« DiMAGE Xを使っていて思うこと | トップページ | ハードディスク内蔵の携帯電話 »

2004/09/08

corega CG-NSADP を使ってみた(失敗編)

ネットワークストレージを探していた。最初に候補に挙がったのは IO DATA のLANDISK HDL-xxxU シリーズ。これ、USB-HDD が後から増設出来ると書いてあるので一見良さそうだが、「読み書きするためには専用フォーマットをしなければならない」というわけであえなく玉砕。一度LANDISKに繋いだUSB-HDD を外して他で使うということは無理なのね(READ ONLYだったらFAT32でも良いけどそれじゃあ使えんよなぁ)。よょょょ。で、次に候補に上がったのが、Logitec の LHD-LANxxx シリーズ。これだったら FAT32 でフォーマットした USB-HDD が読み書き出来る。しかも3台も繋げる。これは良い!だが、値段で二の足を踏む。実は、USB-HDDとしてリムーバブルHDDを繋げたいという野望があるのだが、それを考えると「別にHDDいらないじゃん」という気になってくる。で、最終的に到着したのが、corega の CG-NSADPRATOC の USB2.0 リムーバブルHD ケースを使うという方法(後で書くが、この組み合わせは失敗だった)。なんで RATOC かというと、既にRATOCのリムーバブルHDDを使っているからというだけの理由だ。過去の資産を引き継ぎたいというだけで、他意はない。あと、どうせならカードリーダーつきのCG-NSADPCRにした方がいいじゃないか?という気もするが、NASは基本的にPCと離れた位置に設置するので、どうせ使わないだろうと判断した。
で、とりあえず試してみた。まず、USB2.0 のHDD(未フォーマット)を繋いでみる。‥‥認識しない。どうやら、HDDのフォーマットはPCに繋いでやらないといけないらしい。未フォーマットの状態で売られているUSB-HDDもあるので要注意だ。仕方がないので、PCに繋いでフォーマットをする。ここで要注意事項なのだが「FAT16/FAT32」でFORMATしないといけない。FAT32だと32GB以上のサイズのフォーマットができない(Windows2000/XP)のに。
どうすればいいんだ?つまり、使えないってコト?だめじゃん‥‥
失敗した。こんな初歩的なミスを犯すとは‥‥
corega CG-NSADP を買うときには注意!。NTFS対応版の製品が出るまでは買ってはいけない。あるいは、自分でフォーマットすることができないことを承知の上で買うべきだ。現行の Windows では FAT32 でのフォーマットは事実上できない(32GBまでというのは現状できないといっしょ)。corega も、そのことを注意書に書いても罰はあたらないと思うのだが‥‥。

|

« DiMAGE Xを使っていて思うこと | トップページ | ハードディスク内蔵の携帯電話 »

コメント

WindowsMeでフォーマットするとか、専用ツール(Partition MagicでもOKだったような)を使うしかないなあ。WindowsMeは…確か持ってないだろうし ^^;

投稿: | 2004/09/09 01:31

google で調べたら、確かに partition magic のようなツールで簡単にできると書いてある(海外だけど)。でもなぁ‥‥FAT32 のフォーマットのためだけに partition magic 買うのもなぁ。あと、FAT32のファイルサイズ4GBまでという制限も気になってだなぁ‥‥。
※実は10GBを越えるファイルがあってどうしようかと悩んでいる
という訳で、諦めてFileServer立てることにしましたとさ。最初からこうすればよかった。

投稿: おかだ | 2004/09/09 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/1391755

この記事へのトラックバック一覧です: corega CG-NSADP を使ってみた(失敗編):

« DiMAGE Xを使っていて思うこと | トップページ | ハードディスク内蔵の携帯電話 »