの意見は載っている。気になる人は、知的財産推進計画2007あたりを見て欲しい。で、実は現在の著作権のあり方に対して文句を言っているのは Apple だけではない。Apple 以外にも今の著作権行政に異議を唱えているところは山ほどある。暇がある人は、とりあえずこのページの団体からの意見を見て欲しい。おまえら意見を集めただけで聞く気なんて全くないだろうという雰囲気がありありで非常に不快になるページ(というかpdf)だから、見ていて嫌になること請け合いだが。

Apple の意見がどれだけ効くかは疑問だが、何故か国内にはごり押しするくせに海外からの圧力には弱い日本。Apple には、是非ともアメリカ政府に働きかけて日本の歪んだ著作権の現状を是正するきっかけを作って欲しい。

ついでに、地デジのコピーワンスにも働きかけて欲しいな。アレのおかげで地デジに切り替える気がしない。これも、外圧で何とかなりませんか?地デジのコピーワンスも将来的に見ればテレビ放送の衰退につながると思うんだけどなー。やっぱり、欲の皮が突っ張った奴が旗を振っているとろくな事になりませんよ。

しかし、外圧に頼らないと行けないというのが情けないですな。何で国民の声は政治に届かないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

FORZA motorsport 2

買いましたよ。ええ。で、早速オークション会場に行く。おぉ、いろいろなペイントの車が出品されている。しかも高い…買えねぇよ。画才のない私はとにかくレースでポイントを稼ぐしか道はないのか。職人さんがうらやましい。

ま、そんなことはともかく、レースゲームとしては、十分に楽しめるレベル。というか、GT4 より面白かった。なんだろう、この感覚は。初代GTの時のような気がする。走っていて面白い。

そして、おまけ機能のオークション機能がいい。なんといっても、「痛車を集める」というのが走る動機付けになる。オークションで落札し損ねた痛車の恨みをレースにぶつけてまたオークションに臨むという、ある意味不健全なループが繰り広げられる。そんなことをしている間にレースの腕は上達して、ポイントが大量に稼げるようになり…と無限ループを繰り返すわけだ。

しかし、アイマスといい FORZA2 といい、なんとなく Microsoft は最近のオタク心がわかっているような気がする。ま、脇道にそれて痛車を集めるもよし、痛車のオークションで金を稼ぐのもよし、初心に返ってレースに打ち込むもよし。

うむ、いいゲームだよ、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »