トップページ | 2004年9月 »

2004/08/31

じゃあEOS-D30の使い心地は?

EOS-20D が発表になって浮かれているが、EOS-D30で不満な点はどこなのか?ということを考えてみた。
もちろん、EOS-D30も良いカメラである。300万画素と最近ではコンパクトカメラにも負けてしまうような画素数だが、感度100〜1600まで設定可能で融通が効く。さすがに感度1600だと粗い絵になってしまうが、よくよく考えてみれば、感度1600のフィルムもやはり高感度というだけあって絵は粗いのでどっちもどっちだ。まぁ、最近の高感度フィルムがどの程度の解像度かというのは比べて無いので何ともいえないのだが‥‥。大体、EOS-D30の300万画素でも、解像度の点では充分にフィルムカメラに対抗できる。フィルムスキャナで普通のフィルムをスキャンすればよく判るが、解像度で考えるなら、300万画素で35mmフィルムと充分に対抗できるのである。普通のフィルムがデジカメよりも勝れている点は、多少露出が狂っても現像でごまかせてしまうという融通の効き方だ。デジカメでもRAWで撮れば良いのだろうが、そこまで凝る人は全体のごく一部だ。だから、撮影は一発勝負になる。リバーサルフィルムで撮影しているイメージと考えれば良いだろう。あと、フィルム撮影は、どうしても枚数に限りがある。せいぜい36枚(一般に入手できるフィルムで考えている)に比べ、EOS-D30は、マイクロドライブを使えば LARGE-FINE で 800 枚以上撮影できる。撮りたい瞬間にフィルムが無い。そんなことを気にしながら撮影するフィルムカメラに比べ、自由にシャッターが切れる意義は大きい。
じゃあ、不満が無いのかというとそうでもない。不満を列挙してみるとこんな感じだ。
・露出の計算に失敗することがある。(主に絞り優先で撮影しているのだが、露出オーバーになることがままある)
・AFだとフォーカスがうまく合わないとシャッターが切れない。動く被写体相手だと、シャッターを押してから実際にシャッターが切れるまで数秒かかることがある。それどころか撮影すら出来ないことだってある。勢い、AFを使わずに撮影をしてしまう。AI-SERVOのときは、せめて押した瞬間に撮影できて欲しいものだ。
・何かにつけBUSYになり、撮影できないことが多い。撮影後のプレビューを設定しているとその傾向が顕著。
・ストロボ撮影が何故か露出アンダーになってしまう。(露出補正しないと使えない)
・電源OFF→ONの時間が長い。スリープモードからの復帰も遅い。撮影しようと思ったらスリープモードに入っていて撮影タイミングをのがすことが多々ある。
とりあえず思いつくのはこんな所だ。まぁ、不満を色々書いたが、普通に使う分には充分だ。だから、EOS-20Dを買ってからも、EOS-D30はセカンドカメラとして使い続けるつもりだ。EOS-20Dでこれらの不満が解消されていることを期待しているのだが、果たしてどうなることだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/30

女子高生(大島永遠,1〜5発売中)

女子校を舞台にした、女子高生の身も蓋もない学生生活を描いたコミック。お薦めです。
内容としては深いものがあるわけでもなく、ただ単にお気楽な女子高生のバカな日常生活を描いているだけです。でも、それが面白い。読み手を引き込む魅力とパワーがあります。
女子校に幻想を抱いて入学した主人公。そして、その幻想を打ち砕かれ、気がついたら女子校の生活に染まっている主人公達。そして様々なイベントで繰り広げられるバカ騒ぎ。面白いです。
掲載紙は休刊になってしまいましたが、ちゃんと続くそうなので復活を待ちましょう。公式サイトをみると「もうちょっとだけ続きます」と書いてあります。ちょっととは言わず、これから先もどんどん連載を続けてもらいたいものです。

本の情報
女子高生(1巻〜5巻)
著:大島永遠
刊:双葉社

公式サイト: http://www.futabasha.com/ghs/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

EOS-20D その1

というわけで、EOS-20D である。新製品である。
名古屋をうろうろした結果、おおっぴらにEOS-20Dの予約を受け付けているのはトップカメラぐらい。多分、他にも予約を受け付けている店はいっぱいあるんだろうけど、めんどくさいのでトップカメラで予約。ちなみに本体価格は19万円弱である。私はついでにいっしょに発売になる EF-S レンズも予約。ちなみに、本体の発売日は 9/20 に決定したらしい。EF-Sレンズ(EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM)の発売日は未定らしい。同時発売だといいのだが‥‥。
EOS-20D の目玉は、なんといっても EF-S レンズが使用可能になったことだろう。今まで EOS-Kiss Digital でしか使えなかったデジカメ専用設計のレンズが、ようやく一眼レフデジカメで使えるようになったことは大きい。
実は、EOS-D30を持っているのだが、手持ちのレンズが 28-300 と 170-500 しかないのだ。EOS-55(銀塩) を使っていたときはこれで全然困らなかったのだが、EOS-D30になると、これが 50-500 と 270-800 のレンズに化けてしまい、非常に苦しい状態となってしまう訳だ。まぁ、私の場合はスポーツ撮影がメインなので、800mm のレンズというのはそれはそれで嬉しい事態なのだが。
で、EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM である。これを35mm相当に直すと 28-135ぐらい。ようやく使えるレンズが出てきたというわけだ。高いけど。
というわけで、入手出来次第、EOS-D30とEOS-20Dの比較を書いていきたいと思うので、気になる方は9/20以降の更新を期待しててください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/29

とりあえず使ってみた

とりあえず使ってみた。
ホームページビルダーでホームページを修正するのがめんどくさくなってきたし、お気軽なホームページ作成というのにもチャレンジしたくなってきた。
というわけで、so-netで公開している無茶な実験室の出張版として、よりタイムリーな情報をたれ流していきたいと思う。
具体的には、こんな感じだろうか。
・読んだ本(主にコミック・ライトノベル)の紹介
・購入したデジタルグッズの紹介
・その他四方山話(ひとりごと)
等々。
本家のページ同様、皆様の物欲の助けになれば本望です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年9月 »