« EBt 廃止機能その2 | トップページ | 100人ではなせる skype の使い道 »

2006/06/14

EBt lite のキャッシュについて

EBt lite に実装しているcacheについて少々情報を。

EBt lite の cache は 512byte を 1 block として2000個持つようにしています。このうち、個数についてはコンフィグファイルで設定できます。(ちなみに、2000以下の値を指定しても勝手に2000になります)

で、2000個のキャッシュがあるので、大体1000個ぐらいのメモがキャッシュできます。メモのサイズとか、使い方の状況によって変わるので何ともいえませんが。メモ以外のファイルもキャッシュするし、メモのサイズにもいろいろあるので。

で、これだけキャッシュ領域を持っていますが、Ruby版の EBt より消費メモリは少なくなっています。なので、メモリに余裕のある方はキャッシュを増やすのもいいかもしれません。

いじりたい方へ。
ebtlite.conf の ebt_cache_size=2000 とかいう行があるので、余裕のある人はここの数値を変えると幸せになれるかもしれません。ちなみに、私は4000に設定しています。

あまり増やすとキャッシュアクセスが遅くなったりswapが発生したりと逆効果になるので調子に乗って増やしすぎないようにしましょう。

以上、EBt lite の小ネタでした。

|

« EBt 廃止機能その2 | トップページ | 100人ではなせる skype の使い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/10526168

この記事へのトラックバック一覧です: EBt lite のキャッシュについて:

» [Zaurus] 無茶な実験室ココログ出張版,EBt lite のキャッシュについて [MOBILE DAILY NEWS blog版]
EBt lite に実装しているcacheについて解説しています。 http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/2006/06/ebt_lite__7c52.html [続きを読む]

受信: 2006/06/14 23:57

« EBt 廃止機能その2 | トップページ | 100人ではなせる skype の使い道 »