« 休んでしまった | トップページ | 休職→解雇→死 »

2006/03/11

PSE法で思うこと

最近の動向を見ていると、短絡的な思考で動いている物事が多いような気がする。たとえばPSE法、たとえば地上放送のデジタル化。関係ないように見えるけど、個人的にはものすごく関連があるような気がしている。どちらも、一部団体の短期的な利益のために動いているような気がしてならないのだ。

PSE法、古い電気製品は危険だと決めつけ、中古販売まで禁止するというかなり強引な法律。確かに、危険なものが販売されるのは悪いことだが、古いものすべてが危険だと決めつけるその姿勢には何か恣意的なものがある。中古品が売れては困る人たちの陰を感じずにはいられないのだ。

地上波のデジタル化も同じようなにおいがする。地上波アナログ放送が中止になるということは、現在巷に溢れているテレビがその日を境にゴミと変わってしまうということ。もちろん、コピーワンスの問題もあるが、問題はそれだけではないだろう。

こういう法律ができて、誰が得をするのか?

考えてみると、何か見えてくるような気がする。

|

« 休んでしまった | トップページ | 休職→解雇→死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/9030820

この記事へのトラックバック一覧です: PSE法で思うこと:

« 休んでしまった | トップページ | 休職→解雇→死 »