« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/29

Vista は並んで買うようなモンじゃないと思う

なんか、30日きっかりに Windows Vista の深夜販売をやるところがいっぱいあるらしく、しかもそれに並んでいる人もそれなりにいるらしく。

個人的には「マイクロソフトの初物に手を出す」というのが理解できない。XP も SP2 になるまでばたばたしてたし(しかも SP があたるたびにアップデートに失敗しててんやわんやという話がいっぱい)。だいたい、Vista の利点がわからない。不必要に CPU も Memory も HDD も要求するようになってなんじゃこりゃって感じ。確かに見た目は良いけど OS ってそんな視点で選ぶモンじゃないと思う。そりゃ、Ready Boost とか色々と新しい技術はいっぱい投入されているけど、ねぇ。これがあるから Vista じゃなきゃやだ!というものが見あたらないのだ。目に付くのは OS がリソース馬鹿食いするという現実だけ…これじゃあ買う気になんかならないよ。

ちゅうか、ごてごてした GUI なんか無くて良いからメモリもCPUもそんなにいらない軽快な Windows が欲しいなぁ。何とかならんかの~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/23

詰め替え式カップ麺

今まで食べたあとにもったいないな~と思っていたカップ麺の容器。これが使い捨てじゃなくなるというある意味画期的な商品が日清食品から発売になるらしい。毎度毎度インスタント食品を食べては「容器がもったいないよなぁ」と思っていた身としてはこういう製品は大歓迎なのでどんどん出して欲しいと思う。

先陣を切るのはカップヌードル。これが好評だったらきっと他社も追随してくるだろう。逆に昔あったペットボトルの詰め替え用ジュースのように廃れていくかもしれない。でも、今回は廃れないで欲しいなぁ。

個人的な希望。

カップ麺よりもカップ焼きそばを食べる機会の方が多いので、次はUFOの容器も対応するということで一つよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

パケ死

姉が携帯で遊びたいというので貸した。3時間ぐらい遊んでいた。で、今日電話代の請求が来た。パケット代12000円 orz...

普段携帯を使わないから(会社が持ち込み禁止なので)パケット定額に入っていなかったんだが、今日ばっかりは入っておくべきだったと後悔。あと、不用意に人に貸すものではないですね。あうぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/15

うあぁ

Wiiかっちまったよ…

深く反省中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/12

虹の色は何色?

虹の色は七色だと昔は信じていました。ですが、この色の区分、文化圏によって結構バラバラらしいという話をだいぶ前に聞いたことがあります。4色だったり6色だったりとか。冷静に考えてみれば、日本で「紫」と言っても、英語に直すと「Purple」だったり「violet」だったり。早い話が言葉が1対1対応していないわけですね。ま、これは珍しい話ではないのですが。

ということを考えると、思うことが多々あるわけです。文化が違うと言うことは、常識が通用しないと言うことなんだよなーと。こっちでは当然と思っていることが、向こうでは全然そうではないということが普通にある。それぞれの人が背負っている背景が違うのだから、誤解があるのも当然といえば当然。

でも、だからといって「違う文化を否定する」のはよくないと思うわけです。それは自分が相手を否定するケースもあればその逆もしかり。自分を捨ててまで他の文化になじめとはいいませんが、他の文化を理解し、許容する寛容性とかそういうものを持たないといけないと思うわけです。片方だけではなくお互いに。

最近、いろいろなニュースを見てこんなことを考えていたりしました。ま、こういうことが言えるのはゆとりがあるからなのかもしれないですけどね。一人分しかないご飯を二人で分け合って共倒れするか、一人殺して一人が生き残るか。そういう状態になったら寛容性なんて言ってられないから。

