« 松下商品を使わないようにしよう | トップページ | EBt お遊び機能を実装したりして »

2005/02/07

私が松下の行動に抗議するわけ

今日も松下とジャストの特許にまつわる裁判の話。
私がこれから書く文章は、主観のたっぷり入った記述になる。あちこちで色々なことがかかれているし、議論もなされている。専門的な話題はそちらにまかせて、私はフリーソフトの開発者としての意見を書いていきたいと思う。

法律云々を抜きにして、今回の松下が起こした訴訟は非常に不快である。何故か?考えてみた。不快に感じる原因は何なのだろうか?と。多分、誰にも思いつかないような先進的な特許だったら、不快には思わないだろう。でも、松下が特許権を主張している件は、誰でも思いつきそうなことだ。これは不快に思う原因の一つだろう。でも、他にもありそうだ。考えてみる。きっと自由が好きなんだと思う。フリーソフトは、使うのもフリーだし、作るのもフリーだ。というか、そうありたい。思いついたアイデアを自由に実装したい。その自由が制限されるのが嫌なんだ。そう思う。
これはわがままかもしれない。でも、100%オリジナルのソフトなんて有りはしないはずだ。色々なソフトが色々なソフトのアイデアを吸収して、よりよいソフトを生み出していく。これが良い循環を呼んでどんどん良いソフトが出てくる。それが理想。でも、アイデアを特許で封印されるとそのアイデアを踏み台にした新しいアイデアが出てこなくなる。これは、逆方向の循環を生み、ソフトが発展しなくなってしまう。フリーソフトなんか特にそうだ。いちいち特許を調べて実装するなんて手間をかけてまでフリーソフトを開発するか?私はしない。良いアイデアを思いついても、これは特許を侵害する恐れがあると言われたらどうする?きっとやる気を無くしてしまうだろう。もしかしたら、新しい何かが生まれるかもしれないのに。

だから、私は松下の行動に抗議する。ソフトウェアの発展を阻害する風潮を生み出してはいけない。そう思うから。

|

« 松下商品を使わないようにしよう | トップページ | EBt お遊び機能を実装したりして »

コメント

初めてこのニュースを聞いた時、正直耳を疑いました。
ジャストシステムには、特別に思い入れがあるわけではないのですが・・・
大きいものが小さいものを虐めているような感じを受けました。
松下に対するイメージは、はっきり悪くなりましたね。
今までは、大きい家電メーカーというくらいで無関心だったんですが。
水面下では、いろいろやりとりがあったんでしょうかね?それでも言うことを聞かないから?
報道されてしまうとみっともないことこの上ない。
日本の企業としては、有って欲しくないことだったな。

投稿: HK | 2005/02/08 22:21

どーも、おかだです。
ま、私も「まねした電器が特許侵害でよその会社を起訴できるとは良い身分になったもんだな」という気持ちも無いわけではないです。
ジャストはまだ大きいから良いけど、中小の企業だったら泣き寝入りするしかないですよ。こんなほとんど言いがかりみたいな特許のために。
この訴訟で松下が不利益を被り、こんなアホな特許を振りかざす事は良くない(利益にならない)という事になってくれればいいのですが…。
こんな特許がうようよしてるんだったら、怖くてソフト開発なんかできませんよ。

投稿: おかだ | 2005/02/08 23:46

はじめまして。
SL-C3000の購入を迷って、さまよっていたところ、こちらにたどり着きました。
最近の松下は、結構良い製品を出すと思っていたんですが、少し前にこのニュースを見て、いっきにさめてしまいました。
特許をとるのも、振りかざすのも自由ですが、振りかざし方を間違えているとしか思えませんでした。

投稿: Shangzhi | 2005/02/10 00:17

どーも、おかだです。
私の意見は前に書いたとおりなので、何度も書きませんが、ソフトウェア開発者に喧嘩を売ってるようなもんですね。
ま、個人的には、しばらくの間松下の製品を買わないことにしました。安くても買いません。微々たる物だとは思いますが、個人でできる精一杯のことなので。できるだけたくさんの人が不買という消費者にできる最大の(でも小さな)実力行使で松下に抗議して欲しいと思っています。

投稿: おかだ | 2005/02/14 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/2830767

この記事へのトラックバック一覧です: 私が松下の行動に抗議するわけ:

« 松下商品を使わないようにしよう | トップページ | EBt お遊び機能を実装したりして »