« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/29

粗悪品

ついでだからもう一つ書こう。

NiMH 乾電池、何を使っているだろうか?最近は eneloop に統一しつつある。自己放電が少なくなるだけでこんなにも使いやすくなるのか?と今まで使っていた NiMH 電池を捨てたくなる気分だ。

一方、大して使っていないのにもう使えない電池が出始めているメーカーがある。Nexcell 社の NiMH 電池だ。最初は「容量の割に安い」と買ったのだが…専用充電器でないとろくに充電できないとか、いろいろ癖がある困った電池だった。で、今度は寿命である。充電回数は50回も行っていないと思う。買ってから2~3年ぐらいだろうか。経年劣化なのかよくわからないけど、それよりも前に買った made in japan な充電池はまだまだ現役でがんばっているのになぁ…。というか、戦線離脱したのは Nexcell だけ。作っているのが韓国か中国かよくわからないけど(だって原産国表示がどこにもないのだ)、安かろう悪かろうという製品だった。

この文章は、「私個人の主観であり、ここに書いてある情報をどう判断するかは読む人に任せるし、ここに書いてあることに大して私は一切の責任は持たない」が、個人的には「Nexcell みたいな安かろう悪かろうという製品には手を出さない方が良い」と思った。皆さんも買うときはくれぐれも気をつけて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには更新しないと

体調が思わしくない状態で仕事をしているので家に帰ってくると完全にグロッキー状態で何もする気にならない。

てな状態の昨今、皆様いかがお過ごしですか。土日ぐらいしか EBt のコードをいじる時間がないのですが、1週間の疲れをとるのに土日をひたすら寝倒すという生活を繰り返しているので、さっぱり EBt の開発が進みません。こういう生活から抜け出す道を模索しないといけないなと思うのですが、そんなものが見つかるはずもなく。

今日も仕事から帰ってきてから何もせずひたすら横になってました。今の調子で仕事しているとまた倒れるな。今度倒れたらさすがに仕事クビになるな。体調不良で仕事休みがちだし。

さて、どうしたものだろうか。ま、どうすることもできず馬車馬のように働いて…IT業界で働く限り未来に希望は持てませんなぁ…ふぅ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/11

来年の日本GPは最悪になりそうだ

来年の日本GPの予定というか計画というかそんなのが発表になりました。

ま、富士スピードウェイのサイトに行けば見えるので気になる人は適当に検索してみてください。

今までの鈴鹿に比べるとねぇ。かなりひどい状態になりそうですね。まず、宿泊施設。ツアーに申し込むか、個人で確保するかどちらかと言うことらしい。当然、宿なんて全然足りないので大混乱に陥ることは必至です。ただでさえ数少ない宿もツアーの方に押さえられてしまい、ほとんど宿の確保は不可能になるでしょう。

宿が取れなかった人たちはどうすればいいんでしょうね?

あと、車で行く人も「すべてあらかじめ駐車場のチケットを確保する必要がある」みたいです。が、その駐車場もサーキットからかなり離れたところに確保されるらしく…どうしたもんでしょうね。さらにその駐車場も夜間駐車可能なのは一部らしく…毎日車で往復しろと言うんでしょうかね?

ちなみにテント村はできないようです。これで宿が取れなかった人の選択肢がさらに狭まりましたね。テント張りたい人はオートキャンプ場の予約を取れと言うことらしいです。オートキャンプ場がどこにあるのかは知りませんけどね。

さらに、常設スタンドが全然無いので、指定席券のほとんどが仮設スタンドになります。で、その割に値段は鈴鹿よりも高い。全般的に値上がりしていて…もう悪いことばっかりです。

唯一の救いは、富士スピードウェイのF1開催の契約が来年1年だけ(再来年はどこでやるか決まってないだけですが)ということ。はっきり言って富士での開催はやめて欲しいです。ま、こうなることは十分想像してましたけどね。

ま、失敗することはほぼ確実のような気がしますが富士スピードウェイでのF1開催が失敗して鈴鹿に戻ってきますように。これほど計画見ただけで駄目な雰囲気漂っているのも久しぶりだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

中日ドラゴンズ優勝パレードに行ってきました

ものすごい混雑でろくに選手も見えませんでした orz...
年々混雑の度合いが増していくような気がする。名古屋まつりよりも人出多いよな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »