« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/25

たまにはPCの話題なんぞ

というわけで、昔書いたHDDレスPCの話。

色々とトラブルもあったけど、現在、快調に動いています。スペックはCeleron 667(ぐらい)+メモリ512MB。HDDを引っこ抜いて、代わりに2GBのCFを入れて、そこにWindows2000をインストールし直して。

これで、かなり安定性の高いPCになったのではなかろうか。少なくとも、連続運転していて一番怖いHDDの障害が発生しないし。まぁ、フラッシュメモリの寿命の問題もあるけど、swapの発生回数を見ると無視してもいいレベルみたいだし。

まぁ、データはUSB接続したHDDに持っていますから、怖いといえば怖いのですが。でも、OSを1からセットアップするのに比べれば…

ただ、CPUが非力なのは否めず、録画した番組のMpeg4変換が1週間とか動き続けることもざらだったりします。これが一番の課題。でも、新しいマシンを買う余裕なんてどこにもないので、酷使され続けることでしょう。

さて、電源が死ぬのが早いか、CPUファンが死ぬのが早いか。どっちにしろ数年は大丈夫だろう。

なんか、SL-C700サーバーにしようとしたり、Celeron667酷使したり、非力な環境ばっかだなぁ。でも、投下する資本もないしなぁ。

あー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/19

使いやすさと使いにくさ

ふと、そんなことを考えた。

自分は EBt で日記から備忘録まですべてまかなっている。なので、EBt に、ある特別な用途に特化した機能というのは特に入れていない。これは、用途を限定されないので、自分の好きな使い方が出来る。自分にとっては使いやすい形だ。

一方、ある特定の用途で使いたいひとにとっては、EBt で私が求めた使いやすさは逆に使いにくいと感じてしまうだろう。日記帳として考えるなら、EBt はあまり便利ではない。住所録として考えてもあまり便利ではないだろう。これらは、汎用性とは逆の方向、特殊性(なんか語弊がありそうだな)を突き詰めていかないと便利さが出てこない。

ふと思う。

結局、ある方向で便利なソフトは、ある方向では使いにくいソフトになる。EBt はとりあえず用途を限定しないメモ帳として作っている。だから、日記帳や住所録として使い始めるときっと「何だか使いづらい」と思ってしまうだろう。たとえば、カレンダー機能を付ければ、きっと日記を書くのには便利になるだろう。でも、それは日記帳として便利になるだけで、きっと住所録としてはどうでもいい話だ。索引を付ければ住所録としては便利になるだろう。でも、日記に索引なんか要らない。

話を EBt から普通のメモ帳に移しても同じ。確かに、普通のメモ帳で全部まかなうことは出来るが、住所とかを書くときは明らかにアドレス帳の方が便利だ。

だから難しい。

用途を限定すれば、使う側は迷わなくてすむ。メモ帳と日記帳を並べて、日記を書きたいひとが選ぶのは日記帳だ。日記帳には、フォーマットから何からすべて規定されている。日記を書くにはこうあるべきと言うスタイルがあらかじめ規定されている。だから、日記を書く人は悩まないですむ。一方、メモ帳で日記を書こうとすると、あれこれ悩まなければならない。

EBt の取っつきにくさは、これに似たもののような気がする。使う側が、考えないといけない。それが、わかりにくくさせていると思うのだ。

EBt は、あくまでも汎用性を求めていくつもり。なので、相変わらず敷居の高いソフトであり続けることでしょう。だから、使う側も、使い方、使い道、そういったものを考えないといけない。

こんなことを、ふと考えた。そんな夏の日の話でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/16

EBt Server化計画

というのをやっています。Delphi はどうしたって?それは聞かない約束でしょ ^^;

んで、現状。既に、マルチスレッドで普通に EBt 使っている裏で EBt に対してメモの取得リクエストとかその辺が来ても動くようになっています。但し、ファイルアクセスなどの排他制御が必要なところはまだなんにもしていないのですが。

で、あとは表で動く GUI を何とかすればポータビリティ UP! な EBt ができあがると(妄想)。

んで、とりあえずものは試しということで、cgi を使った EBt のフロントエンドを作ろうかなーと思っています。ザウルスに apache 入れて、PCからEBtにアクセスするということもこれで夢物語ではなくなるわけだ!

問題は色々あるけど。ある程度形になったら、誰でもかける掲示板みたいな形で、1台サーバー立てようかな。ちなみに、サーバーやるのは余っている SL-C700。大丈夫かな…

んで、気が向いたら、Delphi で GUI だけ作って、実体は Zaurus で動くというのも面白そうだ。

なんか、久しぶりに socket 通信を使ったプログラムを組んだような気がする。

ふぅ。やりたいことが多くて困るぜ!時間が欲しいよ、いや、冗談抜きでさ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/09

ファイル操作がめんどくさい

というわけで、休日に時間を見つけてぼちぼちと Delphi でアプリケーションを組んでいます。

しかし…

やはり、Ruby に比べると文字列操作がめんどくさいですなぁ。まぁ、しょうがないけど。あと、ファイルアクセスの仕方がいまいちなじめなかったり。まぁ、リファレンス見ながらこつこつやれば良いんですけど。それがまためんどくさくていかん。

