« 宇宙のステルヴィア(XEBEC/秋月亮, 全2巻) | トップページ | corega CG-NSADP を使ってみた(失敗編) »

2004/09/07

DiMAGE Xを使っていて思うこと

ミノルタ(現コニカミノルタ)のDiMAGE Xというカメラを出先でよく使っている。200万画素の非常にコンパクトなデジカメだ。最近のデジカメと比べると画素数などのスペックがかなり見劣りしてくる訳だが、実際のところどうなのだろうか。
考えてみると、別に画素数は不満要素に挙がらなかったりする。どちらかというと、画素数が少ない分だけ撮影枚数も多く、結構便利だ。画素数が多かったら、頻繁にメモリカードを換えたりしなければならないんだろうなーとか考えると画素数が多いカメラに乗り換える気にはならない。
早い話が、パソコンで撮った写真を見るだけだったら200万画素で充分な訳である。
画素数が多いデジカメも悪いとは言わないが、気合を入れて撮るとき以外は画素数はそんなに要らないと思う。
普段からそんなに気合い入れて写真撮ってますか?皆さん。旅行の記念に撮る写真だったら、枚数の方が重要じゃないですか?もしかして、500万画素のカメラとか買っても低解像度の写真しか撮ってなかったりしませんか?わざわざ解像度を変えて撮影なんかしてますか?
最近の高画素のデジカメを見てそーんな疑問が頭をよぎったのだが、こういう意見は少数派なんだろうなぁ。

|

« 宇宙のステルヴィア(XEBEC/秋月亮, 全2巻) | トップページ | corega CG-NSADP を使ってみた(失敗編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/1381414

この記事へのトラックバック一覧です: DiMAGE Xを使っていて思うこと:

« 宇宙のステルヴィア(XEBEC/秋月亮, 全2巻) | トップページ | corega CG-NSADP を使ってみた(失敗編) »