« EBt Windows Data Editor | トップページ | EBt Fn+x キーへの機能割り当て »

2005/09/09

EBt Windows とのデータ共有

はてなの方にはコメントがかけないのでトラックバックします。

Windows とのデータ共有。やり方はいくつかありますが、更新の衝突が起きると大変なので、実体は一つとして共用するのが一番無難なやり方でしょうね。

んで、EBt は、実は「本体メモリ/HDD」「SD」「CF」とどこでもデータを作ることができます。んで、SD/CF はルートディレクトリに EBt というディレクトリ掘ります。なので、EBt のデータディレクトリが指示できるようにしておけば、カード持ち歩くだけでデータ共有できて美味しいでしょう。

SL-C3x00 の場合、USB マスストレージデバイスとして Win に認識させれば、これまたルートディレクトリに EBt というフォルダがみえるので共有もやりやすいでしょう。

というわけで、実装頑張ってください。陰ながら応援してます。

|

« EBt Windows Data Editor | トップページ | EBt Fn+x キーへの機能割り当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/5863605

この記事へのトラックバック一覧です: EBt Windows とのデータ共有:

« EBt Windows Data Editor | トップページ | EBt Fn+x キーへの機能割り当て »