何が言いたいのかよくわからなくなってきたので簡単にまとめます。

世界にゆとりが無くなってきた。そんな気がしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

PS3立ち上げ失敗を見て思う

大方の予想通り、立ち上げに大失敗して目も当てられない状態の PS3 ですが、これについて身勝手に書きたいことを書いてみたいと思います。

●Bru-ray の立ち上げは荷が重かった
 正直、Bru-ray の立ち上げを PS3 に任せるというのは荷が重かったと思う。PS2 で DVD 市場の立ち上げに貢献したからその夢をもう一度ということだったんだろうけど、早々世の中甘くはない。大体、PS2の時は、すでにDVDプレーヤーは市場に大量に存在していたし、PS2 が貢献したのは DVDプレーヤーの低価格化であって、DVD市場の立ち上げに貢献したわけではない。PS2が出たおかげで、PS2よりも高いDVDプレーヤーが淘汰され、安いDVDプレーヤーが市場に出てくるようになっただけの話だ。
 一方 Bru-ray はどうだろう。まだ規格争いが混沌とし、一般消費者は買い控えをしている。そもそも、DVDみたいに普通のテレビにつなげばきれいな映像が見えるというわけではなく、きれいな映像を見るためには高価なハイビジョン対応テレビを買わなければならない。
 消費者の観点から見るとこうだ。

・PS2(DVD)の時
 テレビ:そのままでOK
 DVDプレーヤー:2万円台

・PS3(Bru-ray)のとき
 テレビ:買い換えが必要(30~50万円)※というか買い換えないとBru-ray の意味がない
 Bru-rayプレーヤー:6万円(PS3の値段)

 簡単に言おう。支出金額が10倍も違う。この状態でホイホイ買う人間はそうそういないだろう。更に言えば、VHSからDVDへの移行はメリットがいっぱいあったが、DVDからBru-rayへの移行は高画質化ぐらいしか目に見えるメリットがない。高画質化のメリットを享受するためにはテレビなど周辺機器への投資も必須になる。高画質は確かにすばらしいが、それに見合う対価としては高すぎるのだ。
 大体、いつまでたってもハイビジョンが普及しない理由はなんだ?大方の人は今の画質で満足しているに他ならないからだと思う。大体、ハイビジョンを実感できるテレビは必然的に大型テレビになるわけだが、そんなにでかいテレビを置く場所があるか?胸を張って言うが家にはない。

●ゲーム機としての魅力がない
 PSからPS2のときは確実に「進化した」という実感があった。新しいハードで動くソフトはとても魅力的に見えた。だがしかし、PS2からPS3になると途端に変わってくる。「絵が綺麗になった」以外にな~んにも魅力がないのだ。あと、PS2でたいていの人は気づいたと思うが「遊んでいるときに実は画質はほとんど気にならない」。綺麗な絵は雑誌の紹介記事では映えるが、ゲーム性とは全く違うベクトルに存在するものだと思うのがどうだろうか。だから、Wiiは売れてPS3は売れない。ゲームに求めるのは楽しめること、それだと思うわけだ。綺麗な画面のゲームというだけではもう売れないのですよ。そんなのはPS2で十分に味わった。

●意味もなくハイスペック
 次世代規格てんこ盛りのインターフェースを搭載しているが、それを実際に活用できる環境が実は全然普及していない。未だにほとんどの家庭はせいぜいあってS端子程度だと思う。なのに、PS3はそんな一般家庭は無視して sony が描く理想的な家庭(最新鋭の家電をそろえている)を前提にしているような気がする。
 長期的な視野で見れば、PS3のハイスペックは必要なものなのだろう。だが、今、そんなものはいらない。5年後を見た仕様なのかもしれないけど、足元も見なくっちゃね。


ま、PSPでUMDの市場立ち上げに失敗したのにPS3でBru-rayの市場立ち上げがうまくいくと思っているあたり sony は甘いですね。ま、これでケチが付いて sony の屋台骨が揺らがないことを祈っています。Walkman ブランドも地に落ちたし、PlayStation ブランドも PS3 で駄目。本気でやばいと思いますよ、sony。

乱文におつきあいいただきありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/01/10

地上波デジタル普及のためにして欲しいこと

2011年の到来が身近になってきた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。2011年といえば、そう。アナログ地上波停波の年です。ま、スケジュール通りに進まないとは思っていますが…

