« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/22

お騒がせしました

何書いてんだか、自分。

ま、体調は悪いままですが、最悪は脱した…と思います。食欲が無いなりに食事がとれるようになったし。病気のこと、内にこめたままでいるとどんどん駄目な方向に進んでいきそうだったので blog に書いたんですが。駄目ですね、やっぱり。書いて気分が楽になればと思ったのですが、駄目なんですよね。不定期に襲ってくるこの感情からは逃げられない。薬で何とかなるものでもない。苦しいけど、どうすることもできない。

気にしてコメントして頂いた人、ありがとうございました。

これからは、極力、病気のことは blog に書かないようにしようと思います。もしかしたら、何かの拍子でまた書いてしまうかもしれませんけど、無視してください。馬鹿がまたくだらないこと書いていると思って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/21

休職→解雇→死

3回目の休職中。もう解雇目前だ。というか、このままいけば解雇だろう。どうしようかな。病気になってから長いので、もう保険もでない。完全な無収入。

ふぅ。

実際問題として、うつ病患者を雇ってくれるような会社なんか無い。今までの経験で、十分わかっている。このまま貯金で食いつないで…何もなくなったところで終わりだ、きっと。ホームレスになって、泥水をすすってでも生きるという選択肢もあるが、うつ病患者には、それをやるだけのパワーがない。多分、生きていく金がなくなったところで死ぬんだろう。幸い、生きることへの執着もほとんど無い。

世の中は理不尽だ。

生きることを強要するくせに、生きていくことが辛すぎる。なぜ自殺がいけないことなんだ?死が唯一の救いだというのに。なぜ安楽死という選択肢が使えないんだ?病院では、本人の望まない延命治療が行われるくせに、本人の希望する安楽死はさせてもらえない。死を渇望しているのに。

世の中は理不尽だ。

| | コメント (0)

2006/03/11

PSE法で思うこと

最近の動向を見ていると、短絡的な思考で動いている物事が多いような気がする。たとえばPSE法、たとえば地上放送のデジタル化。関係ないように見えるけど、個人的にはものすごく関連があるような気がしている。どちらも、一部団体の短期的な利益のために動いているような気がしてならないのだ。

PSE法、古い電気製品は危険だと決めつけ、中古販売まで禁止するというかなり強引な法律。確かに、危険なものが販売されるのは悪いことだが、古いものすべてが危険だと決めつけるその姿勢には何か恣意的なものがある。中古品が売れては困る人たちの陰を感じずにはいられないのだ。

地上波のデジタル化も同じようなにおいがする。地上波アナログ放送が中止になるということは、現在巷に溢れているテレビがその日を境にゴミと変わってしまうということ。もちろん、コピーワンスの問題もあるが、問題はそれだけではないだろう。

こういう法律ができて、誰が得をするのか?

考えてみると、何か見えてくるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »