« 冬のボーナス消滅 | トップページ | シリコンディスク »

2005/12/22

私がPDAに求めるもの

なんとなく書きたくなったので書きます。ま、EBt の背景にこんな事が流れているんですよというのがわかってもらえると嬉しいかなー。ま、基本的には駄文なので、お暇な方だけお読みください。

PDAでやりたいことは何?色々できれば便利だ。無線LANが付いていれば便利だろうし、Bluetooth が付いていても便利そうだ。CFカードが付いていれば色々と拡張できそうだし…とか欲望は果てしない。でも、それは本当に必要な機能なのかな?ということを考えることがある。

確かに色々な機能があれば便利なのだが、どれも必須ではないと思う。じゃあ何が必須か?個人的には、手帳、あるいはメモ帳として使えるということが必須機能だと思う。

手帳でできることは何?予定の管理から日々の生活のメモ等非常に多岐にわたる。それをPDAでまかなえるか?実は簡単ではない。

突然だが、私のPDA歴は、ZAURUS よりもずっと前。電子手帳の頃までさかのぼる。ま、最初のは本当に電話帳ぐらいしか使い道がなかったので、PDAとして使えるもの、最初に買ったのは PI-3000 だと思う。それから、ZAURUS のMI系に乗り換え、SL-A300, SL-C700と順調に進化していった。でも、ZAURUS オンリーではなく、TiPO や PSION に浮気したこともある。もちろん WindowsCE 系も使っている。GENIOe 550x は今でも現役で動いているし、バイク用ナビとして Mio168RS も使っている。冷静に振り返ると「アホ」としか言いようがないぐらい色々使っている。でも、何故か Palm 系は使わなかった。これは店頭でさわって、入力方法になじめなかったのが原因。アルファベットの書き方を1から覚え直すのが嫌だったのだ。

それはともかく、色々使っていると色々なことがわかる。例えば、文章入力は MI系ザウルスのインクワープロが最強だった。キーボード付きのSL-C系ザウルスよりも速く入力でき、入力効率ではピカイチだった。でも、インクワープロは文書が増えていくに従って管理ができなくなる…せっかく蓄積した情報がどんどん陳腐化していくのがとっても悲しかった。

TiPO は BTRON が使えるという理由だけで買ったのだが、データ入力にはとことん向かなかった。あと、BTRON は基本的に好きなのだが、電房具とかいっている割に、テキスト文書は紙に出力することが前提になっていて個人的にはイマイチだった。(ま、今の超漢字4はその辺改良されてますが)

PSIONはあのサイズでキーボードが付いていてすごく魅力的だった。でも、日本語環境があまりにも貧弱だった。Javaの開発環境を入手して色々トライしてみたのだが(実は、その時点でEBtのアイデアは出来上がっていた)…まぁ、私の使い方には合わなかったと言うことだろう。

ちなみに、文章入力用ということで、モバイルギア(MC-R300)も使ったりした。が、これもなじまなかった。たまに思い出して Telios(AJ3) を使うこともあるけど、これも使っていてしっくりこない。ま、Telios は機動性が非常に良いので、今でも議事録とかの作成で使うことがたまにあるけど。

で、ここまでの文章を読んでいるとうっすら気づくかもしれないが、基本的には「文章を入れる」ことが、私の中では優先度の高い項目だったりする。理由は簡単。データを入れないとデータの活用なんかできないからだ。

文章を入れたら、今度はそれを活用することを考え始める。一時期、PocketWZ の WZ Memo を好んで使っていた。ま、これはこれで便利なのだが、ツリーでのメモの管理はあまりにも自由度が少ない。というわけで、WZ Memo に蓄積したメモもすごい勢いで埋もれていった。

というわけで、私の PDA 歴は、埋もれていく情報との戦いだった訳です。

とまぁ、こんな事がEBt開発の背景にあります。ある日突然EBtが出来上がった訳ではなく、様々な紆余曲折を経て出来上がった訳です。これだけの犠牲(無駄遣い)の上で出来上がっているEBtですが、実際の所、私の欲しいレベルには全然到達していません。限られた時間とツール。その中で作ったものがEBtです。ある意味妥協の産物です。まぁ、満足していないとはいえ、現状ではこれ以上のものが作れないのも事実。もう今の設計では限界かなーと言う気もする。なかなかうまくいかないものです。

次回は、EBt のリンク構造についてあーだこーだ書きたいと思っています。でも、いつ書けるかはよくわかりませんが。

|

« 冬のボーナス消滅 | トップページ | シリコンディスク »

コメント

自分も埋もれていく情報にいつも悩まされています。
死蔵しないように情報を整理し、必要の無い情報を捨てる事に日々追い回されているように思えます。

デジタルデータは淡白で、た易くソートされてしまい、
記録はできても記憶は難しいなと思っていました。
でもEBtのリンクで情報同士を結びつける事で、
記録した意図を思い出し、記憶を呼び覚まし易くなりました。


複数のウィンドウで表示も楽しみにしています。

投稿: tw | 2005/12/22 02:06

 私もEBtはメモにおいてもっとも良いソフトだと思います。ちょっとしたメモが気づけば膨大な量になっていることがあっても、EBtなら簡単に整理できます。EBtのリンクヴィジュアライザでもつくればより整理しやすくなりそうだなーと思ったりもしてます。

 あと、ファイル管理もEBtで一括しても便利そうです。WDEの方で、とことん搭載すればファイル管理までできますが、リナザウとの互換が危うくなりますorz

投稿: tnoho | 2005/12/22 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/7770583

この記事へのトラックバック一覧です: 私がPDAに求めるもの:

« 冬のボーナス消滅 | トップページ | シリコンディスク »