« 8耐終了 | トップページ | ファイル操作がめんどくさい »

2005/08/03

xDピクチャーカードの落とし穴

鈴鹿8耐で撮った写真が軒並み全滅した。理由はかんたん。カードリーダーで読み込んだらデータが壊れるからだ。
1GB の xD で撮った写真(二日分)が闇に消えた後、理由があるはずだという訳で色々調べてみた。

結果
現在流通しているxDピクチャーカードには2種類ある。容量が512MB 以下のタイプ(以降、ノーマルタイプと記述)、容量が512MB以上の type-M の2種類だ。ここで、type-M ってなに?と思う訳だが、調べてみると、8GB迄を視野に入れた、新しいxDピクチャーカードの規格らしい。

さて、ここで注目。
type-M の xD ピクチャーカードをノーマルタイプにしか対応していない xD ピクチャーカードリーダーで読めるか?

結果
一見ちゃんと読めるが、読み書きを行うとデータが破壊される。

この動作が非常に問題。素直に「認識しない」ならば、対応してないんだなーと思って諦めるところなのだが、途中までは普通に読めてしまう。これがくせ者。なんだ、読めるじゃんと思ってアクセスしているといきなりデータが壊れる。

というわけで、xDピクチャーカードのリーダーを買う時は type-M に対応しているかどうかをチェックした方が良い。というか、チェックしましょう。同じ轍を踏まないために…。

ちなみに…私の持っている type-M の xD ピクチャーカードは 1GB です。もしかしたら、512MB の type-M だったら化けないのかも知れない。でも、化けるかも知れない。というかわからない。ま、危うい橋は渡らないに越したことはないので、買う時はくれぐれも気を付けて。

|

« 8耐終了 | トップページ | ファイル操作がめんどくさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/5288125

この記事へのトラックバック一覧です: xDピクチャーカードの落とし穴:

« 8耐終了 | トップページ | ファイル操作がめんどくさい »