で、現在デジタル地上波の普及の障害になっている問題は大きく分けて3つ。

1)B-CASカードによる暗号化(B-CASカードが発行される基準が不明確かつ厳しい)
2)コピーワンス
3)現行アナログ地上波受信機の寿命がまだまだ来ない

だと思います。一方、なぜか大人気のワンセグ放送。これ、1)の制限がないんですよね。2)の制限がどうなのかはわかりませんが…。早い話が、B-CASカードが商品投入の障壁になっているし、実際それのおかげで普及に足枷がはめられている訳なんですよ。

んで、こんなことを考えました。地上波デジタルは13セグメントの帯域を使っていて、そのうちの4セグメントを1単位として1局につき3つのチャンネルを持っているわけです。んで、残りの1セグメントを使ってワンセグ放送をしている。しかしここで大きな疑問。1つの放送局で3チャンネル分の帯域は不要でしょ?でしょ?なので、こうしてしまいましょう。

1)ハイビジョン放送は1局あたり2チャンネル分(8セグメント)とする。これはハイビジョンの「プレミア映像」的な位置づけにする。なので、B-CASとかコピーワンスの制限付けたければガンガン付けてください。

2)現在の地上波相当の画質だったら、2セグメントで実現できると思う。なので、1)と同じ放送内容で、画質を落とした放送を2チャンネル分放送する。これで4セグメントを使用する。あと、こっちは「低画質」なので B-CAS もコピーワンスも付けない。(どうなんだろう?480Pぐらいの放送はできると思うんだが…直感だけど)

3)最後に従来通り1セグメントを利用した放送をワンセグとして放送する。

市販するチューナーは大きく次の3つに分ける。

高級品:1,2の受信ができる(B-CASカード必須)
普及品:2の受信ができる(B-CASカード不要)
移動体:3の受信ができる

ぶっちゃけ、現時点でハイビジョン放送されても録画する手段もろくにないので(DVDでは容量足りないしね)、低解像度でDVDに録画できるサイズのデータ量に抑えた放送は必須だと思います(録画装置で再エンコードすりゃあ低解像度にできるが…)。ま、業界側は2011年までにHD-DVDかBrue-Ray が普及する(させる)という算段があるのでしょうが、「そんなの無理」なので、絵に描いた餅を前提に計画を立てるのはやめにしていただきたい。

※ところで、地上波デジタルに移行した暁には現在のDVD-Rの巨大な市場が崩壊するのですが(その多くはテレビ録画に使われていると予測)その辺はどう考えているんでしょうね?お偉い方々は。より利益率の高い次世代規格市場が立ち上がることを期待しているのでしょうけど世の中そんなに甘くありませんぜ、旦那。

というか、これぐらい思い切った事しないと地上波デジタルの普及なんか無理でっせ。ちゅうか、現状を無視した政策をごり押しするのはやめてくれ。たのむから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/08

EBt lite 0.2.0-1 を公開しました

EBt lite 0.2.0-1 を公開しました。

Version 0.2.0-1(2007/01/08)での修正内容は次の通りです。

  • 英語版を作成しました

英語対応をしたので、これで晴れて Ruby版 EBt の置き換えができるようになります。しかし、これからは英語版も同時リリースになるのかぁ…大変だなぁ。

ダウンロードはこちらからどうぞ

日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.2.0-1_arm.ipk

英語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite-en_0.2.0-1_arm.ipk

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/07

EBt lite 英語化完了

できるときに一気にやってしまおう!

というわけで、EBt lite の英語化が完了しました。明日ぐらいに Version 0.2.0-1 として公開します。

本当は Qtopia の国際化に倣ってやりたかったのですが、Qtopia の野郎がそれを許してくれない…。ま、いろいろな問題がありまして、国際化は独自のルーチンを使ってやっています。めんどくさかった。

ま、それはそれとして、これで多分全世界に10人ぐらいいるであろう日本語圏以外のユーザーさんも EBt lite が使えるようになります。Version 1.0.0-1 もそろそろ見えてきたかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