GUIはとっても簡単なんだけどなぁ。個人的には、どんな文字コードでも、どんな改行コードでもついでに何行分の文字列でもどーんと来いっていうクラスが欲しい。というか、作れよと言うことだな。めんどくさいけど、がんばって作るか。ふぅ。

形になったら公開しますが、いつになることやら…

PS.
EBt は現在の仕様で個人的に満足してしまったので現在開発休止中です。余っている SL-C700 をサーバーにして、Web 版 EBt を作って動かそうかと思ったのですが、CGI の資料が手元にない。買いに行ったら既に CGI は世の中の流れから取り残されているらしくめぼしい本は無し…。オライリー買えば良いんですけど高いんですよ(泣)。あと、本を探している途中で、Web アプリケーションを作るのはすごくめんどくさいのを思い出してしまい…。そうなんだよな、JavaScript とかすげーめんどくさいんだよな。他にも色々…。とりあえず、Delphi で作っているものが形になるまでは棚上げにしておこうということになりました。一度に二つのことは出来ん。

というか、仕事が忙しい。何とかして(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/03

xDピクチャーカードの落とし穴

鈴鹿8耐で撮った写真が軒並み全滅した。理由はかんたん。カードリーダーで読み込んだらデータが壊れるからだ。
1GB の xD で撮った写真(二日分)が闇に消えた後、理由があるはずだという訳で色々調べてみた。

結果
現在流通しているxDピクチャーカードには2種類ある。容量が512MB 以下のタイプ(以降、ノーマルタイプと記述)、容量が512MB以上の type-M の2種類だ。ここで、type-M ってなに?と思う訳だが、調べてみると、8GB迄を視野に入れた、新しいxDピクチャーカードの規格らしい。

さて、ここで注目。
type-M の xD ピクチャーカードをノーマルタイプにしか対応していない xD ピクチャーカードリーダーで読めるか?

結果
一見ちゃんと読めるが、読み書きを行うとデータが破壊される。

この動作が非常に問題。素直に「認識しない」ならば、対応してないんだなーと思って諦めるところなのだが、途中までは普通に読めてしまう。これがくせ者。なんだ、読めるじゃんと思ってアクセスしているといきなりデータが壊れる。

というわけで、xDピクチャーカードのリーダーを買う時は type-M に対応しているかどうかをチェックした方が良い。というか、チェックしましょう。同じ轍を踏まないために…。

ちなみに…私の持っている type-M の xD ピクチャーカードは 1GB です。もしかしたら、512MB の type-M だったら化けないのかも知れない。でも、化けるかも知れない。というかわからない。ま、危うい橋は渡らないに越したことはないので、買う時はくれぐれも気を付けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

8耐終了

まだ疲れが残っている。途中で雨が降ったり大変だった8耐だが、ライバルが次々と転倒して脱落していく中、セブンスターホンダが1,2フィニッシュを決める。ま、結果を見るだけだと順調だと、レースはトップ以外にもたくさんのバイクが走っている。それぞれのバイクがそれぞれの8時間を走りきる。転倒したバイクを必死にピットまで運び、修理するチームもいる。どんどん抜かされながらも、ひたすらゴールを目指して走り続けるチームもいる。チームの数だけレースがある。これは、テレビや雑誌ではわからない。サーキットで見ていないとわからない。興味がある人は、是非、生のレースを体感して欲しい。そう思う。

んで、話は変わる。トピックごとに書きます。

声優のステージ
なんというか、歌に合わせて踊り狂うファンの人たちが印象的でした。とりあえず、声優目当てではない人たちは引いていました。かなり。もしかして、声優の人のライブ(?)とか行くと、ああいう光景が普通に展開されているのでしょうか?というか、行った人はみんなやっているのでしょうか?…とりあえず、自分の見識が深まった気がしました。
声優のステージの次にレースクイーンのステージがあるのですが、声優ファンの人たちは興味ないらしくあっさりと去ってゆきました。見ていけばいいのに…(この辺の感覚の違いが多分ファンかそうでないかの違いなんだろう)。
ちなみに、タイアップ商品のネギま!8耐特製Tシャツはあっさり完売した様子(ステージで声優さんが言ってた)。アニメファンの購買力は侮れませんな。(私はどこで売っているかもわかりませんでした)

MP3プレーヤーが壊れた
うっかりしていたら、MP3プレーヤーを引っかけてしまい、ストラップ取り付け部分を壊してしまいました。あうぅ。

DSCF0905DSCF0842
巨大たこ焼き
とりあえずは写真を見てください。2個入りで500円。安いのか高いのかわかりませんでした。味は…何となくお好み焼き。たこ焼きといえばたこ焼きだが、お好み焼きといえばお好み焼きのような気がする。ま、サーキットに行くとこういう変な食べ物を食べるという変な楽しみもあります。

AKIRAのバイク
展示してありました。というか、デモ走行もしてました。何というか、やればできるもんですな。

安田大サーカス
来てました。お客さんもいっぱい。かなりの盛況だった様子。私が気がついた時にはすでに山のような人だかりで何にも見えませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »