« 意外なところに在庫があるもんだ | トップページ | F1悲喜こもごも »

2007/04/24

無駄とはなんだろうか

今日は無駄について考えてみます。ちなみに辞書的な意味としての無駄ではありません。無駄について色々と書いてみます。というわけで、意味のない文章なので暇な方だけお読みください。


無駄。有り体に言えばやっても意味のないこと。しかし、具体的な事例それぞれに対して無駄であるかそうでないかを判断することは意外と難しい。たとえば、嗜好品を楽しむこと。これは無駄なのかそうでないのか。これは難しい。私はたばこを吸わないのでわからないが、たばこを吸わない人にとっては無駄にしか思えないその行為も、たばこを吸う人にとっては意味のある行為だろう。私はコーヒーを毎日大量に飲むが、これも意味があるのかどうか、実際の所よくわからない。

しかし、無駄な事が出来ると言うことは、それだけゆとりがあるということだと考えることも出来る。嗜好品なんかまさしくこれに該当する。とはいえ、たばこやコーヒーは仕事という現実から逃避するとも考えることが出来るのでゆとりとは言い難いかもしれないが。

ちょっと範囲を広げてみよう。

趣味も極論すれば無駄といえる。本を買って読むこと。それが役に立つものならばともかく、小説や雑誌など役に立つものとは言い難い。もちろん話のネタになったり色々役に立つという意見もあるだろうが、読まなくても生きていく上で支障がないと考えると無駄だろう。他にもプラモデル、カラオケ、DVD等々。無駄なものはいっぱいある。

しかし、無駄なものは無くすべきものではない。冷静に考えれば、我々の生活は無駄なもので満ちあふれており、その無駄に囲まれて生きていくことが幸せ、そんな気がするのだ。

もうすぐゴールデンウィーク。休めない人も多々いるだろうが、多くの人が休むことが出来る数少ない機会だ。私は、その休みを無駄に過ごしたいと思う。わざわざ行楽地に行って無駄に時間を過ごすのも良い。何もしないで無駄に時間を過ごすのも良い。あぁ、この blog も無駄の典型だ。

無駄を無駄として楽しめる、そんな心のゆとりが欲しい。

|

« 意外なところに在庫があるもんだ | トップページ | F1悲喜こもごも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/14837586

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄とはなんだろうか:

« 意外なところに在庫があるもんだ | トップページ | F1悲喜こもごも »