正月休みがぁ~

EBt lite の作業で正月休みが終わってしまったぁ…

なんでだろう、好きなことをやっているはずなのに涙が流れるよ

それはともかく、現在、EBt lite の英語化をしていたりします。Qtopiaの多国語化関係機能がうまく動かなかったので多国語対応のコードは自前…。あんな中途半端な多国語対応すんなよ>Qt。んで、バージョンは 0.2.0-1 になります。近日公開予定。ここんとこすごい勢いでバージョンアップしているなぁ。というか、仕事しているときよりもモチベージョンが高いから密度が濃い(笑)。

実は、とある事情で仕事を干されていて給料とかボーナスとかすごいことになっているのですよ(年収がピークに比べて4割は減った)。おかげで仕事やる気が全然起きない(泣笑)。だから EBt にパワーを注いでいる訳なのです orz...

ちなみに、EBt のリリース密度と仕事してない加減は見事に比例しています。む?ということはこれからしばらくはEBtのリリースが続くということか!(嘘)

さて、コンパイルが終わったから英語化のテストだぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/05

EBt lite 0.1.0-4 を公開しました

EBt lite 0.1.0-4 を公開しました。

Version 0.1.0-4(2007/01/05)での修正内容は次の通りです。


  • 画像取り込みで挙動が怪しいという報告があったので怪しそうなところを修正しました(つもり)。こちらの環境では再現しないので治ったかどうかはわかりません…。

私の環境で再現しないのでそもそもこの修正で治るのかは疑問なのですが…ま、とりあえず現象から想像できる怪しい箇所を直しておきました。

ダウンロードはこちらからどうぞ:日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.1.0-4_arm.ipk


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/02

EBt lite 0.1.0-3 を公開しました

EBt lite 0.1.0-3 を公開しました。

Version 0.1.0-3(2007/01/02)での修正内容は次の通りです。


  • リンクメニュー以下の項目を見直しました。挙動が不評だったのでその対応です。リンク関係の機能が1階層深い位置に移動しています。

個人的にはほったらかしにしておこうと思っていたのですが(ずっと前から知っていたし)、いちいちバグじゃないことを説明するのがめんどくさくなったので修正しました。メニューの階層が深くなるので操作の手数が増えますが我慢してください。

ダウンロードはこちらからどうぞ:日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.1.0-3_arm.ipk

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/01

謹賀新年

新年の挨拶よりも前に、2回も EBt をリリースするあたり、この blog の性格が出ていますね…

というわけで、新年です。明けてしまいました。年が変わったといって何が変わるわけでもないのですが。

一年の計は元旦にありと言います。今年の元旦は何をしていた?EBt のデバッグをしていました…。ま、私の1年なんて所詮そんなもんです。

こんな奴が書いている blog ですが、今年も一年よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt lite 0.1.0-2 を公開しました

EBt lite 0.1.0-2 を公開しました。

Version 0.1.0-2(2007/01/01)での修正内容は次の通りです。


  • 新規(画像取り込み)で、2バイト文字を使用したファイルを指定したときに正しく動作しないケースがあったのでそれを修正しました

新年早々の不具合修正です。今年はこんな1年になるんだろうか…

例によって不具合などありましたら遠慮なくどうぞ。叱咤激励、その他諸々もお気軽にどうぞ。

ダウンロードはこちらからどうぞ:日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.1.0-2_arm.ipk

| | コメント (6) | トラックバック (0)

EBt lite 0.1.0-1 を公開しました

EBt lite 0.1.0-1 を公開しました。

Version 0.1.0-1(2007/01/01)での修正内容は次の通りです。


  • 新規(空画像)機能でメモを作成してもイメージノートが起動しないようにしました
  • その代わり、EBt lite 上で直接画像メモが修正できるようにしました

このバージョンで Ruby版EBt よりも多機能化したため晴れて二桁目が1になりました。なーんか他にも追加しないといけない機能があるような気がするのですが、さしあたって思いつかないのでまぁいいか。

例によって不具合などありましたら遠慮なくどうぞ。叱咤激励、その他諸々もお気軽にどうぞ。

ダウンロードはこちらからどうぞ:日本語版: http://www001.upp.so-net.ne.jp/tokada/SL-C700/ebtlite_0.1.0-1_arm.ipk

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »