« IO DATAのLCD-TV173CBR | トップページ | SP2を当てようが当てまいが不安定なWinXP »

2004/10/19

くたばれJASRAC

何かと問題の多いJASRACだが、今度はこんなことを言っている。「JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示(Internet Watchより)
確かに著作権は守られて然るべきだと思う。だがしかし、「PCなどの汎用機器やHDD内蔵型の携帯プレーヤーへの補償金制度の適用について、『制度の見直しを関係権利者と一致して要求している』」というのはいかがなものか。MP3プレーヤーに課金するというのも納得いかないのだが、100歩譲ってMDと同じ理屈で課金すると考えて納得しても良い(納得してないけど)。でも、PCまで課金するというのはどういうことだ?疑わしい機器からは使われていようがいまいが使用料を徴収すると言うことか。あまりにも利己的であきれてものが言えない。(そういえば著作権料の分配に問題があるという話が昔出ていたがあれはどうなったんだろうか?)
そもそもJASRACはなぜこうも高慢な態度がとれる?海外がどうなっているのかは知らないが、色々調べてみるとJASRAC(と日本のレコード業界)は一度潰れた方が良いんじゃないかという気になる。CCCDが無くなる方向で動いているのは、CCCDというフォーマットが失敗したことを業界自身が証明しているわけだし、CDが売れなくなっているのは音楽以外の娯楽が増えたとか色々原因はあるはずだ。売れないのをすべて不法コピーのせいにする前に「売れるための努力をしているのか?」を問いたい。そもそも、海外に比べて高すぎるCDの価格を是正することが先じゃないのか?
本が売れなくなったのはコピー機が普及したからか?そうではないだろう。消費者の嗜好が変わってきているのだ。音楽業界でもそれが起こってないとどうして言えよう。目の前で起こっている危機に目を向けず、既存の権利の上であぐらをかいているようでは衰退の一途を辿ることがどうしてわからない?家電量販店に行けば一目でわかるだろう。昔はいっぱいあったラジカセやミニコンポがどれぐらい売られているかわかっているだろうか。いまや、オーディオ機器は売れ筋の製品ではないのだ。オーディオ機器が売れていない状況でどうして音楽商品が売れようか。現状分析。こんな基本的なことができないようでは先が知れている。

|

« IO DATAのLCD-TV173CBR | トップページ | SP2を当てようが当てまいが不安定なWinXP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/1722547

この記事へのトラックバック一覧です: くたばれJASRAC:

« IO DATAのLCD-TV173CBR | トップページ | SP2を当てようが当てまいが不安定なWinXP »