« 天地無用!魎皇鬼(第三期、4巻) | トップページ | EOS 20D その3 »

2004/09/17

エイベックス、CCCD運用の弾力運用を決定

CDがCCCDと言うだけで購入するのを止めたことが何度もある。理由は簡単。既に音楽を聴くのはMP3 Player が中心になっていたからだ。MDウォークマンも当然持ってはいる。でも、MP3 Player を買ってから活躍する機会が減った。理由は簡単。MP3 の方が聴くのに便利だからだ。複数のアルバムの中から、聴きたい曲をセレクトしてMP3 Player の中に入れる。HDD タイプのMP3 Player を持っているけど、この傾向は変らない。
で、sonyと並ぶ権利意識の固まり(偏見)avexが態度を変えた。エイベックス、CCCD運用の弾力運用を決定――SA-CD、DVD-Audioを推進を読んでみると、どうやら CCCD を諦める(縮小する?)ように読める。これ自体は良い事だ。しかし、スーパーオーディオCD(SA-CD)やDVD-Audioの導入を積極的に進めるというのはどうなのだろう。CD-DAに見切りをつけて新しいフォーマットに徐々に移行するということだろうか。「著作権保護を図りながらPC/HDDプレーヤーへの転送、私的複製の範囲で許容されるCD-Rなどへのコピーが実現できるような新しい著作権保護技術が開発されれば、積極的に検討していく」という文章が気になる。

|

« 天地無用!魎皇鬼(第三期、4巻) | トップページ | EOS 20D その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/1457800

この記事へのトラックバック一覧です: エイベックス、CCCD運用の弾力運用を決定:

« 天地無用!魎皇鬼(第三期、4巻) | トップページ | EOS 20D その3 »