« たまには昔話をしよう | トップページ | ある意味予想通り »

2007/04/01

弱い自分

フリーソフトを作っていたりすると、良いこともあれば悪いこともある。というわけで、今回はそんな話をします。

昔の話だが、X68000用にソフトを作って公開していたことがあった。名前は ispr。ま、録画・再生・ノンリニア編集の出来るソフトのはしりだと思えば良いだろう。ま、そんなにたいしたソフトではない。今にして思えば。でも、当時の自分としては出来る限りの技術を詰め込んだソフトだった。当然、愛着もあるし、かなり精力的に更新も繰り返していた。そのソフトを作っていたとき、割と肯定的な反応をたくさんいただいた。それは励みになっていたし、それがあったからこそ色々とソフトの更新も出来た。ソフトを通じていろいろな人とも出会うことが出来たし、作るのが楽しくて仕方がなかった。

でも、その当時の自分は世の中の厳しさ、冷たさを知らない若造だった。もしかしたら、自分にとって心地よいコメントを聞いていたので調子に乗っていたのかもしれない。そして、ある時ショックを受けることがあった。既に具体的にどういうことだったかは覚えていない。ただ、「あの糞ソフト」「あんなのは捨てだ」という類のことを言われたことを覚えている。そのとき、調子に乗っていた自分がいきなり谷底に突き落とされたような気分がした。精神的なダメージは相当に大きかった。

もちろん、今にして思えばそういわれても仕方ないと思う。所詮その程度のソフトだ。マイクロソフトのOSでさえ糞だのゴミだの言われ続けているのだ。その辺に転がっている若造の作るソフトに批判が起きないわけはない。でも、自分のソフト開発に対するモチベーションが削られたことに間違いはない。もちろん、悪い批判をバネに更に良いソフトを作るためのモチベーションに転換すればよい話だ。わかっている。でも、それが出来なかった。若かったのだろう。やがて、開発に対する熱意は消えていき、次のバージョンのコーディングも始めていたのに、いつの間にか開発はフェードアウト。ソフトを通じて知り合った人たちとも疎遠となり、フリーソフトの開発をしなくなった。

自分は弱かったのだろう。

そして、時がたち、自分はまたフリーソフトの世界に帰ってきた。

今度の自分は強いだろうか、弱いだろうか。まだ、わからない。

※今回もノンフィクションです

|

« たまには昔話をしよう | トップページ | ある意味予想通り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/14476403

この記事へのトラックバック一覧です: 弱い自分:

« たまには昔話をしよう | トップページ | ある意味予想通り »